CONTACTCONTACT

EFO(エントリーフォーム最適化)とは

企業がWebサイトを運営しコンテンツを投稿する目的は、詰まるところ「集客」です。GoogleやYahoo!からの自然流入を増やし、資料請求や問い合わせ、無料トライアル実施などのコンバージョンを獲得するのが主な目標になります。

そのために必要な施策はSEO(検索エンジン最適化)だけではありません。今回ご紹介するのは、SEO対策とは別の観点で重要な「EFO(エントリーフォーム最適化)」です。EFOを実施するだけで、コンバージョン数を引き上げることも可能。ぜひ、参考にしてください。

 

EFO(エントリーフォーム最適化)とは?

EFO(エントリーフォーム最適化)とは
EFOとはWebサイトに設置されたエントリーフォームを最適化する施策です。ちなみにエントリーフォームとは、コンバージョンを獲得するにあたりユーザーが氏名や住所等の個人情報を入力する部分を意味します。

Webサイトでコンバージョンを獲得するためには必ずエントリーフォームが必要です。このエントリーフォームを最適化してコンバージョン数の改善を行うのがEFOの役割になります。

LPO・CROとの違い

EFOに類似した施策に「LPO(ランディングページ最適化)」と「CRO(コンバージョン率最適化)」があるので、違いを明確にしておきましょう。

LPOはランディングページを最適化する施策です。ちなみにここで言うランディングページとは、商品やサービスの購入、セミナーへの参加などを促すページのことです。「GoogleやYahoo!での検索から最初に着地したページ」ではありません。LPOではキャッチコピーやビジュアルの変更、コンテンツの構成や配置を変えるなどページ全体の改変を実施するケースが多いでしょう。

CROはWebサイトの目標となるコンバージョンを向上するための施策です。コンテンツ内のCTAボタン(行動を喚起するボタン)のテキストや色の変更、ターゲットの変更などが該当します。EFOはWebサイトのコンバージョン数を向上するのが目的なので、CROの一種とも言えます。

 

EFOはなぜ必要なのか?

EFOはなぜ必要なのか
Webサイトの集客効果は「流入数×コンバージョン率」という簡単な式で表せます。従って、集客効果が弱いWebサイトは流入数かコンバージョン率のどちらかが低いということです。流入数は申し分ないのに集客効果が弱いと感じるのならば、そのWebサイトのコンバージョン率を向上しなければいけません。

そこで重要なのがEFOです。前述のように、エントリーフォームにおける送信ボタンのテキストを変更しただけでコンバージョン数が2倍以上向上した事例があります。以下の画像は米オレゴン州に本拠を置くデジタルマーケティング企業のBeem Digital社のブログにて投稿された、EFOの事例です。

Beem Digital「10 Call-to-Action Case Studies w/ Takeaways & Examples from Real Button Tests」
出典:Beem Digital「10 Call-to-Action Case Studies w/ Takeaways & Examples from Real Button Tests」

これによると、スカンジナビア地域(ノルウェー、スウェーデン、デンマーク周辺)でメジャーなフィットネスジムのFitness Worldが同社サイトのエントリーフォームにおいて、送信ボタンのテキストを変更しただけでコンバージョン数が213.16%向上したと報告しています。

「Get your membership(会員登録する)」を「Find your gym & get membership(あなたのジムを検索し、会員登録する)」に変更しただけです。EFOが如何に重要かを、ダイレクトに伝えてくれる良い事例ですね。

Webサイトを利用するユーザーは膨大かつ細かい情報をもとに物事を判断しています。Fitness Worldの場合、「Get your membership」ではユーザーは動かなかったわけです。しかし「Find your gym & get membership」に変更した途端、コンバージョン数が2倍以上に増加したのですから、EFOに取り組む価値は大いにあるといえます。

 

EFOでチェックすべき5つのポイント

EFOでチェックすべき5つのポイント
それでは、自社サイトにエントリーフォームを最適化する際にチェックすべきポイントを5つご紹介します。

必須項目を明確にする

ユーザーは面倒を嫌います。従って、エントリーフォームで要求される全ての情報を入力するとなると、離脱率が高まるでしょう。入力情報における必須項目を明確にし、任意入力欄を設けてユーザーの面倒を減らしましょう。

入力ミスをわかりやすくする

ユーザーからすると、自分が入力した情報が送信できない時にどこの箇所が入力ミスなのかがわからないと、離脱を考えてしまいます。パスワードの文字数や半角全角の違いなど、入力段階でミスがわかるようにするとユーザーの手間を省けます。

別ページへのリンクを極力減らす

どうしても必要でない場合は、別ページへのリンクを極力減らしてください。別ページへのリンクがあるとクリックしたくなる心理が働き、エントリーフォームから離脱してそのまま戻らない可能性もあります。

視線の流れを意識してボタンを設置する

人の視線は左から右へ、上から下へといった具合に「Z字」を描きながら遷移していきます。そのため単純に上から下へ入力するエントリーフォームか、「Z字」を描くような2カラム構成のエントリーフォームがおすすめです。

送信ボタンは他よりも目立たせる

送信ボタンはエントリーフォーム内のどの要素よりも目立たせましょう。また、単に「送信する」ではなくテキストを少し変えるだけでもコンバージョン数は変化します。可能なら2タイプの送信ボタンを用意してA/Bテストを実施し、より良い送信ボタンを設置しましょう。

 

EFOは継続的な改善活動が成功のカギ

EFOは継続的な改善活動が成功のカギ
SEO対策がそうであるように、EFOも一度実施して終わりではありません。ユーザーのニーズは常に変化しますし、その都度最適なエントリーフォームが変わります。従ってEFOは継続的に実施して、最適なエントリーフォームを追い続けてください。

まずは一歩を踏み出すことが大切。EFOでエントリーフォームを最適化し、コンバージョン数向上を目指しましょう。

タグ:

TOP