中小企業のWebマーケティングに強い経営コンサルタントへお問い合わせCONTACT

【2022年最新】SEO会社にホームページのSEO対策は、絶対に頼んではいけません!!

SEO会社にホームページのSEO対策は絶対に頼んではいけません
この記事では、

  • ・SEO会社に依頼しているがSEO対策の成果が出ない
  • ・これからSEO会社を探そうと考えている
  • ・検索順位が上がらず悩んでいる
  • ・WEBマーケティングで成果が出ない
  • ・SEO対策で集客を強化したい
  • ・ホームページから反響がない
  • ・これから新規顧客開拓に力を入れたい
  • ・現在の集客を見直したい
  • ・新規顧客を増やしたいがやり方が分からない
  • ・すでにSEO対策を実践しているが成果が出ない
  • ・これからインハウスSEO対策を実践したい

など集客・WEBマーケティングにお悩みの経営者にご覧いただきたい内容です。
ぜひ最後までご覧頂ければと思います。
SEO対策がビジネスの世界で広く知られるようになって、すでに10年以上が経ちますが
2022年現在においても、SEO対策は「よく分からない」、「なんだか怪しい」そう感じる経営者が多いマーケティング手法の一つです。
この記事を最後までご覧になっていただいて、SEO対策の基礎的な理解とSEO会社に対する考え方や選び方などを正しく理解して頂ければと思います。

目次

SEO会社とは

SEO会社とは
SEO会社、SEO業者とは、SEO対策を提供することをサービス提供している会社のことを指します。
そもそもSEOとはSearch Engine Optimizationの頭文字をとった略称です。読み方はサーチ・エンジン・オプティマイゼーション、日本語では「検索エンジン最適化」と訳します。
GoogleやYahoo!などの検索結果で、特定のWEBサイトを上位表示させるマーケティング施策のことです。
検索結果に対して上位表示させるためには、GoogleやYahoo!などの検索エンジンに対して「このWEBサイトは良い情報である」と認識させる必要があります。
そのための対策(=SEO対策)を生業としているのが、先に述べた、SEO会社と呼ばれる業者なのです。
中小企業のマーケティングを考えると、WEBサイトによる集客の重要性は日に日に増しています。そんな現代のビジネス環境において、WEB集客に本気で取り組むならSEO対策は避けて通れません。
WEBマーケティングとしてのSEO対策に取り組むことは、事業成長にとっては非常に重要です。
しかしながら、SEO会社の中には契約内容やサービスの質に大きな問題があるところが少なくないことは、ぜひ知っておいていただきたいと思っています。

集客強化したい企業とSEO会社との出会い

皆さんは、日頃どのような集客マーケティングを実施していますか?
FacebookやInstagramなどのSNSマーケティングから、リスティング広告などのWEB広告、昔からある営業手法の営業電話、DM(ダイレクトメール)の送付、ポスター掲載やチラシ配布、業種によっては法人への飛び込みの営業などもしているかもしれません。
とはいえ、ポスター掲載やチラシ配布は効果のほどが目に見えにくいし、営業電話や飛び込みの営業では、相手をしてもらえなかったり怒鳴られたりして散々な目に合うし…、悩みも多いですよね。
何よりもほとんど反応が悪いため、従業員のモチベーションも下がってしまうことが多いため、離職率が上がってしまうという企業も多く集客方法については多くの企業にとって悩みの種なのです。
これからの時代はWEBサイトを活用した集客マーケティングが大切だとは知ってけれど、そしてホームページはすでに持っているけれども、ほとんど集客につながっていない状態。
そんな声も多く聞きます。
WEBマーケティングを始める際、ホームページ制作をして、SNSのアカウントを開設して投稿することになりますが、こうした作業自体はそれほど難しいことではありません。難しいのは、それらをどうやって実際の「集客」に結びつけることが出来るか、それが非常に重要です。
新しくホームページを作り、InstagramやTwitterなどのSNSを始めてみたけれど、アクセスが全然増えず、反響が全くない。
「このままで本当に良いのだろうか」と悩まれている経営者は少なくありません。

SEO会社との出会い

そうした集客に悩む企業の元に、ある日突然舞い込んでくるのが「SEO業者」や「SEO会社」を名乗る営業電話やメールです。
こうしたSEO会社からの電話営業やメールを目にしたことはありませんか?

  • ・ホームページの検索順位○○まで上げます!
  • ・たった1か月で閲覧者数を今の○○倍に!
  • ・SEO対策すればお客様が増えますよ!
  • ・今まで○○社のSEO実績があります!
  • ・SEO対策をやれば問い合わせがバンバン来ます!

こうした宣伝文句には、魅力的な言葉がずらずらと並びます。
ホームページでの集客に悩まれている経営者なら即飛びつきたくなる内容ですね。
ですが、そこはちょっと待ってください!
このタイミングが多くの経営者にとって事業を成功させるか失敗するかの大きなターニングポイントになります。
冷静になって、しっかりと自社のこれからの集客戦略について考えることを強くお勧めします。
なぜなら、こうしたSEO会社からの営業電話や営業メールをきっかけにして、その魅力的なセールストークに釣られてしまったばかりに、大きな損害をこうむってしまい散々な目に合ってしまったというトラブルがあとを立たない空です。
弊社で行っているSEO対策についての経営相談でも、この悪質なSEO会社とのトラブルに関する相談が非常に多いのです。
一体、WEB集客・WEBマーケティングの業界で何が起きているのでしょうか?
このあたりも詳しく解説していきます。

悪質なSEO会社について

最初に述べておかなければいけませんが、営業電話をしてくるSEO会社にももちろん優良な業者はいます。しかしながら、そうでない悪質なSEO会社が圧倒的に多いのが現実です。
この悪質なSEO会社に引っかからないために、正しい知識を備えておくことがWEB集客を成功させたい経営者には求められます。
「悪魔は天使の顔をしてやってくる」
「地獄までの道のりは天国に見える」
悪質なSEO会社について
そうした言葉があるように、このSEO会社選びにおいても同じことがいえるでしょう。
どの業者も自分達は、最も優れたSEO会社だと思って近寄ってくるのですから。

悪質なSEO会社が生まれる背景その1:Google検索アルゴリズムの進化

SEO会社に依頼したけれど全く成果が出ないという事例が起こってしまう理由の一つに
Google検索アルゴリズムの進化が挙げられます。SEO対策はGoogleの進化に伴い、検索アルゴリズムが変わっていきます。
3年前までは「良いSEO対策」とされたものが、最新の情報では「悪いSEO対策」とされてしまうことが良くあります。そのため古いSEO対策の知識のままでアップデートされていない場合、成果が出るどころか、むしろ検索順位が下がってしまうなんてこともあるのです。

悪質なSEO会社が生まれる背景その2:業界として資格や制度が存在しない

SEO対策の良し悪しをはかる基準として明確なものが存在しません。SEO対策は、あくまでGoogleという一般企業における検索アルゴリズムに基づくものであり、その検索アルゴリズムは明らかにされていないためSEO対策に関する資格や制度がないのです。
そのため、そのSEO会社がアピールする「SEO対策ができる」という言葉を信じるしかないというのが業界の現実なのです。

悪質なSEO会社が生まれる背景その3:作業の不明確さ

SEO対策は、内部対策・外部対策・コンテンツライティングなど様々な作業があります。それらをどのように、どれくらい修正していくのかは、SEO会社によって変わるので
作業自体を明確に可視化することは非常に難しく、そのため評価そのものも不明確になりがちです。
そうなると実際にSEO対策の作業をしていても、していなくてもクライアントには分からないため、悪質なSEO会社が生まれる要因にもなっています。

SEO会社とのトラブル事例

SEO会社とのトラブル
弊社では企業経営者の方に対して無料で経営相談を行っています。そんな中、SEO会社やSEO対策をおこなうWEB制作会社とのトラブル相談が多く寄せられるようになっています。いくつか具体例をご紹介します。

SEO会社のトラブル事例1

半年経っても検索順位があがらず解約したが、あとでGoogleからペナルティだと警告が来た。(GICPで調べたところSEO会社の悪質な作業によるものが原因だった)。

半年間、SEO対策を業者にお願いしていたが一向に成果が出ていない。それだけであれば、「その業者の力がなかった」というだけ終わるのですが、どんどん検索順位が落ちてしまい、主な検索キーワードで圏外まで落ちてしまったのです。
業者に問い詰めると、「Googleペナルティ」になってしまっているということがわかりました。ちなみに、Googleのペナルティとは、何らかの理由でGoogleに「悪質なサイト」と判断されてしまうことです。検索結果の順位が顕著に下がったり、場合によっては検索結果に全く載らなくなったりしてしまうこともあります。
このGoogleペナルティから抜け出すことは容易ではありません。 SEO会社が検索結果を上げるために悪質な手段を用いたがためにこのペナルティを受けてしまう、というのはよく聞くトラブルです。
これぞ「タダより高いものはない」状態です。

SEO会社のトラブル事例2

成果報酬型のSEO会社に御願いしたら、Googleペナルティになった。そのことでクレームを言ったら、「お金を貰っていないので仕方ない」と逆にキレられた。

成果報酬型のSEO会社とは「検索上位に上がったタイミングから料金を払ってもらいます」という契約体系です。一見お得な契約に思われがちなのですが、この契約体系によってのトラブルが非常に多いです。
SEO対策は実際に作業が見えにくいこともあり、成果が出なくてもクライアントに文句を言われません。そして検索順位が上がったら、その業者の成果として請求されるわけです。
Googleの検索順位は、様々な要因へ変化するためそのSEO会社のおかげかどうかを
判断することはできません。それでも業者に請求されるのはおかしな話です。
成果報酬型のSEO会社の中には、かなりブラックな対策をして検索順位上げる業者もいます。その結果、Googleペナルティになってしまうという事例が何件かありました。
しかし、順位が下がればお金が発生しないため業者は協力してくれず、困り果ててご相談に来た方がいらっしゃいました。
実際に、悪質な被リンクを貼っていることでGoogleペナルティになっていることが後の調査でわかりました。こうしたトラブルに巻き込まれないためにも成果報酬型の契約体系には注意をしましょう。

SEO会社のトラブル事例3

急に検索順位が下落したので、何をやっているか全部教えて欲しいとSEO会社に御願いしたら、断られた。

SEO対策を行なっていると検索順位が急に下落することがあります。それは必ずしも悪質な対策をしていないとしてもです。その場合、どのような対策をしたら順位が下がったのかを正しく把握したいですよね。
しかしながらSEO業者によっては、実施している施策を一切教えてくれないという業者もあります。そうなると、
どうすれば順位回復するのか?
何をしてくれているのか?
これからどうなるのか?
すら全く判断することができません。
そもそも本当にSEO対策をしてくれているのかも疑ってしまいますよね。

SEO会社のトラブル事例4

SEOの効果が全くなかったので、解約の相談をしたら「解約すると、検索順位が大きく下がって今よりお客様が来なくなる」と言われて、そのまま継続させられた。

SEO会社との解約に関することも非常に多いトラブルの一つです。そもそも検索上位に上がらないので解約するわけですから解約しても何の問題もないはずですよね。冷静になって考えてみれば分かるのですが、SEO対策について全く知識がないと、こうした営業にも巻き込まれやすくなりますので注意が必要です。

SEO会社のトラブル事例5

SEO会社を解約したらホームページに施したSEOの内部対策を契約前の状態に戻された。そのことを伝えたら「証拠がない」「解約したんだから知らない」などひどい扱いをされた。

SEO対策の内部対策はWEBサイトのソースコードやタグ情報を修正する作業です。
WEBサイトを見ているだけでは気がつかないため、修正されても気がつきにくいのですが、
解約したからといって実施した作業を元に戻すのは悪質です。
SEO対策についての知識が乏しいと、具体的な証拠や技術的なことは分からないため泣き寝入りになることもあるため、具体的な作業内容を正しく知っておくことが日頃から重要です。
本当に聞くだけで腹の立つSEO業者でのトラブルが並んでいます。このように日々多くのトラブルが発生しているのがSEO業界の実情なのです。

悪質SEO会社を避けるためには

悪質なSEO会社
SEO会社は、先に述べたように、悪質な業者ばかりではありません。
当然、優良なSEO会社も存在しています。しかし、基礎的なSEO対策についての知識がなければ、その見極めは非常に難しいのが正直なところです。
もし依頼したSEO会社が悪質であればどうなるでしょうか?
まず事業にとって重要な集客ツールである大切なWEBサイトを好き勝手いじくりまわされ、その上結果は出ず(最悪Googleからペナルティを受け)、しまいには「解約したら検索順位が大きく下落します」と脅される…。
こんなSEO会社と契約することは、企業にとって大きな経営リスク、自殺行為に等しいといえるのです。
業者は契約時にこんなことは教えてくれません。 だからこそ見抜くのが困難なのですが…。
次にどうすれば正しいSEO会社を選ぶことができるのかについて解説いたします。

SEO会社を選ぶための基準について

SEO対策を外部に依頼するときに正しくSEO会社を選ばなければ大きなトラブルに巻き込まれてしまうという話をしました。
それだけではなく、事業そのものを危機に陥れてしまうほど大きな問題ということもお伝えさせて頂きました。
では、どうすれば正しい成果の出せるSEO会社を見つけることができるのでしょうか。
SEO対策を選ぶための基準についてご紹介します。

SEO会社選定基準その1:実績・事例を詳しく確認

SEO会社の実力は、自社サイトの対策の結果、手掛けてきたサイトの対策の結果を見れば一目瞭然です。
委託を検討しているSEO会社に、自社のサイトやいままで手掛けてきたサイトの実績を問い合わせましょう。
「どんな業種のサイトで、具体的にどのようなキーワードで対策して検索上位を獲得しているのか」
を教えてもらったら、実際に検索エンジンで検索してみましょう。
そして、もしもそのキーワードが上位化しているとしても、本当に検索する人が多いキーワードかどうかを検証してください。
「○○市 △△△ □□□ ◇◇◇」のような形で、そもそも検索する人がいないキーワードでいくら上位化しても、検索する人がいないので当然アクセス数は増えません。
ホームページにアクセスして、そこから問い合わせをしてくる人は、ほとんどの場合、数パーセントに過ぎません。1%以下のホームページもたくさんあります。
仮に、その率が1%だとしましょう。
その場合、1日に10件の問い合わせが必要だったら、少なくても1日1,000件のアクセスが必要です。
そうすると、1日1,000件のアクセスが稼げるキーワード群で上位化しておかなければならないのです。
検索される数が少ないキーワードつまり、スモールワードでの実績しかないSEO対策会社は、仮に上位化できていたとしても、売上に繋がりません。
本当の力があるか疑わしいと言えるでしょう。

具体的な社名が出せない場合は信用しない

SEO対策の実績について、SEO会社から「詳しくは教えられない」と言われた場合にはその会社を信頼してはいけません。良いSEO対策会社であれば、サービス導入を検討している会社であれば必ず具体的な社名を教えてくれるはずです。
ぜひSEO対策の成功事例を多数確認してみてください。その際、同業種でなくても問題ありません。SEO対策はどのジャンルであっても成功させる手順は同じなので大丈夫です。

ECと店舗ビジネスとは違う

SEO対策には大きく2つの方法があります。
WEBサイトのSEO対策キーワードが地域ターゲットか、全国ターゲットなのかによって
大きく異なります。
例えば、地域ビジネスをしているエステサロンや整体、クリニックなどであれば
「市区町村 エステサロン」
「都道府県 整体」
「駅名 内科クリニック」
といった地域名を踏まえたSEO対策が必須になります。
それとは別にECサイトの場合は地域名でのSEO対策をおこなう必要はないキーワードでの対策となります。当然、地域名を入れないでSEO対策をおこなう方が難易度は高くはなります。

SEO会社選定基準その2:具体的な施策を確認しよう

SEO対策の具体的な作業には大きく分けて3種類あります。
具体的には
「内部対策」「外部対策」「コンテンツライティング」に分類することができます。
具体的なSEO対策
その中でSEO会社が行う作業として分かりにくいものとして
「内部対策」と「外部対策」になります。「コンテンツライティング」は実際に記事がWEBサイトに掲載されるので、追加されれば分かるのですが、内部対策とは主に、ソースコードを修正することなので一見WEBサイトを見ているだけだと何をしてくれたか判断しにくいのです。
また外部対策とは主に、別のWEBサイトからリンクを貼ることなので、これも非常に作業として分かりにくいと言えます。
そうなるとSEO会社に丸投げしているだけだと、具体的にどこの情報をどのように修正したのか分からないわけです。そのためにはSEOの具体的な施策を確認できることが非常に重要です。

SEO会社選定基準その3:電話営業してくるSEO会社は絶対NG

SEO対策との出会いはさまざまです。

  • ・知人や友人から紹介されたから
  • ・検索して探したら出てきた
  • ・比較サイトに掲載されていたから
  • ・電話で営業してきたから
  • ・メールで営業してきたから

などがあります。
その中でも注意した方が良いことがあります。

電話営業するSEO会社は避けよう

SEO対策で集客できるようになることが目的であり、そのためのSEO会社を探しているわけです。にも関わらず、そのSEO対策をお願いする会社が「電話営業」や「メール営業」をしているわけです。
もし、あなたがSEO会社を探している企業の経営者だとしたら信頼しますか?
もし営業するのであれば、自分のWEBサイトを検索上位に上げてお客様を獲得すればいいのではないでしょうか?
それをしないで営業電話をかけてくる時点で、その会社としての信頼度は疑わざるを得ませんよね。

SEO会社選定基準その4:SEO会社が上位表示しているキーワードを確認

SEO会社を名乗る企業は無数に存在します。それら全ての企業が本当にSEO対策で成果が出せるわけではありません。「SEO対策ができる会社」を名乗るには資格も基準もありませんからね。
その中で、信頼できるSEO会社を選定する基準の1つとして「SEO会社自体がどのキーワードで検索上位に表示されているのか」これを必ず確認することをお勧めします。
自分のクライアントの事例はもちろん、自分達がSEO会社の中でどれくらい上位表示を実現しているのかを確認すれば、ある程度のSEOのレベルがわかります。
当然、SEO対策を生業としている会社が集うわけですから、そのSEO業界の中でもSEO対策の関連キーワードで検索上位に表示される技術やノウハウがあれば信頼できると言えるのではないでしょうか。

SEO会社選定基準その5:SEO対策のやり方を教えてくれるのか確認

SEO対策は事業において非常に重要なマーケティング戦略の一つです。そのSEO対策についての知識や技術についてはクライアント企業もある程度理解しておくことが大切です。
全てを丸投げするのでなく、自社内でも理解しておくためにSEO対策の知識を得ておくこと、それについて協力していくれるのか、それとも全く教えてくれないのか、SEO会社の姿勢は会社ごとに大きく異なります。
企業の長期的成長を考えるのであれば、当然SEO対策についての知識を授けてくれる会社と契約する方が良いでしょう。

SEO会社選定基準その6:SEO以外にもWEBマーケティング支援が可能か確認

SEO対策会社と商談するときに、ホームページのSEO対策以外にも、広告運用、SNS運用、コンテンツマーケティングなど、Webマーケティング全般に対応できるか確認しましょう。
目的によっては、SEO対策よりも広告やSNSが向いていることがあります。
SEO対策しか出来ない会社に頼んでしまうと、せっかくの飛躍のチャンスを逃す可能性もあります。
また、現時点ではSEO対策だけが必要だとしても、自社ホームページが成長したときにWEBマーケティング全般の施策が必要になってきます。
そのときに、別の会社に依頼すると連続性が保てないこともありますし、新たに分析などで費用や工数も発生してしまいます。初めからすべてできる会社にまとめて依頼したほうがメリットは大きいでしょう。

SEO会社と面談した時に聞く質問集

SEO会社を探す方法
検索サービス最大手のGoogleは公式サイトで、SEO会社を利用する事業者に向けて面談時の質問例を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

  • ・過去の作業のサンプルと成功事例をいくつか紹介してもらえるか。
  • ・Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に従っているか。
  • ・オーガニック検索に役立つオンライン マーケティング サービスやアドバイスを提供しているか
  • ・どのような結果が期待されるかと、その日程、成果を測定する方法
  • ・同業種での実績
  • ・最も重視している SEO 技術
  • ・創業年数
  • ・連絡方法。サイトに加えたすべての変更に関する情報、およびアドバイスの内容に関する詳しい情報とその理由を伝えてくれるかどうか

参考資料:Google検索セントラル「SEO業者の選択」(一部抜粋)

インハウスSEO対策という選択

SEO会社を選ぶという選択以外にもSEO対策を行う方法があります。
それは「インハウスSEO対策」です。
インハウスとは内製化の意味ですので、インハウスSEO対策とは、
「外部業者に依頼するのではなく自社内でSEO対策を行う方法」ということになります。
「それができないから困ってるんだ!」という声が聞こえてきそうですが…。
実は、SEO対策は自社で行うことが可能な対策です。
SEO対策を実施するためには、WEBの専門的な知識やhtmlでホームページが作れるくらいの技術がなければ出来ないと思われている方も多いのですが、そんなことはありません。
ある程度のパソコンが使えるレベルがあれば、全く問題なく対策が可能になるのです。
たとえ個人事業主であっても、社員10名以下の会社であっても、100億円以下の会社であってもです。SEO会社に頼らなくても、SEO対策を含め、集客マーケティングは自社内でおこなうことができるのです。
なぜ、そう言い切れるかというと、手前味噌ですが、弊社、GIコンサルティングパートナーズもSEO対策は全て自社内(インハウス)で行っているからです。もちろん、成果もあがっています。
検索順位では

  • ・「中小企業 経営コンサルティング」 1位
  • ・「ホテル コンサルティング」 1位
  • ・「美容室 コンサルティング」 1位

などのほか、

  • ・「SEO 会社」  2位
  • ・「WEBマーケティング会社 4位」
  • ・「インハウス SEO」 6位

等々、検索エンジンの中で検索される言葉の中では、競合が非常に多いキーワードで上位表示を実現しています。 東証一部の上場企業のコンサルティング会社より、外資系の経営コンサルティング会社より多くのワードで上位に表示させているのです。
もちろん、外部のSEO会社は一切利用していません。 私たちはSEO会社ではありません、経営コンサルタントです。それでも、インハウスでSEO対策を実践して成功させているのです。
もし疑われる方がいらっしゃれば、ぜひGoogleやYahoo!で検索してみてくださいね。

「SEO会社」で検索した時の比較サイトについて

検索エンジンで「SEO会社」というキーワードで検索すると、検索結果によく次のような記事タイトルが表示されませんか?
「おすすめのSEO対策会社〇選!」
「SEO対策会社を全国〇社徹底比較!」
などなど、複数の会社の比較を謳った記事が目に飛び込んできます。
自社のSEO対策を依頼しようと会社を探している人にとっては、どんな名前が並んでいるのか思わずタップして覗いてみたくなる記事ですよね。
ですが、気をつけてください。
このような比較記事は、複数のSEO会社を比較しているように見せかけた宣伝記事の場合もあるのです。
これらはアフィリエイト記事と呼ばれる広告収入を目的としたページである場合があり、そこからのリンクを辿って成約すればサイト制作者に広告収入が入るという仕組みです。
となれば、成約率を上げるためのコンテンツになってしまうこともあり、SEO会社を選ぶための情報元としては信憑性が疑わしいケースもあります。
もちろん中には真摯にSEO対策会社を比較評価している記事もありますが、比較記事を元に会社を選ぶ行為は危険なこともあるのです。
比較やおすすめサイトの記事に惑わされて、もともと依頼しようとイメージしていた会社とは実態がかけ離れたところに委託したばかりに、効果のない施策に資金を投じることになったというご相談もあります。
それでも、皆さんは「SEO会社」で検索した結果に表示される比較サイトやランキングサイトを信じますか?
SEO会社であるにもかかわらず、「SEO会社」で対策を行わず、アフィリエイトサイトへの掲載や多額の広告費を払ってランキングサイトへ掲載して集客している会社を信頼できますか。

「SEO会社にホームページのSEO対策は、絶対に頼んではいけません!!」

は、そうした業界の問題についても本気で信頼できる会社を探しているユーザーにとって重大な問題だと考えているので、こうしたタイトルにしているのです。
この意味を、少しでも多くの方に理解して頂けると幸いです。

具体的なインハウスSEO対策の手順

ここまで当ページを読み進めてくださった方の中には、「自分でSEO対策を出来ないだろうか」と思われた方も多いと思います。
先述したとおり、自社でSEO対策を内製化することを「インハウスSEO」と呼びます。
経営者自ら、または自社のリソースを使ってインハウスSEO対策を実施している会社は少なくありません。
ここでは、「明日からでもさっそくインハウスSEOを実施したい」という方に、基本的なインハウスSEOの施策を具体的にご紹介していきましょう。

内部タグ情報の修正

ターゲットキーワードを「titleタグ」「descriptionタグ」「h1タグ」に入れる

SEO対策で言うターゲットキーワードとは、自社ホームページに訪問してほしいユーザーや、商品を購入してほしいユーザーが、どのようなキーワードで検索しているかを考えて決めるキーワードのことです。
例えば銀座でエステサロンを経営されている場合は、「銀座 エステサロン」などが対策すべきターゲットキーワードになります。
このターゲットキーワードを、ホームページのHTMLにあるtitleタグ、descriptionタグ、h1タグと呼ばれる場所に設定することで、GoogleやYahoo!などの検索エンジンにページの情報を的確に伝えることになり、検索順位が上がりやすくなります。
関連記事:hタグとは?SEOでの活用法とメリットについて解説
自社ホームページのtitleタグ、descriptionタグ、h1タグがどのように設定されているかを確認したい場合は、「SEOチェキ!」という無料で使えるツールを使って調べることができます。
関連記事:SEOチェキの使い方を分かりやすく解説!
実は、この一連のHTMLのタグ設定が、正しく出来ていないホームページが本当に多いのです。これが正しく設定されていないだけで、検索上位化が難しくなります。
中には高額な費用を払って頼んだはずなのに、こうしたHTMLのタグが正しく設定されていないという最悪なケースも……。
不安な方はすぐにSEOチェキ!で、HTMLタグにターゲットキーワードが設定されているか確認してみましょう。

内部リンクを貼る

内部リンクとは、自社ホームページ内のページ同士をつなぐハイパーリンク(通称:リンク)のことです。
リンクをタップすることでページが遷移するわけですが、SEO対策的に重要な役割があります。
それは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンのクローラー(検索順位を決めるためにサイトを巡回するロボット)です。
クローラーはページ内のリンクをたよりにページからページへと巡回して検索データベースにページをインデックス(登録)したり、リンクのつながり方からホームページの評価をするからです。
そのため、SEO対策上は、他のページからリンクさせることと、よりコンテンツの関連性の高いページからリンクさせることがより重要になります。

コンテンツを充実させる

SEO対策では、ユーザーの検索意図に沿った良質なコンテンツ(ブログ記事など)を継続的に発信して、自然検索からの流入数を増やすことが重要です。
同じようなコンテンツがあった場合、新しいコンテンツが検索順位として上に表示されることが多いですし、コンテンツを更新しているとホームページ全体の評価が高まります。
さらに、ホームページ全体で共通するテーマに沿ったコンテンツを充足させていくことで、そのテーマに関してホームページ全体の評価も高まっていきます。
ただし、コンテンツを制作する上で、1つのページ狙うキーワードは、1つもしくは2つ程度に絞ったほうがとされています。
これはGoogleの検索アルゴリズムが「ユーザーが探している情報と検索結果の記事内容が一致していること」を重要視しているためです。
つまり1つのページに異なる意図のキーワードが複数設定されていると、Googleはページ内容を判断できず、SEO的にそのページ自体の評価が下がってしまう恐れがあります。
関連記事:コンテンツマーケティングとは

アクセス解析

実施したSEO対策の効果測定をする

SEO施策を実施するだけではいけません。
インハウスSEOを実施したら、分析ツールを用いて効果測定をしましょう。そして分析結果を元にさらなる改善を行いましょう。
ここでは効果測定に役立つ2つの分析ツールをご紹介します。

Google Analytics(グーグル アナリティクス)

グーグルが提供する無料の分析ツールです。
ページビュー(閲覧されたページ数)を始め、流入経路、滞在時間など、ユーザーのサイト訪問時の動向を統計的に見ることができます。
関連記事:Googleアナリティクスの基本的な使い方を初心者向けに解説

Google Search Console(グーグル サーチコンソール)

こちらもグーグルが提供する無料の分析ツールです。
こちらは、検索ユーザーがどんなキーワードを検索して自社ホームページに訪問したのか分析できます。また、自社ホームページがGoogleの検索データベースにインデックス(登録)されているか確認できるなど、Googleの検索エンジンに対する自社ホームページの状態を確認できます。
関連記事:Search Console Insights(サーチコンソールインサイト)とは?使い方を解説
どちらの分析ツールもGoogleアカウント(無料)があれば誰でも簡単に使うことができます。自社ホームページのより良い改善をする上でもぜひ導入しましょう。

インハウスSEO対策に必要なスキルとは

インハウスSEO対策で必要なひとつ目のスキルは、「正しいSEO」と「最新のSEO」を学ぶことです。
SEOで検索すれば、ブログや動画などで様々なテクニックを学ぶことができるので活用しましょう。
また、正しい対策のための情報として、Googleから無料で配布されている「検索エンジン最適化スターターガイド」に目を通しておきましょう。Googleの検索エンジンに評価されるための方法がわかりやすく解説されています。
参考資料:検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド
ふたつ目のスキルは、「正しい日本語」を書けるスキルです。
検索エンジンのアルゴリズムはどんどん成長していて、最近ではホームページの評価の基準として「ユーザー体験」を重要視していると言われています。つまり、ページが読みやすかったり、わかりやすかったりすることが重要とされています。
そこで重要になるのが、正しい日本語を書けるスキルなのです。文章力、構成力を磨いてユーザーが読みやすいページ作りをしましょう。

SEO会社の費用と相場とは

SEO対策の会社・業者とは
SEO会社はたくさんあり、その料金体系も様々です。
ここではSEO会社にSEO対策を依頼した際に発生する料金の相場をまとめました。
金額は中小企業のホームページを手掛けた場合の相場になります。
・SEOコンサルティング 相場:10万円〜50万円/月
自社のホームページのすべてに対してコンサルティングしてもらいます。
自社ホームページの目標を達成するために、調査・分析・改善指導をしてくれます。
3ヵ月、6ヵ月、1年などの実施期間を設けて、月額固定費で毎月支払う場合が多いです。
・SEOサイト設計+ホームページ制作 相場:100万円〜200万円以上
SEO対策が施された自社ホームページを制作してくれます。
制作するホームページの規模によって制作費は大きく異なります。
・コンテンツSEO 相場:4万円〜30万円/月
自社ホームページに集客することが目的のコンテンツ(ブログ記事など)の制作を代行してくれます。記事の品質、投稿頻度によって費用は異なります。
・内部SEO対策 相場:10万円〜100万円
自社ホームページを検索上位表示するために、Googleに評価してもらえるようホームページ内部に対して修正・改善を行います。修正はサイト全体に及ぶので、サイト規模が大きいほど(ページ数が多いほど)費用がかかります。
・外部SEO対策 1〜15万円/月
外部のホームページから、自社ホームページに対して、リンクを設定してくれます。そうすることで、リンクをもらった側の評価が高まります。良質なリンクが自社ホームページに増えることで評価が次第に高まっていき、検索順位の上位化が期待できます。
SEO会社の対策費用・コンサルティング費用は、会社の規模、施策を投じるホームページの規模、実施期間などによって変動します。
そして、「正しいSEO会社の選び方とは」などの箇所で記述しているとおり、SEO会社と名乗る会社にも様々な会社があります。
大切な資金を投じるわけですから、きちんと相場感を把握しつつ、品質をしっかりと確認して交渉に臨みましょう。

最近のSEO対策の傾向について

ところで、最近のSEO対策とはどういうものかご存じですか?

  • ・狙っているキーワードでページを増やす。
  • ・内部タグをしっかり入れ込む。
  • ・外部サイトからリンクをたくさん送る。
  • ・ページの更新頻度を高くする。

などは基本的な対策ですが、これだけでは十分な対策ができているとは言えません。
Googleはここ数年、年に1回以上は大きなアルゴリズムの変更を行っています。
その中で、近年重要になってきているのが、ソースコードです。
ホームページのソースコードが、Googleが好む仕様になっていないと順位が上がらなくなってきています。
SEO会社に勧められるまま、ページを増やしました、ブログを書きました、内部タグを入れました、でも順位が上がりませんでした、というケースに遭遇しているとしたら、ソースコードに問題があるかもしれません。
そして、SEO会社でソースコード改善まで対策するSEO会社はほとんどないでしょう。

オススメのSEO会社をご紹介

実績豊富なSEO対策会社

 

WEB集客ブレイン

WEB集客ブレイン
10年間で1500社以上の支援を行なっている、実績が豊富な経営コンサルティング会社です。
インハウスSEO対策から専任のコンサルタントをつけたコンサルティングまで会社に応じた柔軟なプランを提供しています。
事業に負担をかけずにWEB集客を強化したい方、コンサルティングの内容を把握しながら進めていきたい方におすすめです。

スリードット株式会社

スリードット株式会社
大阪を拠点にしたWEBマーケティング会社。
医療系に強く、インハウスでのSEO対策も支援しています。
SEO最策を社内でもできるようになりたいという方におすすめです。

株式会社PLAN-B

株式会社PLAN-B
SEO対策、インターネット広告、ウェブサイト制作、インフルエンサーマーケティングなどの事業を手がけており、単なる「SEO会社」ではなく、「マーケティングパートナー」という考え方を重視している企業です。
累計取引社数が約5,200社と国内最大級の実績の中で培った実力を強みにしているため、実績や成功事例が豊富な業者に依頼したい方におすすめです。

ナイル株式会社

ナイル株式会社
SEO専属部署であるデジタルマーケティング事業部で、「集客支援」「コンテンツ支援」「データ解析」の支援をしているSEO対策会社です。
中でも集客支援が得意で、様々な分野の大手企業への支援実績があるほか、BtoCやポータルサイトECサイトなどあらゆるサイトのコンサルタント実績があります。
実績のある会社でSEO能力の高いサイトを設計したい方におすすめです。

アイオイクス株式会社

アイオイクス
2002年からSEO対策を行なっている実績が豊富な会社です。
アイオイクスが運営するメディア「SEO Japan」は、多くの業界関係者が参考にしています。
何から取り組めばよいのか分からない方、実績が豊富な業者に依頼したい方におすすめです。

サクラサクマーケティング株式会社

サクラサクマーケティング株式会社
広告に頼らないSEOとコンテンツマーケティングを駆使し、中小企業の恒常的な売上げアップをサポート。
SEO専業16年のノウハウを持ったプロコンサル集団と、月間500本、一部上場企業品質のコンテンツを作り出す記事制作チームがわかりやすくサポートしてくれます。

S&Eパートナーズ株式会社

S&Eパートナーズ株式会社
SEO対策を主としたWEB集客・WEBマーケティング・コンテンツSEOのコンサルティング事業などを幅人く展開し、広告運用や戦略立案もワンストップでサポート。
フルオーダーのSEO対策でスピーディなサイトの収益化を支援しています。
きめ細かいサポートも充実しているので、しっかりサポートしてくれる会社を探している方におすすめです。

ism株式会社

ism株式会社
創業13年、クライアント5000社の信頼と実績がある会社です。
“SEO東京”、”SEO対策東京”、”SEO会社”など複数のSEO関連キーワードで検索1位の実績があり、あらゆる業種でのSEO対策実績があります。
実機豊富な業者に依頼したい方におすすめです。

株式会社ウィルゲート

ウィルゲート
東京渋谷区にあるITサービス企業で、SEOコンサルティングだけでなく、メディア事業にも力を入れています。
記事作成代行サービス「サグワークス」を運営しており、質の高いコンテンツを作成を支援。
SEO対策以外のサポートも充実している会社をお探しの方におすすめです。

アユダンテ株式会社

アユダンテ
業界でも有名な会社で、大手通販サイト、大規模ポータルサイトや不動産、人材などさまざまな業種で豊富な実績があります。
GAやGMTなどの解析ツールの導入・分析まで細かくサポート。
コンサルティング主体のクライアントに合わせたサービスを提供しています。

株式会社プリンシプル

https://www.principle-c.com/
日本でTOP15に入るGoogle公認アクセス解析会社で、アクセス解析をメインにリスティング、SEO、GTMなどを支援。
アナリストは全員GAIQの資格を保持しており、クローラー目線のページ分析を得意としています。
実績豊富な大手SEO対策会社に依頼したい方におすすめです。

株式会社Speee

Speee
課題抽出から戦略立案・施策実行までトータルでサポート。
SEOコンサル事業意外に自社開発の専門ツールを開発しており、広告やデータの運用、PDCAの実行を長期的に支援しています。
長期的に成果を上げていきたい方、最先端SEOテクノロジーを導入したい方におすすめです。

アウンコンサルティング株式会社

アウンコンサルティング
アジアに複数の拠点を持ち、48ヵ国2000社以上の実績があるグローバルなSEO対策会社。
インバウンド・アウトバウンドに強くリスティング、各種ネット広告、WEB制作にも対応可能。
費用を抑えて成果報酬型の対策したい方、他言語対応のSEO対策が必要な方におすすめです。

ディーエムソリューションズ株式会社

ディーエムソリューションズ
継続契約率90%超の信頼と実績のあるSEO対策会社です。
内部対策をメインとした専門コンサルタントによる本格的なWEBマーケティング施策を提供。
何から始めたら良いかわからない方、実績のある会社に任せたい方におすすめです。

格安SEO対策会社

 

sincere japan

sincere japan
完全成果報酬型で1ページ目に表示されなければ料金が発生しない、費用対効果に配慮した料金体系でサービスを提供。
特に士業・コンサルタント業のWeb集客を得意しています。
成果報酬型でSEO対策を試したい方、長期的なSEO効果を狙いたい方におすすめです。

TONOSAMA

TONOSAMA
月額2,400円からの定額料金で格安SEOを提供しており、契約期間4ヶ月や成果報酬型などニーズに合ったプランを選べます。
また、上位表示率90%以上を達成しており、「全日本SEO協会」認定加盟で本社の福井以外に東京や石川にも拠点があります。
予算が毎月決まっている方、短期間契約でSEO効果を見てみたい方におすすめです。

アドノマ株式会社

アドノマ株式会社
「東京SEOマーカー」を運営しており、自社サイトが”格安 SEO”や”東京 SEO”などのキーワードで検索上位表示される実力派。
システム構築により無駄な経費を削減しているため、低予算で検索上位を目指したい方におすすめです。

大手SEO対策会社

 

株式会社アイレップ

株式会社アイレップ
SEO対策だけでなく、調査・解析・コンサルティングなど多角度から、サイトごとに合った対策を提案・解決することを得意としています。
セミナー・ウェビナーを開催し、様々な情報を発信しているのところが信頼できる会社です。
コンサルティングや、広告運用も任せたいという方におすすめです。

株式会社サイバーエージェント

株式会社サイバーエージェント
ネット広告業界で国内最大手で、「AbemaTV」「アメブロ」など有名コンテンツを配信するの企業です。
自社運営メディアにおけるユーザーテストの結果を元に、ユーザー行動やユーザー評価などを分析しています。
大規模サイトやグローバルサイトの運用など費用をかけて改善をしたい方におすすめです。

WEB集客ブレインのSEO対策の特徴とは

圧倒的な自社SEO対策の実績とノウハウ

弊社は、SEO会社ではなく、経営コンサルティングの会社です。それでもインハウスでSEO対策を行って成功させています。
先述の実績と重複する部分もありますが、主な実績は以下のとおりです。

  • ・「中小企業 経営コンサルティング」 1位
  • ・「SEO 会社」  2位
  • ・「SEO対策会社」 2位
  • ・「SEO対策 企業」 3位
  • ・「WEBマーケティング会社」 4位
  • ・「WEBマーケティング企業」 5位
  • ・「WEB集客 コンサルタント」 4位
  • ・「MEO対策 業者」 3位
  • ・「インハウス SEO」 6位
  • ・「ホテル コンサルティング」 1位
  • ・「美容室 コンサルティング」 1位

そして、この自社のSEO対策で成功したノウハウでお客様のSEO対策のコンサルティングを行っています。

多種多様な業種業態でのSEO対策の成果

WEB集客ブレインはこれまで、10年間で1500社以上においてSEO対策を実施してきました。
どのような業種業態であっても、SEO対策で高い成果を出すことが可能です。

SEO対策支援の業種例

電機メーカー、WEB制作会社、工務店、小売業、EC通販サイト、エステサロン、マツエクサロン、総合病院、歯科クリニック、美容皮膚科、AGAクリニック、学習塾、飲食店、製造業、リフォーム会社、英会話教室、葬儀会社、清掃会社、美容室、行政書士事務所、弁護士事務所、建設会社、整骨院、不動産会社、化粧品メーカー、コーティング会社、スポーツジム、ゴルフショップ、印刷会社、結婚式場、電子機器製造、etc

売上アップに直結するSEO対策ノウハウ

SEO会社が自社の実績を示す場合、「○○○で検索順位1位」、「アクセス数○○%アップ」などのように表示しています。
しかし、本当にこれで良いのでしょうか?
ほとんど検索されないキーワードで1位だったら?
売上に全く結び付かないキーワードでアクセス数が何倍にもなっているとしたら?
弊社の支援事例の実績は、「売上が○ヶ月で○倍」です。
SEO対策を始めると、順位を上げることに夢中になって、何のために対策をしているのかが分からなくなる場合があります。SEO対策を依頼した会社は、「順位が上がっているから文句はないでしょう」と言ってくるかもしれません。
しかし、順位を上げる対策は、売上アップのための一つの手段に過ぎません。これを忘れてしまっては、お金も時間も無駄になってしまうのです。

自社独自のSEO対策ノウハウ

弊社が行うSEO対策コンサルティングは、SEO会社に頼らず独自のノウハウで行っています。
実際に弊社が長年インハウスでSEO対策を行って、成功してきた独自のノウハウです。
SEO対策の本を読んだり、インターネットで検索したりしても出てこないリアルなノウハウなのです。
そして、実際に様々なクライアントのコンサルティングを行っている中で、Googleのアルゴリズムを理解し、結果を出しているノウハウです。ただの一般論を語るSEO会社ではありません。

SEO会社まとめ

SEO会社・SEO業者で働く男性
「SEO会社」「SEO対策業者」から、電話やメールで営業される経営者は多いと思います。
しかし、SEO会社による対策で散々な目に合ってしまった…というトラブルがあとを立たないのが事実です。弊社にも多くのご相談が持ち掛けられています。
内情をよく知らずに依頼すると、ペナルティになったり、無駄に毎月コストをかけることになったり、解約料などの意味不明な請求をされたりすることになるかもしれません。
弊社では、SEO会社に頼らないで検索順位を上げ、集客・売上を増やすために、自社で行うSEO対策(インハウスSEO)をお勧めしています。
実際、経営コンサルティング会社の弊社では、自社で対策をして様々なキーワードで検索順位の上位化を成功させています。
どうしても自社ではできないという方は、本当にSEO対策のことを知っている会社に依頼しましょう。
依頼する基準は、自社でSEO対策が出来ている会社です。そして、単なる検索順位アップ、アクセス数アップだけでなく、売上アップを成功させている会社を選びましょう。
日本でインターネットが広がり始めたのは、1990年代の後半頃、およそ30年前です。Windows95などが発売されたころですね(なつかしい…)。
そこにSEOやWEBマーケティングという考え方が入ってきたのが2000年代を過ぎてからでしょうか? たった2~30年の間に、日本のマーケティングは様変わりしました。WEB集客は企業に欠かせないものになってきています。
ですが、その時代の流れに取り残されている企業も少なくないと思います。
自社でインハウスSEOを行っている弊社だからこそ、WEB集客やSEO対策に取り組むときに感じるあのハードルの高さを知っています。
WEB集客の大切さを感じているからこそ、取り組みたい。できることならSEO会社に頼ってしまいたい、そんな経営者の気持ちもよくわかります。
世界的経営者であるアンドリュー・カーネギーという方がいます。この方は、「すべてを失っていいが、顧客リストだけは残して欲しい」という趣旨の言葉を残しています。 それだけ経営にとって顧客情報が大切だということを伝える言葉です。
この意見に賛同する経営者の方は多いのではないでしょうか?
SEO対策に成功すれば、この顧客情報はWEB経由で獲得し続けることができます。
弊社では、集客という大切なテーマだからこそ、SEO会社に丸投げせずに、自分で理解して、しっかりと取り組んでみることが重要なのではないかと考えています。
そのために、自社で実践するSEO=インハウスSEOという言葉や、SEO会社に丸投げするリスクを知っていただきたいと思いました。
弊社では、SEO対策も含めたマーケティングや経営の相談を受け付けています。
SEOや集客について、何かお困りごとがあった際は、いつでも弊社無料相談窓口までご連絡ください。WEBマーケティング・SEO対策に詳しい経営コンサルタントがご相談を承ります。
SEO対策の個別相談はこちら
SEO対策のお悩み、まとめて解決
<筆者プロフィール>

株式会社GIコンサルティングパートナーズ代表取締役 赤澤宣幸


WEB集客ブレイン
運営会社:株式会社GIコンサルティングパートナーズ
代表取締役 赤澤宣幸

富士ゼロックス(株)、(株)船井総合研究所で経営コンサルティングの経験を積み重ねた後、独立。経営戦略から業務改革・集客マーケティングに至るまでトータルに企業経営を支援。
上場企業から中小企業まで、全国の多くのクライアント企業をかかえ、非常に高い成果の出せる経営コンサルタントとして活躍している。
【経歴】
・明治大学 講師
・ハリウッド美容専門学校 講師
・住宅業界向け経営塾「赤澤塾」主催
・サロン向け集客塾「エステサロン研究会」主催
など講師としても活動中

TOP