CONTACTCONTACT

インハウスSEOとは?メリットとデメリットを解説

SEO対策を使ったWeb集客を実行するには外部のSEOコンサルタントに依頼する方法と、社内で実施する方法があります。後者を「インハウスSEO」と呼び、持続的なWeb集客を目指す企業にとって避けては通れない道です。

本記事ではそんなインハウスSEOとは何か、そのメリットデメリットをわかりやすく解説します。

インハウスSEOとは?

インハウスSEOとは?

インハウスSEOとはいわば「内製されたSEO対策」です。ちなみにSEO対策はGoogleに認識・評価されやすいWebサイトを作るための知識・技術を指します。
SEO対策の基礎から知りたい方は以下の記事をご一読ください。

関連記事:ホームページ集客のSEO対策とは

サイト運営を通じたWeb集客に取り組んでいる企業の多くは、SEO対策を外部のSEOコンサルタントに依頼しています。WebサイトがGoogleに正しく認識・評価されるには、プログラミングからデザインに至るまでSEO対策を講じなければいけません。

SEO対策をゼロから学ぶこともできますが、時間と労力がかかるためSEOコンサルタントに依頼する方が短期間でWeb集客効果が生まれ、結果として費用対効果も高くなるのです。

しかし、全てをSEOコンサルタントに頼るのは好ましくありません。Webサイトの質を向上し、より高い集客効果を目指すには当事者である経営者、またはホームページ担当者がSEO対策へ積極的に取り組み、企業やブランドのカラーを作り上げていく必要があるのです。

インハウスSEO実現までの3ステップ

では、どうすればインハウスSEOを実現できるのか?簡単に3つのステップでご紹介します。

  1. インハウスSEOを視野に入れて支援してくれるSEOコンサルタントを探す
  2. 支援を受けながらインハウスSEO実現のためのノウハウを徐々に築く
  3. 一部のSEO対策をSEOコンサルタントの手から離れて内製で実施し始める

ステップとしては単純です。ただし言葉で説明するほど簡単ではなく、最も大切なのは「当事者がSEO対策へ積極的に関わろうとする」ことです。

せっかくSEOコンサルタントへ依頼したにもかかわらず、何かと理由をつけてSEO対策に消極的な方は多くいらっしゃいます。しかし、待っているだけではSEO対策の深い知識・技術を身につけることはできません。

最初は「何がわからないか、わからない」など苦しい状況かもしれませんが、少しでも疑問に感じたことはどんなことでもSEOコンサルタントに質問しましょう。インハウスSEOが最終的な目標ですから快く答えてくれますし、自ら疑問を持つことで初めて知識・技術を吸収する土台が作られます。

インハウスSEOのメリット

インハウスSEOのメリット

インハウスSEOを実現するとSEO対策を内製で行えるため「依頼費用が削減される」というメリットが生まれます。多くの方はコストメリットに注目しますが、一番注目すべきメリットは「Web集客の効率化」です。

SEO対策を内製で行うとそれだけコミュニケーションコストが少なく済みます。つまり新しい施策を展開するにも素早く実行でき、かつ効果検証や改善もスピーディなのでWeb集客が大いに効率化するのです。

SEO対策を使ったWeb集客は一度やって終わりではありません。持続的に行ってこそ効果を最大化できるため、インハウスSEOを実現するとより早く最高目標に達することができます。その後の取り組みもスピーディなので、どんどんSEO対策を改善していけるというわけです。

また、SEO対策のノウハウがあれば新規事業、新しい商品やサービスを展開した際のWebマーケティングもスムーズに実施できます。モノが溢れている時代、商品やサービスを開発する力よりも「売る力」が重視されているので、SEO対策は現代ビジネスの必須スキルと言えるでしょう。

インハウスSEOのデメリット

インハウスSEOのデメリット

インハウスSEOでは当然ながら社員負担が増します。注意しなければいけないのは「1人マーケター」や「兼業マーケター」を作らないことです。経営者の中には「Webサイト担当者は1人で十分だろう」と考えるケースがあります。

しかし、Webサイト運営やSEO対策の重要さ、大変さを知れば「1人マーケター」や「兼業マーケター」がいかに負担の大きいものかを理解するはずです。そうした意味では経営者自身がSEO対策へ率先して取り組みインハウスSEOを目指すのが理想的な姿と言えるでしょう。

SEO専任者を外部から引っ張るのも有り

SEO専任者を外部から引っ張るのも有り

SEOコンサルタントを依頼し、ノウハウが積み上がった時点でSEO対策を内製で行い、その後はスポットでSEOコンサルタントを依頼するというのがベターなやり方です。一方で、「SEO専任者を雇用する」のも有りだと思います。

採用活動や人件費などのコストはかかりますが、優秀なSEO専任者を雇えれば彼をリーダーとしてインハウスSEO体制を整えていくことができます。
ただしマーケターごとに保有している知識・技術にはレベルの違いがあります。如何にしてレベルの高いマーケターを引っ張れるかが成否を握るでしょう。

通常の考えでいけば「高待遇で迎える」のが有効です。ただし人件費にそこまで予算を割けない場合もあるので、「責任者としてマーケティング組織の立ち上げに貢献してもらう」などの条件を提示し、その人材のキャリアパスに繋がるようなポジションを提供すると隠れた優秀なマーケターを雇用できるかもしれません。

今からでも遅くはない!インハウスSEOを始めましょう

今からでも遅くはない!インハウスSEOを始めましょう

長くSEOコンサルタントにSEO対策を依頼し、これからも依頼し続けると考えている企業も多いでしょう。しかし今からでも遅くはないのでインハウスSEOをこの機会に検討してみてください。

内製できるものは内製する方が施策がスピーディに展開できます。それは今以上のWeb集客効果を生む要因となり、Webサイトのビジネス貢献度がより大きくなります。
「今更だしな」と思わず、現在のSEOコンサルタントに依頼するか、インハウスSEOをサポートしてくれるSEOコンサルタントを探しましょう。

もし、SEOコンサルタント、SEO会社を探すのに不安な方がいらしたら、下記の記事で選び方のコツを詳しく解説しています。ぜひご参考にしてください。

関連記事:【2021最新】SEO会社にホームページのSEO対策は、絶対に頼んではいけません!!

タグ:

TOP