CONTACTCONTACT

MEO対策って自分でできる?役立つツールなどを紹介

MEO対策って自分でできる?役立つツールなどを紹介

Googleマップを活用した、集客のための施策である「MEO対策(Map Engine Optimization)」。
ユーザーが検索をした際の自社の表示順位をより上位にすれば、更なる集客を望めます。

自社でMEO対策を行おうとしたものの、成果が上がるかどうか分からずにお悩みの方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、そのような方のためにMEO対策で役立つツールについてお伝えします。
無料と有料のツールをそれぞれ紹介しますので、ぜひ最後までお読みくださると幸いです。

MEO対策を自分でやる人

そもそもMEO対策とは?SEOとはどう違うの?

以下の項目からは、MEO対策の特徴について解説します。
SEOとの違いやMEO対策のメリット、MEO対策が効果的な業種について言及しますので、まずは基本情報についてしっかりと把握しておきましょう。

MEOはローカルSEOとも呼ばれる

MEOは「マップ検索最適化」を指し、キーワードに加え地域名を伴った検索構造に対し対策を行う関係上「ローカルSEO」とも呼ばれます。
通常のSEOが検索エンジンを対象として対策を行うのに対し、MEOではGoogleマップに対して施策を打ち出す点で異なります。

SEO対策を行うためには、事前に自社のWebページや記事コンテンツなどを作成する必要があり、初期費用が数十万円単位でかかります。

しかし、MEO対策に必要なのはGoogleマイビジネスへの登録のみで、費用が発生したとしても掲載する写真の撮影費や専門家にMEO対策を依頼した場合の報酬程度なので、実施に予算がかからないマーケティング手法です。

なお、MEOとSEOの違いについては、以下の記事でもより詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

MEO対策とSEO対策の違いとは?|費用の違いなどを解説

MEO対策を行うことの利点とは?

MEOの利点

前述の通り、参入に予算がかからないのがMEO対策のメリットですが、その他にも以下のようなMEO対策を行うべき理由が存在します。

MEO対策を行うべき理由
  • 少ない予算からスタートできる
  • 検索結果上の視認性が高い
  • 効果が出るまでの期間が短い
  • 検索ユーザーのCV率が高い

MEO対策は早ければ1ヶ月程度で集客効果が出始めますので、初期費用の低さも相まって、費用対効果の大きい集客方法です。

MEO対策は、前述のように「キーワード+地域名」のローカル検索を店舗に行なったユーザーを集客する、オフライン型のビジネスモデルを展開している業種とは相性が良いと言えます。

MEO対策の実施方法

すでにご説明したとおり、MEO対策はGoogleマイビジネスアカウントを作成すれば始められます。
この際に、既に自社の店舗情報が登録されている可能性もありますので、その場合はそのままオーナー権限の取得をしましょう。

マイビジネスへの登録が終われば「リスティングの完了」という項目がありますので、ここが100%になるよう店舗の「写真」「住所」「連絡先」などの情報を満たして行きます。

この際に掲載する写真はより自社の魅力が伝わるものであればあるほど、集客効果が望めます。
予算に余裕がある場合は、写真撮影をプロのカメラマンに依頼してもいいでしょう。

 

MEOで集客効果が出る仕組み

MEO対策で効果を出すためには、対策キーワードで上位3位以内に入る必要があります。
自社が狙った条件で上位表示を獲得できれば、自社の店舗情報がGoogleマップだけではなく検索結果のトップページにも記載されるためです。

これにより、ユーザーからの認知度を格段に上げられますので、更なる集客増を望めます。

MEO対策ツールとは

MEOで広がるネットワーク

MEO対策ツールとは「ユーザーがGoogleマップ上からアクセスしたのかどうか」「狙ったキーワードで表示される自社の順位」「検索後のユーザーの行動履歴」などを分析できるツールです。

MEO対策は、比較的導入している業者が少ないと言われてはいますが、を使ってしっかりとしたけど効果検証を行わなければ、望んだ集客効果を得られません。

MEO対策ツールを使うメリット

前述の通りMEO対策ツールでは、ユーザーの行動などを可視化することにより、自社コンテンツの順位や、インサイトを可視化できます。
MEO対策において専用ツールを使うメリットは以下の通りです。

MEO対策ツールのメリット
  • 登録したキーワードの順位を自動で計測してくれるため手間がかからない
  • 自社の競合に関する情報をグラフで表せる
  • デバイスや地域に絞ったニーズを可視化できる

MEO対策ツールの機能

MEO対策ツールには、大別すると5つの機能があります。
MEOでは「ユーザーが検索する→自社コンテンツをクリックする→実際に問い合わせる→口コミと評価をする」の5つのステップで構成されていますが、それらのステップごとで分析できる機能が付いているのがMEOツールの特徴です。

MEO対策ツールの機能一覧
  • 登録キーワードに関する自社コンテンツの順位情報を計測する機能
  • アクセスレポートの解析する機能
  • このユーザーの行動履歴の分析機能
  • 口コミ、レビューの増減に関する推移の分析機能
  • 競合他社のコンテンツの順位チェック機能

無料のMEO対策ツール

以下の項目からは、無料で使えるMEOツールをご紹介します。
まだツールを導入したことがないという方は、まずはこちらのツールから使用してみましょう。

Isearchfrom

「Isearchfrom」は市区町村・言語・ユーザーの利用デバイスなどを指定した上で、分析を行えるツールです。
したがって、自分がいる地域以外の店舗などのMEO対策をする際に、その地域の順位を任意のキーワードでチェックすることができます。
ただし、ある程度の規模の市区町村でないと計測できません。

 
 

PromostMEO順位チェックツール

「PromostMEO順位チェックツール」は、2週間無料で使用でき、Googleマップ上での自社コンテンツの順位変動を毎日計測できる機能があります。
計測エリアを絞って順位変動を分析することもでき、地域別にMEO対策のシミュレーションが可能な機能もあります。

有料のMEO対策ツール7選

有料のMEO対策ツールを使うと、無料版ではなかった細かな機能や登録できるキーワードの制限がないなど、さまざまなメリットを受けられます。
以下より、代表的な有料MEO対策ツールについて紹介します。

MEOチェキ

MEOチェキを使う女性

「MEOチェキ」は、Googleマイビジネス上に登録された自社のコンテンツの「口コミ」「競合他社のコンテンツ」「検索キーワードごとの順位計測」などを行えるツールです。

「過去2年に渡ってユーザーのインサイトデータ」「ユーザー画像キャプチャ保存機能」なども搭載されていて、顧客心理を把握するのに適しています。

 

本来、検索順位がMEO対策の効果測定を行おうとすると膨大な時間がかかりますが、このツールを使えば作業を簡略化できますのは、大きなメリットと言えます。

月々の費用

5,000円〜

 

MEO tracker

「MEO tracker」は、自社コンテンツのキーワードごとの検索順位の自動取得だけでなく、ユーザーが使用するデバイス別の順位測定もできます。
ローカルパックや定期的な計測に特化していて、計測キーワードは50個以上から設定可能と、順位チェックに特化しています。

順位計測だけでなく、口コミ促進のツール、社内・顧客とのデータ共有機能も提供されていて、スマホ専用の管理画面も設定可能です。

月額費用も他のツールに比べ比較的安価で、無料トライアルもありますので、手を出しやすいツールと言えるでしょう。

月々の費用

1,300円〜

Gyro-n

「Gyro-n」は、Googleマイビジネス連携して、店舗の営業時間などに合わせた検索データの可視化が可能です。
一番の特徴は多言語検索にも対応している点であり、諸外国からの旅行者などのインバウンドユーザーに関するデータ収集が可能です。

特定のキーワードで自社のコンテンツの順位が上昇した時と下降した時のデータ検証、競合店舗との順位比較もできるため、自社店舗の強みを把握するのに向いたツールと言えます。

月々の費用

4,500円〜

  
  

On map eye

「On map eye」は、Googleマップ上の自社コンテンツの順位をモニタリングし、MEO対策の効果検証をリアルタイムで行うのに向いたツールです。
ツールの使用登録を行うと、MEO対策に役立つノウハウレポートが月に1回されるようになります。

最低4つのキーワードに関する順位を常時測定可能で、1アカウント500円から利用できるので、小規模な事業者にも向いたツールです。

月々の費用

500円〜

coco

「coco」はSMS(ショートメール)を活用し、Googleマップ上でのクチコミ促進を図るためのツールです。
クチコミサービスへの投稿の連携や、顧客へのアンケートの配信が可能で、MEOで重要なクチコミを集めるための機能が充実しています。

cocoで収集したクチコミは、Googleマイビジネスだけでなく、ホットペッパーや自社のホームページにも簡単に掲載できます。
Googleマイビジネスの自動診断機能も備わっていますので、分析した情報を視覚的に伝えてくれるので、MEOのノウハウがない方でも使いやすいツールです。

月々の費用

5,000円〜

BIGLOBE biz.店舗管理マップ

「BIGLOBE biz.店舗管理マップ」は、店舗情報の書き換えや上書きなどの一括管理など、Googleマイビジネスの補助を行う機能が充実したツールです。

Googleマイビジネスだけでなく、InstagramなどのSNSアカウントも一括管理と自動更新が可能となっています。
ただ、順位チェック機能はないため、順位計測を効率よく行いたい場合はほかのツールとの併用が必要です。

月々の費用

5,200円〜

確実にMEO対策の効果を出したいなら専門業者へ依頼しよう

MEO業者

ここまでご紹介してきたMEO対策のツールは、全ての店舗経営者が導入する必要があるとは言い切れません。
MEO対策ツールの多くは、複数の店舗アカウントの情報を効率化するのに向いていますが、経営している店舗数が少ない場合は積極的に採用する理由はないからです。

また、MEO対策のためのツールは登録したアカウントの順位を計測するだけですので、導入するだけでは上位化に繋がらないという側面もあります。

MEO対策で上位を獲得するためのノウハウがない状態では、たとえツールを使ったとしても集客に繋がるとは限りません。

そのため、MEO対策で効果を上げるために費用を投下するのであれば、専門業者へ依頼がする方が費用対効果も高いと言えます。

実績のある専門業者であれば、月々数万円程度の報酬で、短期間で上位表示を獲得することも可能です。

MEO対策業者に依頼する際に見るべき点として、以下のようなものがあります。

MEO対策業者に依頼する際のポイント
  • 上位表示の実績があるかどうか
  • 契約期間の長さ
  • 効果測定の方法が適切かどうか

また、MEO対策の専門家に依頼した場合の月々の報酬も、SEO対策やリスティング広告などの他のWebマーケティングに比べ安価なため、だけでなく中小企業もローリスクで利用可能です。

MEO対策業者の選び方については、以下の記事でもより詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

MEO対策業者を選ぶ方法についてご紹介|MEOの特性や見るべきポイントなど

まとめ

ここまでMEO対策のツールについてご紹介してきました。MEOでは日々の順位計測やユーザーのインサイト分析などのために、集めるデータの程度が重要になってきます。

無料で利用できるツールは確かに手軽ですが、登録できるキーワードや機能の面で有料版には劣ります。
そのためある程度に慣れてきたら、有料ツールを導入するもしくは独自ツールを使用しているMEO対策の専門家への依頼を検討しましょう。

 

<その他のMEO対策のコンテンツはこちら>

MEO対策とは何か? MEOのすべてを解説

MEOとは/MEO対策とは

MEO対策とSEO対策の違いとは?|費用の違いなどを解説

MEO対策ってどうやるの?|具体的な方法について紹介

MEO対策のメリット・デメリットについて紹介

MEO対策が重要な業種とは?

MEO対策の料金っていくら?料金相場・料金比較などを紹介

Googleマップで集客対策ができること知っていますか?

MEO対策業者を選ぶ方法についてご紹介|MEOの特性や見るべきポイントなど

本を読んだだけでは分からないMEO対策とは?

タグ:

TOP