CONTACTCONTACT

インスタグラムのリールの効果的な使い方とメリットとは

インスタグラムのリールの効果的な使い方とメリットとは

SNSマーケティングを実施するプラットフォームとして人気のインスタグラム。アカウント運用によってフォロワーを増やすことで、多くの人に自社情報をリーチできます。
今回はインスタグラムを使ったSNSマーケティングにおける「リールの効果的な使い方」についてご紹介します。

そもそもリールとは何か?その基本情報から解説するので、インスタグラムでのSNSマーケティングに興味がある方はぜひ参考にしてください。

インスタグラムのリールとは?

インスタグラムのリールとは?

インスタグラムのリールとは動画投稿機能のことで、15〜30秒の短尺・縦長動画の投稿・視聴ができる機能です。スマートフォンの画面いっぱいに表示されるためインパクトが強く、SNSマーケティグで積極的に活用したい機能です。

インスタグラムユーザーが動画視聴をする際は、1つ1つの動画を吟味しながら視聴するというよりは「スクロールで流しながら観る」が基本です。
従ってリールは、ユーザーのスクロールに合わせて再生ボタンを押さなくても動画が自動的に再生されます。以下はリールの動画作成画面です。

インスタグラムのリールとは?

画面向かって左に5つのアイコンが縦に並んでいます。
これらは動画の視聴調整機能であり、上から音楽・動画の尺(15秒or30秒)・動画の再生速度(5倍速まで)・エフェクト(フィルターなど)・タッチアップ(明るさ)・タイマーが調節できるようになっています。

リールを活用するメリット

SNSマーケティングにてインスタグラムのリールを活用するメリットは「フォロワーの獲得数増加」です。これはリールが表示される場所が関係しています。リール動画が表示されるのは以下の4箇所となります。

  • フィード
  • 発見タブ
  • リール専用タブ
  • プロフィール画面のリールタブ

リールで投稿した画像は各ユーザーのフィードに表示される可能性があります。フィードに動画が表示されればフォロワーではないユーザーにも動画を届けることができ、自社の存在を知ってもらうきっかけになります。

リール専用タブも設けられているので、リール動画を視聴する目的のユーザーも多く効果的にリーチできる可能性があるのです。

昨今では動画を使ったマーケティングが高い成果を発揮していることから、リール動画を投稿してユーザーに好感を与えれば短期間でフォロワーを増やせるかもしれません。
リール登場以前はハッシュタグ(#)を使って検索上位に表示させたり、他のSNSからの流入を狙うなどの施策が必要でしたがリール動画投稿するだけでマーケティングの成果が期待できます。

ストーリーズとの違い

インスタグラムにはもう1つ代表的な動画投稿機能があります。それがストーリーズです。この機能では60秒の動画を15秒ずつに分けて投稿でき、投稿した動画は24時間で自動的に削除されるようになっています。

ストーリーズの登場により動画投稿が気軽に行えるようになり、ストーリーズの機能的成功によりインスタグラム上での動画投稿が活発になったと言っても過言ではありません。

リールの効果的な使い方

リールの効果的な使い方

では、インスタグラムのリールを効果的に使うための方法をご紹介します。

リール投稿が向いている商材

リール投稿は15〜30秒の短尺動画なので、マーケティングに向いている商材と向いていない商材があります。向いているのは主に以下のような商材です。

  • アプリ、ソフトウェア
  • 食品、飲料品、衣類品
  • テレビ、Webメディア
  • 髭剃りなどの日用品

15秒再生に合わせて動画の尺は15秒で作成するのが一般的なので、文章での説明が必要なのは不向きな傾向があります。まずは自社商材がリール動画に向いているかいないかの判断をしましょう。

30秒以上の動画を投稿したい場合は通常のフィード投稿、もしくはストーリーズでの投稿を検討しましょう。

インパクト重視の動画で惹きつける

リールに投稿され、「いいね」やコメントを多数集めている動画はインパクトが強いものが多いです。
例えば以下のリール動画はインパクトの強さから50万近い「いいね」を集めており、マーケティングなら大成功です。

https://www.instagram.com/reel/CGekfFEnsc4/?utm_source=ig_web_copy_link

ちなみに動画は数千万回再生されています。こうしたインパクト重視の動画でユーザーを惹きつけ、「いいね」やコメントを集めるのがリールを使ったSNSマーケティングの基本です。

クリエイティブな動画制作を学ぶ

上記のリール動画のように「クリエイティブな動画」とはCGを使ったり、特殊な撮影方法を行ったりする必要はありません。アイディアがあればどんな企業でもクリエイティブな動画を制作できます。

そうして制作した動画こそリールでは「いいね」やコメントを多く取得できます。如何にしてユーザーからの反応を得られるかが重要です。

また、一部のリールには「注目ラベル」が貼られます。これはエンターテイメント性が高い動画をインスタグラムのキュレーターが選出した動画であり、「注目ラベル」を貼られることでユーザーからの注目度も自然と高まり、より多くの「いいね」やコメントを集められるかもしれません。

従って現時点でフォロワー数が少ないとしても、リールを使った動画マーケティングには「注目ラベル」が貼られるという可能性があります。

インスタグラムのリールで動画をどんどん投稿しよう

インスタグラムのリールで動画をどんどん投稿しよう

リール動画は一球入魂で制作するよりも、アイディアをどんどん形にしていくつも動画を投稿し、効果検証を素早く行ってPDCAサイクルを回すことが大切です。
その中でユーザーに好まれる動画の特徴などを学んでいき、次第にリーチ力を高めていきます。これを機に、リールを使ったSNSマーケティングに取り組んでみてはいかがでしょうか?

タグ:

TOP