CONTACTCONTACT

Web集客におけるSEOとWeb広告の違いと正解

WEB集客におけるSEOとWEB広告について

Webサイトを利用した集客を行う場合、アクセス数やコンバージョン数を増やす方法は大きく分けて2種類あります。
一つはSEO対策、もう一つはWeb広告です。

Webからの集客を増やすにはどちらの手法が正解なのでしょうか。SEO対策とWeb広告の違いに触れながら解説していきます。
 

SEOとWeb集客

WEB集客におけるSEOとWEB広告について

SEO対策とはGoogleやYahoo!などの検索サイトで自社サイトを上位に表示させるための施策のことです。

検索結果画面の上位に表示されるほど、ユーザーのクリック率が上昇し、そのWebサイトに訪れる人が多くなります。
GoogleやYahoo!を使って商品やサービスを探すユーザーが増え続けている状況の中、自社のWebサイトを上位表示できるか否かは集客への効果を左右するでしょう。

SEOのメリット

まず、SEO対策を自社で行う場合は、基本的にはお金がかかりません。この点はリスティング広告などをはじめとするWeb広告とは大きく異なるポイントです。
また、自社のWebサイトのSEO上の評価を高めていくと、マーケティングにおける「資産」にすることができます。Web広告の場合は広告費がかかり続けますが、SEO対策はランニングコストがかかるわけではないので、中長期的にみれば費用対効果は優れているといえます。

SEOのデメリット

こうしたSEO対策の結果、集客力が高いWebサイトに生まれ変わるかもしれません。
ただ、SEOは目に見える成果がすぐに上がってくるわけではありません。効果が出るまでに時間がかかる点は前提として認識しておくべきでしょう。
また検索順位がどのように決まってくるかは自社の施策だけでなく、ほかのWebサイトの影響を受けます。SEO対策を行ったからといって確実に順位が上がるわけではないので、こちらも認識しておかなければなりません。また、Googleが実施するコアアルゴリズムアップデートによって検索順位が下落することもありますので、リスクがゼロとはいえません。

Web広告のメリット

Web広告のメリットは短期で成果を現れる点です。リスティング広告やディスプレイ広告を配信する際には、広告アカウントの作成から広告掲載まで最短1日で実施可能です。広告を配信してすぐにユーザーがクリックをして、それがコンバージョンにつながる可能性もあり、その点で集客上の即効性を備えているといえます。
また、広告を配信するターゲット層などを細分化できるため、狙っていきたい顧客層をコントロールできるのも特徴です。このあたりもWeb広告のメリットの一つです。

Web広告のデメリット

Web広告を利用した集客の場合、どんな方法を利用した場合でも少なからず費用が発生します。これがWeb広告のデメリットです。
費用の発生の仕方はWeb広告によってまちまちで、広告がクリックされたときに発生するものや、広告枠を購入した場合に発生するものなど複数のパターンがあります。商材によっては広告出稿における競争率が激しく、予想以上に広告費がかさむ可能性もあります。
 

SEOとWeb広告、どちらが集客に最適か

WEB集客におけるSEOとWEB広告について

SEOとWeb広告、どちらが集客上有利かというものではありません。Webマーケティングの軸として、可能であればどちらも行うべきです。
ただし、扱っているコンテンツや商材によってはどちらかに力を入れたほうが効率的な場合があります。また、前述したように、SEO対策は集客における「資産」にすることが可能であるため、将来にわたって効果を発揮するマーケティングの基盤を構築していきたい企業はSEO対策に取り組むべきでしょう。
その前提の上で、両者が適しているケースをご紹介します。

1.SEOが適しているケース

Web広告よりもSEOに注力すべきケースは、ユーザーが中長期で検討する商材を取り扱っている場合です。このような商材はユーザーがよく調査をして納得した上で問い合わせや購入の決断をする傾向にあるため、窓口となるWebサイトを上位表示できているかが、結果を左右します。ユーザーに価値のある情報を提供するコンテンツを作成し、選ばれる存在になることで競合と差別化を図ることができます。

2.Web広告が適しているケース

短期的な成果を求める場合は、Web広告が適しているでしょう。SEO対策は成果が出るまでに時間がかかる傾向にあるため、広告費をかけてでも短期的な売上を増やしたいという企業は、Web広告を実施するべきです。

全体最適でのWebマーケティングがベスト

SEO対策とWeb広告、それぞれの特徴をご説明しましたが、大切なのは全体最適の目線でWebマーケティングを推進していくことです。

SEO対策を実施することで自然検索からのアクセス数を増加させ、Web広告の実施により目の前のコンバージョン獲得やブランド認知を高めていく。また、SNS運用なども合わせて行う必要も出てくるでしょう。
このように、Webマーケティングの各施策を駆使し、全体での集客効果を最大化することが大切になります。

 

自社サイト目的に応じて検討しよう

WEB集客におけるSEOとWEB広告について
ここでは、SEO対策とWeb広告、2種類のWeb集客方法を見てきました。
Web集客において、どちらか一方が正しいというわけではありません。
ビジネス環境の変化が激しい状況においては、Webマーケティングの各施策を上手に組み合わせながら推進していくことが大切になります。SEO対策やWeb広告を全体最適の目線でアドバイスしてくれるプロに相談すると、なお良いでしょう。

タグ:

TOP