中小企業のWebマーケティングに強い経営コンサルタントへお問い合わせCONTACT

不動産投資会社のWEB集客で必要な方法とは

不動産投資会社のWEB集客で必要な方法
不動産投資会社が効率よく集客するために「WEB集客」を選ぶのは正しい選択です。今や、見込み客のほとんどがインターネットを活用しています。
とはいえ、WEB集客にもさまざまな方法があります。各方法ごとに目的や効果も異なるので、それぞれの特徴を知り、適切に組み合わせることが成功のポイントです。そこでこの記事では、不動産投資会社のWEB集客方法についてご紹介します。
自社にとって有効なWEB集客とは何か?を考えながら、それぞれの特徴を知りましょう。

不動産投資会社が検討すべきWEB集客方法

不動産投資会社が検討すべきWEB集客方法
この記事では8個のWEB集客方法をご紹介します。「どれが優れているか」という視点ではなく、それぞれの特徴と使い所に着目してください。

ポータルサイト活用

いわゆる不動産投資のポータルサイトに登録するWEB集客方法です。「健美家(けんびや)」や「楽待(らくまち)」などのポータルサイトが有名ですね。
ポータルサイト活用のメリットは一定数のユーザーが既に存在することや、物件投稿だけでなく投資セミナーの告知などもできる点です。一方で、手数料などのコストがかかり、競合が多いという特徴もあります。
ポータルサイト内での競争率は激しいですが、1%でも集客率をアップする目的でポータルサイト活用は絶対にやっておくべきWEB集客方法の1つです。「不動産投資+地域」の検索キーワードでは、大手ポータルサイトが検索順位の上位を占めている状況なので、地域特化型の不動産投資会社なら尚更活用すべきでしょう。

ポイントサイト活用

ポイントサイトとは、さまざまな商品やサービスの広告が掲載されている総合サイトです。
ポイントサイト経由で商品を購入したり、資料請求をしたりするとポイントがもらえるということで利用者が増えているサイトです。
不動産投資会社は広告費用を支払ってポイントサイトに広告を掲載し、商品が気になった人が資料請求などを行います。仕組みとしてはインターネット広告のようですが、利用者がポイントを獲得できるという面で、有望見込み客が集まる可能性が高くなります。
ポイントサイトは、広告主がポイント獲得条件を指定できます。不動産投資会社の場合は前年度の年収や年齢、勤続年数などを指定しておくと有望見込み客を効率良く集客可能です。通常のインターネット広告ではあまり効果が得られなかったという場合に活用してみたいWEB集客方法です。

資産形成セミナー

資産形成セミナーは不動産投資会社にとって常套手段とも呼べるものです。最近では対面でのセミナーが難しいので、ウェビナー(WEBを使ったセミナー)を開催するところが増えています。
ウェビナー参加者は資産形成に興味があり、その手段として不動産投資を検討している人が多いため、有効手段ではあります。ただし、どこで資産形成セミナーの告知をするかが重要です。
おすすめしたいのは、後述する資産形成ブログを運営しながらそこでウェビナー開催の告知を行い、参加者を募る方法です。ブログで信頼感を与えながら自然とウェビナーに誘導できるため、ニーズの高い見込み客を集められる可能性があります。

資産形成ブログ

資産形成に関するお役立ちコンテンツを継続発信し、Google経由で見込み客獲得を目指すのが資産形成ブログです。
すでにブログを立ち上げているという不動産投資会社も多いでしょうが、効果のほどはいかがでしょうか?もしも集客効果が薄いと感じているのであれば、インプレッション、クリック、コンバージョンのどこかで改善が必要です。
やり方は以下のようにいろいろとあります。

  • SEO対策を丁寧に行う
  • 思わずクリックしたくなるCTAを設ける
  • ユーザーにとっての旨味をしっかりと出す

資産形成ブログは必ず実施してほしいWEB集客方法の1つですが、試行錯誤と長期目線での運営が大切です。

投資ノウハウEブック

独自の投資ノウハウを詰め込んだEブック(デジタルな読み物。別名ホワイトペーパーとも呼言います)を作り、ホームページなどで配布するのも良いでしょう。ユーザーはEブックを獲得する代わりに個人情報を入力し、見込み客を獲得できます。
不動産投資の場合、仲介会社を挟まない個人というのはほぼ存在しません。従って「投資ノウハウEブックを配布したのに集客につながらない」という心配はありません。ただし、ユーザーはEブックで不動産投資会社の信頼性を判断することになるので、中身はしっかりと作り込まれたものでなければならないのがポイントです。
関連記事:ホワイトペーパーとは?活用法とメリットをご紹介

SNSマーケティング

最近ではGoogleだけでなく、SNS上で情報収集するユーザーも増えているため、SNSマーケティングも有効なWEB集客方法の1つです。Instagramなら取り扱っている不動産の画像や動画を配信する、Twitterなら投資情報やウェビナー情報などを配信するのに向いています。
さらにTikTokというSNSの人気により、ショート動画活用が進んでいるので、今最もホットなWEB集客方法と言って良いでしょう。
SNS上での広告出稿も可能なので、SNSマーケティングを任せられるような若い世代の社員がいれば積極的に実施したいWEB集客方法です。
関連記事:SNSマーケティングの方法・メリットとは

動画マーケティング

SNSに加えて、YouTubeなどの動画サイトも情報収集に活用されています。動画は移動時の隙間時間に視聴できる手軽なコンテンツとして人気で、記事や画像に比べて情報量が多いのが特徴です。
単なる不動産紹介で終わるのではなく、不動産投資会社の公式チャンネルとして資産形成に関する知識やノウハウを紹介する動画を配信してみましょう。キャラクター性の強い名物社長がいる会社などでは、YouTubeでの動画マーケティングに成功しているケースが多いです。
関連記事:動画マーケティングとは?成功した会社の事例も解説

メールマーケティング

いわゆる「メルマガ配信」と呼ばれるWEB集客方法です。昨今ではSNSやチャットなど、メール以外のコミュニケーション手段が充実して「メルマガは終わった」なんて言われることもあります。
しかし、WEB集客方法としてメールマーケティングはまだまだ有効手段です。ポイントは「メルマガに登録して良かった」と思えるほど内容の濃い情報を発信できるか否かにあります。
そうした情報を積極的に配信できる不動産投資会社なら、メールマーケティングを通じて効率よくウェビナー参加者を募ることも可能になります。
関連記事:メールマーケティングとは?手法やおすすめツールをご紹介

不動産投資会社のWEB集客は組み合わせが肝心

不動産投資会社のWEB集客は組み合わせが肝心
不動産投資は大きな金額が動く商品なので、WEB集客もそれなりにダイナミックなものにする方が効果が高くなります。従って「優れたWEB集客を選ぶ」というよりは「複数のWEB集客を組み合わせて相乗効果を狙う」という戦略が適しているでしょう。この機会にぜひ、自社にとって最適なWEB集客について考えてみてください。

TOP