CONTACTCONTACT

SEMとは?Webマーケティングにおいて重要な理由を解説

Webマーケティングを実施している方は必ずと言ってよいほど「SEO(検索エンジン最適化)」に注力しています。コンテンツを通じた集客は、確度の高い見込み客を獲得するのに効果的ですね。

では「SEM」への取り組みはいかがでしょうか?こう言われて「そもそもSEMって何」という方は多いでしょう。そこで今回はSEMの基礎と、Webマーケティングにおいて重要な理由をご紹介します。

SEMを知り、日頃のWebマーケティングにぜひ取り入れてください。

SEMとは?

SEMとは?

SEMは「Search Engine Marketing(検索エンジンマーケティング)」の略です。文字通りGoogleなどの検索エンジンを活用したWebマーケティング手法です。

「え、それって結局SEOじゃないの?」と思ったことでしょう。確かにSEOはSEMに含まれますがそれだけではありません。

SEO(検索エンジン最適化)との違い

SEOは検索エンジンのアルゴリズムを攻略しながらユーザーに有益な情報をコンテンツで発信し、検索エンジンからの訪問者を増やすWebマーケティングです。

SEO(検索エンジン最適化)との違い

HTMLタグやキーワードなど基本的なテクニックを押さえながら検索エンジンにもユーザーにも好まれるコンテンツを作り、発信し続けます。

対するSEMは、SEOよりも広義のWebマーケティングです。SEOはコンテンツを検索上位に表示させることが目的ですが、SEMでは「リスティング広告から訪問者を増やす」などの手法も含まれます。

リスティング広告との違い

リスティング広告は「検索連動型広告」と呼ばれ、検索エンジンの結果表示ページに掲載されるテキスト広告のことです。ユーザーの検索キーワードに連動して表示されるため、ターゲットを絞り込んでの広告配信が可能となります。

リスティング広告との違い

SEMにはこのリスティング広告とSEOが含まれており、どちらか一方ではなく両方同時に実施することで相乗効果を高めるためのWebマーケティングです。

日本で最も利用されている検索エンジンはGoogleです。その次にYahoo! Japanが多いのですが、実はGoogleのアルゴリズムをベースにしています。Googleを想定したSEMを実施することは、同時にYahoo! JapanのSEMにもなるのです。

関連記事:ディスプレイ広告とリスティング広告の違いとは何か

SEOとリスティング広告の比較

SEOとリスティング広告の比較

では、SEOとリスティング広告の違いを比較してみましょう。

SEO(検索エンジン最適化) リスティング広告
費用 △~◎ △~◯
運用の難しさ
効果の現れ方 中長期的 短期的
管理のしやすさ コントロールは難しい コントロールしやすい
ブランディング効果 期待できる 期待できない

単純にかかる費用よりも、費用対効果で考えるとSEOはリスティング広告よりも高い効果が期待できます。検索エンジンの上位表示を維持することができればという条件付きながらも、維持し続けたぶん継続的な集客が可能だからです。
一方のリスティング広告はクリックされるほど費用が発生するので、認知拡大には効果的でも利益拡大には繋がらない場合もあります。

SEOで検索上位を維持するためには様々な施策が必要となります。

SEO施策のポイントをしっかりと押さえていけば、順位変動に悩まされることなく自身のビジネスにおける集客力の最大化を目指せるでしょう。

WebマーケティングでSEMが重要なワケ

WebマーケティングでSEMが重要なワケ

SEMへ取り組むにあたり大切なことは、SEOとリスティング広告のどちらが優れているかを決めることではなく、補完的な関係だと理解し適切な方法を取ることです。SEOもリスティング広告も立派なWebマーケティングであり、SEMとして取り組めば相乗効果が期待できます。

そしてWebマーケティングでSEMが重要なワケはまさにそこにあります。たとえば、Webマーケティングを始めようと考えたとき、ほとんどの方がSEOによる自然検索からの流入を検討します。初期投資が少なく済みますし、ブランディング効果もあります。

しかしSEOだけで集客しようとするとどれくらい時間がかかるかわかりません。3ヶ月後には効果が現れるかもしれませんし、1年後かもしれません。SEOは根気と戦略がとても大切なのです。

効果が現れないと心が折れそうになるときがあります。それが半年、1年と続きいよいよポキリと折れてしまう企業は実は珍しくないのです。

そうした挫折を避けるためにもリスティング広告を組み合わせてSEMを実施するのが有効なケースもあります。生まれたてのWebサイトでまとまった訪問数は数ヶ月間期待できないので、短期的に効果が出やすいリスティング広告を使ってWebサイトに人を集めます。

人が集まれば検索エンジンからの評価が高まり、さらに人が集まりやすくなります。まるで行列のできる飲食店のように、人が多いところにより人が集まっていく現象と同じでしょう。

まとめ

SEMとは?Webマーケティングにおいて重要な理由を解説

「SEOは死んだ。オワコンだ」なんて言われることもありますが、絶対にそんなことはありません。なぜなら、その言葉は10年以上前から言われ続けているにもかかわらず、SEOに取り組む企業は未だ増え続けているからです。

リスティング広告にしても同じです。確かにクリック単価が高騰し広告運用が難しい時代ではありますが、発掘されていない検索キーワードはまだまだあります。そもそもリスティング広告に取り組んだことがない企業は、広告出稿するだけで従来以上の集客率を達成できるかもしれません。

このようなSEOとリスティングを同時に実行するSEMは、Webマーケティングを実践する企業にとって欠かせない施策です。今までSEOにばかり注力していた、逆にSEOに取り組んでいなかったという企業は、この機会に2つのWebマーケティングを同時に進めてみてはいかがでしょうか?

タグ:

TOP