CONTACTCONTACT

Web広告とは?種類ごとの特徴と集客へのメリットを解説

Web広告とは?種類ごとの特徴と集客へのメリットを解説

Web広告の種類ごとの特徴と集客へのメリット

近年、マーケティングの手段として存在感が高まっているのが「Web広告」です。
こうしたWeb広告を活用してプロモーションやブランディングを行う企業も増えており、広告費用全体ではテレビCMや雑誌広告といったマス広告を凌駕する存在となっています。
ここでは、Web広告の種類ごとの特徴と集客上のメリットについて解説していきます。

Web広告とは何か?

Web広告は「インターネット上に掲載される広告」であり、リスティング広告やディスプレイ広告、動画広告といった形でインターネット上のWebサイトやアプリに掲載されます。

メディアサイトやブログサイト、検索エンジンの検索結果ページ、SNSのタイムライン上などに掲載されるため、インターネットを利用しているユーザーに向けて自然な形で商品やサービスの宣伝を行うことができます。

Web広告の特徴

Web広告の大きな特徴は、プロモーションの目的に応じて柔軟に広告を配信できる点です。
テキストだけの広告、画像とテキストを組み合わせたバナー広告、動画形式の広告、SNS上の広告などがあり、それぞれの媒体で期待できる効果や訴求のプロセスが異なります。

テレビCMなどのマス広告はそれぞれの媒体である程度フォーマットが決まっており、広告を届けられるのはそれらを利用するユーザーに限られることがほとんどです。

一方でWeb広告は、広告を表示するターゲットを絞って掲載することができ、配信する手法や媒体も柔軟に選べることから、より的確に商品やサービスのプロモーションを行うことが可能です。

Web広告の種類

Web広告の種類

そんなWeb広告について、具体的な種類をいくつか紹介していきます。
プロモーションの目的や商品・サービスの特徴に応じて適切な種類を選択できると、より集客効果が高まります。

リスティング広告

Web広告でもっともポピュラーなのが「リスティング広告」です。
GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果ページに掲出される広告で、検索連動型広告とも呼ばれます。
ユーザーが何かしらの課題を解決するために検索したキーワードに連動した広告が表示されるため、顕在層に近いユーザーに配信することができます。
広告費用はユーザーが広告をクリックした際に発生するため、リーズナブルで「お試し」で気軽に掲載できる点は、リスティング広告のメリットといえるかもしれません。

ディスプレイ広告

「ディスプレイ広告」は、Webサイトやアプリなどに設置された広告枠に表示されます。画像形式の広告をよく目にしますが、テキストのみの広告や動画形式の広告もディスプレイ広告の一つです。
前述したリスティング広告とは異なり、画像などのクリエイティブを通じてビジュアル訴求ができることが特徴で、これから商品・サービスを検討する潜在層に向けた手法としても有効です。

純広告

「純広告」はマス広告でよく耳にする言葉ですが、Web広告にもあります。その多くは規模の大きなサイトで独自の広告枠を設置しています。これをディスプレイ広告と区別して純広告といいます。
Yahoo!など有名な掲載先のメディアに一定期間掲載されることから、より広いユーザー層に対して商品やサービスをアピールできます。ただし純広告の場合は広告費用がかさんでしまうので、予算が限られている企業は注意が必要です。

動画広告

ポピュラーな形式になりつつある「動画広告」は、YouTubeやTwitter、Instagramといった媒体で多くの企業が掲載しています。商品やサービスへの関心が低い層への訴求やキャンペーンの周知などに利用されるケースが多いのが特徴です。
動画で伝えることのできる情報量はテキストや画像を使用した広告と比べると段違いであるため、適切に用いれば高い広告効果が期待できます。

SNS広告

Facebook、Twitter、Instagramなどソーシャルネットワークサービスに配信される広告がSNS広告です。
SNSではユーザーに関する年齢や性別などのパーソナルな情報が集まりやすく、そうした情報を活用して広告を配信することできます。より細かいターゲティングが可能なのが、SNS広告の特徴の一つです。

記事広告

「記事広告」は近年急激に増加したWeb広告です。Webサイトにほかの記事と混じって表示されるPR記事で、その掲出先のWebサイトやブランドなどと連携して記事広告を掲出することが多く、タイアップ広告とも呼ばれます。いわゆる「The・広告」ではないので、広告ではあるもののユーザーにマイナスの印象を抱かせにくくなります。そのためセールス色を抑制しながら訴求したい場合に効果的です。

メール広告

「メール広告」にはメール自体が広告の場合と、メールマガジンの広告枠に広告を掲出する2つの種類があります。前者は、商品購入者やメールアドレス登録者に向けてメールマガジンとして広告を送る形になります。
メールマガジンの広告枠に掲載する場合は、枠を買い付けて1回あたりいくら、何通送っていくらといった形で費用が発生します。
読者が多いメールマガジンや自社の商品やサービスと親和性のあるメールマガジンへの掲出であれば、高い広告効果が見込めるかもしれません。

Web広告のメリット

Web広告のメリット

では、Web広告にはどのようなメリットがあるのか?Web広告のメリットを活かしてWeb集客に取り組むことで、集客効果が大きく変わってくるでしょう。ここでは、Web広告が持つ3つのメリットを整理します。

費用対効果が良い

マス広告との比較になりますが、費用対効果の高さはWeb広告の大きなメリットです。
費用対効果の高さは、ユーザーのニーズや行動に対して、広告を使ってダイレクトにアプローチできることに起因しています。

たとえば検索を行って調べ物をするとき、何かの悩み事を解決するために行うこともあると思います。そうしたユーザーの悩みや欲求にマッチした広告を掲出すれば、購入に至る可能性も高くなるはずです。
テレビCMは欲求を喚起するだけで、そのまま商品購入に至ることはありませんが、Web広告なら直接Webサイトで問い合わせや購入することができます。
その意味で、費用を抑えながら「すぐに」成果を獲得しやすいのが、Web広告の特徴です。

正確なターゲティングが可能

ターゲット層を絞る、逆に広めにスタンスをとることができるのもWeb広告の集客メリットです。
テレビCMや新聞広告等のマス広告は、年齢や性別を問わず無差別に配信するケースが大半です。
一方でWeb広告は、年齢や性別だけでなく、居住地やユーザーの興味関心等のより細かいデータをもとに広告を配信できるため、精度の高いターゲティングが可能です。

顧客データの獲得に繋がる

広告をクリックした人がどこからきたのか、購入した人はどんな経路でコンバージョン(問い合わせや購入)に至ったのかをある程度追跡できるのもWeb広告の特徴です。そういった点でマーケティング戦略を練るためのデータを整備しやすくなります。

また一度購入したお客さんに対して、再度アプローチをかけて上客を育てていくなどの手法も可能であり、集客上の直接的な効果も見込めます。

Web広告を実施して集客に繋げよう

Web広告を実施して集客に繋げよう

Web広告にはさまざまな種類があるため、集客に繋げるには、商品・サービスの内容、ターゲット層などを考慮して、最適な媒体に出稿していく必要があります。
商品やサービスの特性によって最適な媒体は異なるため、時にはプロに相談しながら取り組むと良いでしょう。

タグ:

TOP