CONTACTCONTACT

ブランド価値を見直すことで未来を拓く

ブランド価値を見直すことで未来を拓く

今のマーケティング戦略が上手くいかない、集客ができない理由。
それは、ブランディングに問題があるのかもしれません。
事業価値を正しくユーザーに伝えることができなければ、商品サービスを購入していただくことはできません。まずは自社ブランドを見直し、改善を図ることが重要です。
その改善プロセスのことを「リブランディング」といいます。

リブランディングが必要なフェーズとは

  • 思うようなマーケティング成果が出ていないとき
  • 商品・サービスを新しくリリースするとき
  • ホームページを刷新するとき
  • ターゲット層を変更するとき
  • 社内における意識変革を行なうとき
  • 提供価値の見直しをするとき

めまぐるしく変わるマーケットにおいて、自社のブランディングをしなやかに変化させることは、事業成長にとって必要不可欠だと言っても過言ではありません。
ブランド価値は普遍的なものではなく、時代によって変わってくるのです。
リブランディングは、企業にとってブランド価値を「未来に向けて研ぎ澄ます」ための改善行為だといえるでしょう。

リブランディングで重要な4つの視点

相対的視点

ブランド価値は、競合他社と比較検討されるものです。それを理解した上で、どう価値を高めるかが重要になります。

限定的視点

万人に求められるブランド価値は存在しません。だからこそ、どのようなターゲット層に選ばれるのか・選ばれたいのかを明確に設定することで、価値を高める必要があります。

論理的視点

なぜブランド価値が高いのかを、ユーザーに説明して納得してもらえる論理性とストーリー性が大切です。

デザイン的視点

ブランドイメージを100%表現し伝えるためには、クリエイティブが非常に重要です。一貫したデザインが求められます。

TOP