CONTACTCONTACT

SNS広告とは?種類や運用のポイントをご紹介

SNS広告とは?

SNS広告とは?種類や運用のポイントをご紹介

SNS広告とはFacebookやInstagram、TwitterといったSNS上で配信可能な広告です。総務省によるとSNSの利用率は全体で70%を超えているため、SNS広告は今大注目のWEBマーケティングです。
出典:総務省「令和2年通信利用動向調査の結果」

また、単に利用者数が多いという理由だけでなく「ターゲティングの精度が高い」「潜在顧客に情報を伝えられる」「広告への抵抗感が少ない」などのメリットもSNS広告が盛り上がっている理由です。

今回はそんな、SNS広告の種類や運用のポイントについてご紹介します。

SNS広告の種類

SNS広告の種類
企業が注目すべきSNS広告の種類は5つあります。実名登録制のFacebook、ファン層の獲得に有効なInstagram、キャンペーン展開に有効なTwitter、国内最大のユーザー数を誇るLINE、そして動画活用に有効なTikTokです。

各SNSはユーザーインターフェース(操作画面)が異なるので、広告の掲載場所も変わります。例えばTikiTokならアプリ起動時に全画面表示される動画広告が強みであり、インパクトの強い動画を用意してユーザーの興味をひく可能性があります。

SNSによってメインとなる年齢層も違います。10代・20代ならInstagramやTikTok、20代・30代ならInstagramとTwitter、40代・50代ならFacebookといったようにメインユーザー層の違いを理解した上で活用するSNSを選ぶことが大切です。

SNS広告の運用ポイント

SNS広告の運用ポイント
それでは、SNS広告を運用するにあたり意識すべき4つのポイントをご紹介します。

ターゲットを明確に

リスティング広告なら検索キーワードに合わせた広告出稿が可能です。一方、SNS広告はユーザーの属性情報、いいねしているページ、フォローしているアカウントなどに応じた広告出稿も可能が可能となっています。

つまりターゲティング精度が非常に高い反面、ターゲットをしっかりと明確にしないと高い広告効果は得られないということです。SNSによっては自社が保有する顧客データを紐づけることも可能なので、まずはターゲットを明確にしてリーチすべきセグメント(集団)を決めましょう。

次のアクションを考える

SNSに出稿する広告の目的とは何でしょうか?Webサイト・ECサイトへの集客、資料請求、問い合わせ、商品の購入など色々な目的があると思います。大切なのは、その目的を達成するためのアクションをユーザーにどう起こさせるかです。

従ってSNS広告に出稿する広告を作成する際は、常に「広告を見た次に取って欲しいアクション」を考えながら作成してください。また、目的と次のアクションを明確にすることで、広告効果を測定する指標も異なってきます。

魅力的な見せ方を考える

前述したTikTokの全画面動画広告や、複数の写真や動画をスワイプして表示できるFacebookのカルーセル広告など、SNS広告には多様な見せ方があります。広告の目的と次のアクション、そしてターゲットとなるセグメントに応じて最も魅力的な見せ方は何かを考えてみましょう。

SNS広告に対するユーザーの反応は正直です。興味が無ければ無視され、興味を持てばクリックしてくれます。

複数の広告を用意する

ユーザーの反応を測定するためにも、複数の広告を用意しておきましょう。例えば2つの広告を用意してどちらの方が効果が高いかを測定する「A/Bテスト」などを実施してみます。その結果、反応が良い広告の出稿を継続し、さらに改善を繰り返していきます。

また、同じ広告を出稿し続けていると割と早い段階でユーザーに飽きられてしまうので、マイナーチェンジでも良いので広告を更新し続けることも大切です

SNS広告の活用事例

SNS広告の活用事例
ここでは、サントリー食品インターナショナル株式会社(以下サントリー食品)がTikTokの広告を活用した事例をご紹介します。

サントリー食品は2021年7月の新商品「クラフトボスストレートティー」の発売に合わせて、TikiTokのインフィード広告※である「TopView」と「Brand Premium」を活用しています。
※SNSのフィード(タイムライン)の最上部や、コンテンツ間に表示される広告のこと

TikTok広告のTopViewとは1日1社限定の、アプリ起動時に大画面表示される動画広告です。15秒の動画がTikTokを起動するとインフィード最上部に音声付きで再生されます。Brand Premiumとは最大60秒の全画面動画がおすすめ投稿内に表示されます。

サントリー食品が出稿した広告は元々テレビCMや動画広告用に製作した映像を、動画広告用に編集したものです。動画を編集するにあたり意識したのは、「躍動感を伝えること」でした。

動画は2人の役者が視聴者に語りかける内容なので、確かに横型動画よりも縦型動画の方が臨場感があります。また、TikTokは短尺動画なので最後まで視聴された割合を示す完全視聴率は高いと考えられるものの、画面をスクロールされる可能性を考えて「ブランドロゴを最初から大きめに配置する」などの工夫が施されています。

TopViewは1日1社限定ということもあり、1回の出稿が625万円~となっています。一方、Brand Premiumはインフィード広告の中で最も安く1回の出稿で42万円~となっています。どちらもインプレッション課金(表示回数に応じた課金形式)です。

この事例のようにSNS広告では、配信媒体の特徴や費用対効果、課金形式、プロモーションの目的などの各要素をうまく組み合わせて検討・実行していくことが求められます。

出典:TikTok For Business「16:9の横型動画をTikTok広告にも活用。縦画面・フルサイズに編集し好意度と購入意向がアップ!【サントリークラフトボス】」

SNS広告を始めましょう!

SNS広告を始めよう
GoogleとYahoo! JAPANの検索結果画面だけに表示されるリスティング広告と違って、SNS広告は様々なプラットフォームと多彩な表示形式が用意されています。
それぞれの特性を理解しながら活用すれば高い広告効果が期待できるので、この機会にぜひSNS広告のスタートを検討してみてください。各SNS広告については以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

関連記事:Facebook広告とは?始め方とメリットを解説
関連記事:LINE広告とは?始め方を初心者向けに解説

タグ:

TOP