CONTACTCONTACT

弁護士事務所の効果的な集客方法とは?

弁護士事務所の効果的な集客方法とは?

素晴らしい仕事をする弁護士事務所も、正しい集客方法でしっかりと成果を上げなければ受注数はアップしません。多くの人がGoogleやYahoo!を使って情報検索を行なっているので「マーケティングが上手い弁護士事務所」の方が、受注数が必然的に多くなります。

では、弁護士事務所の効果的な集客方法とは何でしょうか。今回はインターネットを使ったWebマーケティング・Web集客をテーマに、弁護士事務所の効果的な集客方法についてご紹介します。

弁護士事務所の効果的な集客方法

弁護士事務所の効果的な集客方法

ブログ運営でGoogleからのアクセスを集める

ホームページを所有している弁護士事務所は多いでしょうが、ブログを運営している弁護士事務所は多くありません。

本業に集中できなくなる、Web集客に懐疑的などブログ運営を行わない理由は色々とあるでしょうが、最も効果の期待できる集客方法です。

ブログ運営による集客とは「コンテンツを投稿する→Google検索で表示される→ユーザーが調べる→コンテンツを見つける→Webサイトに訪問する」というのが具体的な流れになります。もちろん、言葉で説明するほどシンプルなものではありませんが、成功した際の効果は絶大です。

冒頭で述べたように多くの人がGoogleやYahoo!を使って情報収集を行います。「弁護士に仕事を依頼したい」と考えた時も例外ではありません。大半の人は弁護士とのコネクションを持たないので、Googleなどで情報収集してどこに依頼すべきかを見極めているのです。

その最中、自社のWebサイトやコンテンツが検索結果の上位に表示されるとどうでしょうか?ユーザーは気になりクリックし、その弁護士事務所の存在を知り、興味が湧きます。「Googleで上位表示される」ということ自体、そのコンテンツが有益だということをユーザーは知っているからです。

弁護士事務所のWebサイトでは流行り廃りのない情報を掲載できるケースが多く、ロングテールSEOと呼ばれる中長期的なSEO対策を実施できます。従って一度集客に成功すればその効果が持続され、集客数の大幅アップに繋がります。

関連記事:ホームページ集客のSEO対策とは

ウェビナーでクライアントとの接点を作る

ウェビナーとはオンラインで実施するセミナーのことです。弁護士などの士業はクライアントとの信頼関係が最重要であり、「この先生なら信頼できる」と思われることが仕事受注に繋がります。

そのためにまずやるべきは「クライアントとの接点作り」です。初めに接点がなければ信頼関係を築くこともできません。ウェビナーでその接点を作り、信頼関係構築の起点にするのです。

ウェビナーはブログ運営を合わせると効果的な集客方法です。単にウェビナーを実施してもその存在が知られていなければクライアントは集まらないので、ブログ運営を通じて多くの人々にウェビナー開催を認知してもらいます。

また、ウェビナーは無料個別相談のハードルを下げるのに一役買ってくれます。弁護士事務所では無料個別相談サービスを提供しているところが多いですが、多くの人は「相談後に営業されるのでは?」と心配しています。

もちろん相談後の営業は目的の1つですが、まずは接点を作らないことには集客効果も生まれません。

ウェビナーは弁護士1人対複数クライアントが基本なので、参加しやすい雰囲気を演出し、その中で無料個別相談など次のステップへとつなげやすくなります。

地域密着型の弁護士事務所はMEO対策をしっかりと

個人で営業している弁護士事務所の場合、大手事務所と比べると商圏範囲が限られます。しかし地域密着型を強みにすれば大手事務所にも負けずに仕事を受注できるので、そのためにもMEO対策を徹底しましょう。

MEO対策というのはGoogleマップにおいて、自社の弁護士事務所の露出を増やすための集客方法です。具体的にはGoogleマイビジネスというツールを使って、事務所情報を登録します。

するとGoogleマップ上に事務所情報が掲載されるようになり、クチコミも管理できます。

Googleマイビジネスを使えばWebサイトにクチコミ機能を付けなくてもクチコミ管理ができるので、事務所の評判を広める上で便利なツールです。地域密着型の弁護士事務所で集客するならMEO対策は必須なのでお忘れなく。

関連記事:MEO対策ってどうやるの?具体的な方法について紹介

SNSアカウントの運用で露出度を高める

インターネット上での露出度を高めるにはSNSを存分に活用しましょう。Facebook、Twitter、Instagramなど多数のSNSが存在し、それぞれ数千万単位のユーザーが利用しています。

SNSアカウントの運用すればそれだけで露出度が高まり、各集客方法の施策効果が高まるかもしれません。

ただし、弁護士事務所のSNS活用は慎重に行う必要があります。ちょっとした不適切発言でバッシングされる時代であり、SNSはその中心です。

よく政治家や芸能人がSNS上で不適切発言をして炎上していますが、弁護士事務所にもそのリスクが十分あります。

政治家や芸能人ならテレビを通じて謝罪の機会を設けられますが、弁護士事務所はそうではありません。SNSアカウントが一度炎上すれば信用に傷が付き、受注数が減少することも考えられます。

ただし「両刃の剣」として恐れるのではなく、正しく運用すれば立派なマーケティングツールになることを念頭に置きましょう。

関連記事:SNSマーケティングの方法・メリットとは

インターネットは弁護士事務所の集客方法の中心

インターネットは弁護士事務所の集客方法の中心今回ご紹介した方法以外にも、弁護士事務所の集客方法として有効なものがたくさんあります。いずれもインターネットを中心とした施策であり、これからの時代は弁護士事務所もWebマーケティングが基本です。

まずはブログ運営を起点に中長期的な集客方法を実行し、徐々に他の集客方法も取り込み相乗効果を狙っていきましょう。正しくWebマーケティングを実施すれば、効率良く集客数や受注数をアップできます。

タグ:

TOP