中小企業のWebマーケティングに強い経営コンサルタントへお問い合わせCONTACT

SEO対策におけるインデックスとは?方法も含めて解説します

今回はSEO対策の基本中の基本である「インデックス(Index)」について解説します。
インデックスについて理解することは、Googleの検索エンジンについて理解することと同義です。
従ってWebサイト運営初心者はまずインデックスについて知り、コンテンツが少しでもインデックスされるよう努めていきましょう。
この記事ではGoogleを例に、インデックスについて解説しています。
 

SEO対策におけるインデックスとは?

SEO対策におけるインデックスとは?
Googleの検索窓に特定のキーワードを入力し、「検索」をクリックするとさまざまなコンテンツが表示されます。それらのコンテンツはどのようにして表示されているかというと、Googleのデータベースに蓄積された膨大な情報をもとに、検索されたキーワードに対して最適なコンテンツを表示させています。
データベースに必要な情報収集を行なっているのが「クローラー」と呼ばれるロボットです。クローラーは世界中のWebサイトを回遊し、各サイトの中のコンテンツを認知し、それらの情報をデータベースに蓄積しています。そうしたGoogleのデータベースに登録されることを「インデックスされた」と表現します。
つまり、Webサイトにコンテンツを投稿してもそれらがクローラーに認知され、インデックスされなければGoogleの検索結果にコンテンツが表示されることはないのです。だからこそSEO対策においてインデックスは基本中の基本であり、重要な知識だと言えます。
 

コンテンツをインデックスさせる方法

コンテンツをインデックスさせる方法
Webサイトに投稿したコンテンツは、放っておいてもいずれはGoogleのクローラーに認知され、インデックスされます。しかし、それではコンテンツがいつインデックスされるか分からず、最悪の場合はインデックスされないかもしれません。
では、どうすればコンテンツをインデックスさせられるのか?それは「Googleにサイトマップを送信すること」です。
サイトマップとは、Webサイト全体のコンテンツURLをリスト化したファイルです。サイトマップを作成しGoogleに送信すれば、比較的早くクローラーが訪れてコンテンツを認知してくれるため、インデックスされやすくなります。サイトマップについては、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。
関連記事:サイトマップとは?SEO対策の上で重要な理由を解説
 

インデックスのSEO効果

インデックスのSEO効果
Web集客では、ユーザーがコンテンツを見つけて様々なコンテンツに触れていくうちに製品やサービスに興味を持ち、問い合わせや資料請求をするというのが一般的な流れです。こうしたWeb集客を成功させるためには、「全てのコンテンツがインデックスされていること」が大前提となります。
つまりはWebサイトに投稿したコンテンツがインデックスされなければ、Googleの検索結果画面に表示されないということになります。
Webサイトに投稿したコンテンツは、その全てが集客の入り口になります。同じテーマでも様々な角度からコンテンツを作成すれば、それだけ多くのユーザーがWebサイトを訪れ、製品やサービスに興味を持ってくれる可能性が高くなるのです。従ってコンテンツをインデックスさせることは、SEO対策で最も基本的かつ重要なテクニックとなります。
 

コンテンツがインデックスされたかどうかを知る方法

では、Webサイトに投稿したコンテンツがGoogleにインデックスされたかどうかを知るにはどうすれば良いのでしょうか?答えは簡単、「Google Search Consoleを使用して調べる」です。
Google Search Consoleは、自社サイトのコンテンツがGoogle検索においてどのように表示されているかを教えてくれる無料のSEOツールです。実は先ほどご説明したサイトマップもGoogle Search Consoleを通じてGoogleに送信します。
Google Search Consoleでは自社サイトのコンテンツがいくつインデックスされているか、エラーは発生しているかなどを調べられます。コンテンツがインデックスされていない場合は時間が解決するか、何らかのエラーが発生している可能性があるので対処が必要です。Google Search Consoleについては以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。
関連記事:Googleサーチコンソールの使い方を初心者向けに解説
 

「インデックスさせない方法も」ある

「インデックスさせない方法も」ある
SEO対策の基本はコンテンツをGoogleにインデックスさせることです。しかし、あえてインデックスさせない場合とその方法もあります。
まず方法としては「noindex(ノーインデックス)」というタグを使用して、Googleのクローラーに対して「このコンテンツのインデックスは不要ですよ」と知らせます。すると100%ではありませんが、noindexタグを付けたコンテンツはインデックスされずGoogleの検索結果に表示されません。
なぜあえてインデックスさせないのか?それは「404エラーページ」や「編集中のページ」など、GoogleにインデックスされるとSEOの観点でマイナス要因となってしまう可能性のあるコンテンツをインデックスさせないことが主な目的です。
コンテンツにnoindexタグを追加したい場合は、HTML内ののすぐ下に下記のタグを挿入するだけです。
 
Webサイト運営にWord Pressを使用している場合は、プラグインのAll in One SEOを使って簡単にnoindexタグを追加できます。投稿画面の下に次のようなチェックボックスが表示されるので「インデックスなし」にチェックを入れて完了です。
All in One SEOから、noindexタグを追加
 

SEO対策のためにインデックスを促しましょう!

SEO対策のためにインデックスを促しましょう!
SEO対策を実施してWeb集客を成功させるには、コンテンツがGoogleにインデックスされることが大切です。Google Search Consoleを使用することでコンテンツのインデックスを促し、SEO効果を高めていきましょう。
以上、SEO対策におけるインデックスについてご紹介しました。
SEO対策のお悩み、まとめて解決

TOP