CONTACTCONTACT

マーケットに伝えるチカラを創る

マーケットに伝えるチカラを創る

マーケティング戦略においては、費用をかけて行う「広告」だけが手段ではありません。
広告と混同されやすい「広報」は、商品情報をユーザーに届ける上で重要な手段ですが、多くの中小企業が広報活動を積極的に行なっていません。
その主な理由は、費用対効果が明確ではなく、成果が不確実であるためです。
しかしながら、TVに取り上げられたり、新聞や雑誌に掲載されたりといったマスメディアへの掲載効果はweb媒体が主流になった今でも非常にインパクトがあり、事業成長の大きな足掛かりとなる重要な手段だと言えるでしょう。

広報マーケティングのメディア

テレビ(地方局も含む)

テレビ(地方局も含む)

テレビへの出演を通じてブランド認知を高め、企業の信頼性を飛躍的に伸ばすことで、ユーザーへの安心感につながります。

雑誌

雑誌

一定数のユーザーを抱える専門誌などへの取材掲載は、ブランド認知を高めると同時にお客様への資料データとしての価値も獲得できます。

新聞

新聞

購読者は年々減っているとはいえ大手新聞メディアに対する信頼は今も変わっていません。掲載されることで企業としての価値を証明してくれます。

ラジオ

ラジオ

他のメディアと違い視覚を伴わないためラジオの発信力には限界がありますが、認知の幅を広げ、ユーザーに対しブランドの再認知を図るメディアとしては有効です。

WEBメディア

WEBメディア

数多く存在するWEBメディアの中でも、Yohoo!ニュースなどの大手メディアなどへの掲載は大きなアクセス獲得とブランド認知を期待できます。

広報と広告の違い

広報と広告にはそれぞれメリット・デメリットが存在します。
どちらも重要ですが、正しく理解した上で実行することでマーケティング力を高めることが可能になります。

広告 広報
費用 かかる かからない
掲載率 確実に掲載 不確実
掲載内容 企業側が決める メディア側が決める
情報の信頼性 強い(第三者意見) 弱い(当事者主張)
TOP