CONTACTCONTACT

SEOライティングのコツとは?上位表示させるためのポイントを解説

SEOライティングのコツとは?上位表示させるためのポイントを解説
Webサイトを通じて集客するWebマーケティングでは、Googleの検索アルゴリズムを理解して上位表示されるためのSEO(検索エンジン最適化)対策が欠かせません。そして、SEO対策と同様に大切なのが「SEOライティング」と呼ばれるテクニックです。

「しばらくWebサイト運営を行なっているが、なかなかコンテンツが上位表示されない」という悩みを抱えている方は、SEOライティングが正しく実施できていない可能性があります。今回はSEOライティングのコツをご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

そもそも、SEOライティングとは?

SEOライティングとは?
SEOライティングとは「SEO対策を意識しながらコンテンツを執筆すること」です。Googleは一貫してユーザーに有益なコンテンツを求めており、検索アルゴリズムを日々改良しています。従って第一に、「有益なコンテンツを作ること」がSEOライティングの基本です。

しかしながら単にコンテンツを執筆しただけでは、いくら有益なコンテンツでも上位表示されない可能性があります。つまりコンテンツを上位表示するためには、「ユーザーにとって有益な情報をSEOライティングのポイントを押さえながら作成すること」が重要になるわけです。

 

SEOライティング9つのコツ

SEOライティング9つのコツ
それでは実際に、SEOライティング9つのコツをご紹介します。ちなみに以下に挙げるコツは上位表示を保証するものではありません。SEOライティングを実施する上で必ず押さえておきたいコツです。

タイトル

Google検索から最初に目に付くのはコンテンツタイトルなので、タイトル決めは大切な要素です。タイトルの理想は32文字以内で、タイトルの中には検索上位化を図りたいキーワードを入れましょう。なぜなら、タイトルにキーワードが含まれていることでGoogleの検索エンジンがコンテンツの内容を理解しやすくなる効果があるからです。
なお、キーワードを入れ込む際は、目に付くように、可能な限りタイトルの前半に持っていきましょう。

また、ユーザーがクリックをしたくなるようなタイトル文を意識することも大切です。

見出し

コンテンツには中見出しをいくつか設けて文章を構成します。その際に大切なのが、見出しにも極力キーワードを入れることです。というのも、GoogleはまずWebサイト内コンテンツの見出しを参考にコンテンツの構造を理解しようとします。

さらに、見出しに含まれているキーワードも確認してテーマとの関連性を紐づけるのです。従って見出しにキーワードが入っている方が「このコンテンツはユーザーの検索意図にマッチしている」と判断されやすいのです。

リード文(導入文)

リード文は「当該コンテンツが読まれるか否か?」と「当該コンテンツをどう読むか?」を決める重要なパートです。ユーザーはリード文を読んだ時点で自分にとって有益かどうかを判断しているので、情報の提示や問題の提起など、ユーザーの興味を引くような内容でコンテンツをスタートします。

さらに、リード文にキーワードを入れることも意識しながら作成しましょう。

本文

本文を執筆する際はまず「結論ファースト」を心がけます。何かを説明する際はまず結論から述べ、次に理由、次に具体例、最後にまた結論という構成で本文を執筆すると、ユーザーに伝わりやすい文章を作成できます。

また、本文を執筆する際はできる限り難しい言葉は使わずに、シンプルな表現の方がユーザーの頭に入りやすい文章に仕上がります。

画像

画像は見出しごとに挿入するもの、それとコンテンツ内に挿入するものがあります。見出しごとに画像を挿入するのはコンテンツの視認性を高める効果と、ユーザーに飽きさせない効果があります。

また、挿入する画像には「alt属性」という説明文を挿入するのがSEOの観点では正解です。画像に説明文を加えることでGoogleが画像を認知し、画像検索に表示されやすくなる可能性があります。

タグ

コンテンツを構成するタグを正しく使用しないと、Googleはコンテンツの構造を理解できません。例えば見出しに設定する「hタグ」は、H1~H6まであります。H1はタイトルに付けるタグなので、中見出しをH2、小見出しをH3と付けるのが基本です。

箇所書きは中点(・)を使うのではなく「ulタグ(順序のないリスト)」または「olタグ(順序のあるリスト)」を使用し、「ここはリスト部分です」とGoogleが判断できるようにします。タグには適切な使い方があるので、それを覚えることもSEOライティングでは大切です。

メタディスクリプション

メタディスクリプションとは、Google検索の結果ページにてリンクが一覧表示された際に、タイトル下に位置する説明文のことです。タイトルと同様、この部分にキーワードを含むとGoogleの検索エンジンがコンテンツの内容を理解することを促進できるため、キーワードの入れ込みは必ず行いましょう。

また、説明文を読んで気になったコンテンツをクリックするユーザーも多いため、ユーザーが求めている内容が書かれていることを示した文章にしましょう。

E-A-T

E-A-TとはGoogleが品質評価ガイドラインで定めている三つの指標です。「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」の三つになります。それぞれの頭文字を取ってE-A-Tです。

E-A-Tが高いほど良質なコンテンツだと判断され、Googleからの評価が高まります。従ってSEOライティングをする際は、3つの指標を意識しながら執筆することも大切です。

>>SEO対策で重要なE-A-T(専門性・権威性・信頼性)とは

 

SEOライティングを実施しよう

SEOライティングを実施しよう
SEOライティングはコツを知ればそう難しいものではありません。しかし、小手先のテクニックを意識するあまり、ユーザーにとって有益なコンテンツに仕上がらない可能性もあります。Googleはあくまでユーザーに有益なコンテンツを求めています。その基準から外れると、どんなコンテンツも検索上位には表示されません。

SEOライティングを実施する際は常にユーザーを意識し、ユーザーにとって有益なコンテンツを追求しながらGoogleにも評価されるコンテンツ執筆を行っていきましょう。

タグ:

TOP