CONTACTCONTACT

WEBマーケティングにおける競合調査とは?

WEBマーケティングにおける競合調査とは?

WEBマーケティングにおける競合調査とは?

「競合調査」は一般的に、市場における他企業の商品やサービスの特性などを分析し、自社ビジネスについて考えるための活動です。実はWEBマーケティングの世界でも競合調査は重要であり、WEBサイトを通じて効率良く集客するには市場競争に似た戦略を取る必要があります。

今回はそんな、WEBマーケティングにおける競合調査についてご紹介します。

そもそも競合調査とは?

そもそも競合調査とは?

競合調査とは同じ市場において顧客層を共有するライバル企業を分析する活動のことです。ライバルについてあらゆる視点で情報を集め、分析し、商品やサービスの特性を理解し、強みと弱みを把握します。

ではなぜ競合調査を行うかというと、それは「自社ビジネスを正しくデザインするため」です。たとえば自社が新規参入する市場において、トップシェアを持つライバルと同様の商品やサービスを展開しても認知度などの要素から勝ち目はありません。

一方で、市場のライバル企業を分析するとそれぞれの特性やポジションを把握でき、「競合他社と市場においてどう戦うべきか?」を考えつつ自社ビジネスを正しくデザインできます。

競合調査はリスクマネジメントにもなる

近年、デジタルディスラプション(Digital Disruption)と呼ばれる変革が多くの市場で起きています。「Airbnb」や「UberEATS」などに代表される、新しいテクノロジーとビジネスモデルをかけ合わせてこれまでとは全く違った体験価値を生み出す事象のことです。

デジタルディスラプションは市場の既存企業にとって大きな脅威になると同時に、チャンスでもあります。市場変革の兆候をキャッチし、その波に乗るようビジネスを順応させれば市場シェアの保持や拡大に繋げられる可能性があるのです。

競合調査では市場の既存企業について分析するだけでなく、「今後市場へ参入し変革を起こしそうな企業」についても調査することでリスクマネジメントとして実施できます。

WEBマーケティングの競合調査方法

WEBマーケティングの競合調査方法

では、WEBマーケティングではどのようにして競合調査を行えばよいのでしょうか?その方法をご紹介します。

キーワード検索でライバル企業を整理する

WEBマーケティングでは一般的に、Webサイトコンテンツを継続的に投稿してGoogleからの流入を狙います。Google検索にて自社コンテンツが上位表示されなければ集客数は激減するため、まずはメインキーワードごとのライバル企業を整理しましょう。

一番手軽な方法は「実際に検索する」です。上位表示を狙っているメインキーワードをGoogleで検索し、どのWebサイトのどのコンテンツが上位表示されているかを整理しましょう。

たとえば地方都市で工務店を営んでいる場合、「工務店+地名」や「注文住宅+地名」などがメインキーワードとして設定することが多いでしょう。これらのキーワード検索で上位表示されるのがライバル企業であり、競合調査の対象になります。

ライバル企業ごとの情報を整理する

整理すべき情報は基本的な企業情報に加えて商品やサービスの情報、最も重要なのはWebサイト情報です。どのようなデザインか、アクセス数はどれくらいか、コンテンツの数、カテゴリなどの情報を揃えていきます。Webサイトごとの「ドメインパワー(ドメインの強さ)」を把握しておくのもおすすめです。

大まかなアクセス数なら「Similar Web(シミラーウェブ)」というツールで調査できます。Similar Webにアクセスしたら調査対象のURLを入力するだけです。ただし、アクセス数が少ないと表示されないので注意してください。

Similar Web

フレームワークを使って分析する

WEBマーケティングの競合調査で欠かせないのがいくつかのフレームワークです。これは「分析の型」のようなもので、フレームワークに情報を当てはめるだけでマーケティング戦略のヒントが見えてきます。主な下記のフレームワークを使用しましょう。

  • ・マーケティング4P
  • ・SWOT分析
  • ・クロスSWOT分析
  • ・3C分析

各フレームワークの詳細については以下の記事からご確認ください。

関連記事:マーケティングの4Pとは?Web集客での活用法もご紹介

上記の他にもフレームワークはたくさんあります。書籍で学んでも良いですし、Google検索で情報を得るのも良いでしょう。吸収したフレームワークは実践で試してみて、自身にマッチするものかどうか確かめましょう。

ライバル企業の長所からも短所からも学ぶ

競合調査で最も大切なのは調査を通じて得られたあらゆる情報から学び、自社サイトのWEBマーケティングについて考えることです。

よくあるミスが「競合調査を行い、そこで終わってしまう」です。競合調査を通じて得た情報は自社サイトのWEBマーケティングに活かさなければいけません。調査して「なるほどライバル企業はこんな感じか」と納得するだけでは調査する意味がないのです。

そして、ライバル企業の長所からも短所からも学べることがたくさんあります。長所は真似て、短所は反面教師にする。そうすることで効率良く自社サイトの成長へと繋げられます。

WEBマーケティングを始める前に競合調査を

WEBマーケティングを始める前に競合調査を

WEBマーケティングに取り組む企業の中には、競合調査を行わないで自社サイトのコンテンツをどんどん投稿していくケースがあります。しかしそれでは闇雲にWEBマーケティングに取り組んでいるだけになり、効率良く集客へ繋げられません。

肝心なのは「自社サイトに必要な戦略を知り、実践すること」なので、やはり競合調査を行なった上で自社のWEBマーケティングをデザインしていくことが大切です。

これからWEBマーケティングに取り組む方も、すでに取り組んでいる方も競合調査の大切さを理解し、自社サイトを効率良く成長させるための戦略立案に活用していきましょう。

タグ:

TOP