CONTACTCONTACT

サイトマップとは?SEO対策の上で重要な理由を解説

SEO対策における「サイトマップ」は2種類あります。1つはWebサイトを訪問したユーザーに対してサイト全体の構成を示し、ユーザーが目的のコンテンツを見つけやすくする「HTMLサイトマップ」。もう1つは、Googleに対してWebサイト内の構成を伝える役割を持っている「XMLサイトマップ」です。

今回はこれらのサイトマップについて、SEO対策上で重要な理由について解説していきます。

 

SEO対策におけるサイトマップとは?

SEO対策におけるサイトマップとは?
いずれのサイトマップもSEO対策に欠かせない要素です。そもそもサイトマップというのは、Webサイトの構成をユーザーもしくはGoogleに明示するためのものを指します。

Webサイトの一般的な構造はトップページがあり、その下にカテゴリ、さらにその下に各種コンテンツというようなツリー構造になっています。Webサイト運営が長くなり、コンテンツ数が多くなるほどその構造は複雑になります。

複雑なWebサイトにガイドを設けないのは、ユーザーにとってもGoogleにとってもフレンドリーではありません。つまり、SEO効果が下がります。だからこそ「HTMLサイトマップ」や「XMLサイトマップ」を作成し、ユーザーとGoogleに対して「このWebサイトはこんな構造をしていますよ」と伝えるのです。

 

サイトマップを作成するメリット

サイトマップを作成するメリット
では、「HTMLサイトマップ」と「XMLサイトマップ」ごとにサイトマップを作成するメリットをご紹介します。

HTMLサイトマップの場合

皆さんはWebサイトで目的のコンテンツを探すのに時間がかかり、ストレスを感じた経験はないでしょうか?そんな時はHTMLサイトマップを利用すると、目的のコンテンツを短い時間で探し出せるかもしれません。

ただし、必ずしも全てのWebサイトがHTMLサイトマップを備えているわけではありません。Webサイト運営者自身が作成し公開しなければならないからです。

ユーザーの中にはHTMLサイトマップをよく利用するという方もいるので、HTMLサイトマップを作成しておくとそうしたユーザーのストレスを少しでも軽減できます。つまり、Webサイトの利便性が上がり、リピーターになる可能性が高まるのです。

より多くの人にたくさんアクセスしてもらえれば、Googleからの評価も当然上がり、SEO効果も高まるでしょう。HTMLサイトマップを作成したら100%評価が上がるわけではありませんが、あると便利なのは確かです。

XMLサイトマップの場合

一方で、XMLサイトマップはWebサイトに投稿したコンテンツが、少しでも多くGoogleにインデックス(登録)されるために欠かせません。

XMLサイトマップとはいわばWebサイト全体のコンテンツURLをリスト化したファイルであり、これをGoogleに知らせることでクローラーがWebサイトを回遊しやすくなります。Webサイト内のコンテンツはGoogleにインデックスされ、検索結果に表示されるようになるので必然的にSEO効果が高まります。

従ってXMLサイトマップはSEO対策テクニックというより、「SEO対策上不可欠な要素」と言えるでしょう。次項にて、そんなXMLサイトマップをGoogleに送信する方法をご紹介します。

 

XMLサイトマップをGoogleに送信する方法

XMLサイトマップをGoogleに送信する方法
SEO対策ではHTMLサイトマップも重要ですが、XMLサイトマップはSEO対策の基礎です。そのためここではXMLサイトマップをGoogleに送信する方法をご紹介します。

XMLサイトマップを送信するにはGoogle Search Consoleを使います。Google Search Consoleを知らないという方は、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

関連記事:Googleサーチコンソールの使い方を初心者向けに解説

Google Search Consoleにアクセスしたら、画面左のメニューで「サイトマップ」をクリックします。すると「新しいサイトマップの追加」の下にURL入力欄が表示されるので、XMLサイトマップを送信したいWebサイトのURLに続いて「/sitemap.xml」を入力して「送信」をクリックしましょう。

以上でXMLサイトマップの送信は完了です。簡単ですね。その後は何度もXMLサイトマップを送信する必要はありません。Google Search Console上で一度送信すれば、定期的にXMLサイトマップが送信されてWebサイト構造をGoogleに通知してくれます。Webサイトに新しいコンテンツを追加した場合でも、XMLサイトマップの送信は不要です。

 

プラグインを使って手軽にサイトマップを作成しましょう!

プラグインを使って手軽にサイトマップを作成しましょう!
SEO対策上、HTMLサイトマップもXMLサイトマップも欠かせません。しかし、どのようにして作成すれば良いのか?

まずXMLサイトマップの場合、Google Search Consoleへ送信する前にサイトマップを作成する必要があります。WordPressのプラグインである「All in One SEO」ならXMLサイトマップを簡単に作成できるので、ぜひ活用してください。All in One SEOについては以下の記事で解説しています。

関連記事:WordPress のプラグイン「All in One SEO」とは

HTMLサイトマップに関しても、WordPressのプラグインで手軽に作成できます。人気があるのは「PS Auto Sitemap」というプラグインで、日本語化されており簡単操作でHTMLサイトマップが作れます。HTMLサイトマップは独自に固定ページを作成する方法もありますが、更新が大変なので技術的に難しいという方はプラグインでの作成をおすすめします。

HTMLサイトマップもXMLサイトマップもWordPressのプラグインを使えば手軽に作成でき、かつSEO対策において大切な要素を満たすこともできるので、まずは該当するプラグインをインストールし、実際に使ってみるといいでしょう。

タグ:

TOP