CONTACTCONTACT

Webマーケティングの各手法と特徴を解説

Webマーケティングの各手法と特徴

Webマーケティングの各手法と特徴を解説

Webマーケティングには様々な手法が存在します。
具体的にはSEO対策、Web広告、SNS運用、インフルエンサーマーケティング、メールマーケティングなどの手法があり、それぞれに特徴があります。
各手法の特徴を活かしながら取り組むことで成果が期待できますので、改めて整理していきましょう。
 

Webマーケティングにおける目的

Webマーケティングの各手法と特徴

Webマーケティングには複数の手法がありますが、最終的な目的は大きく3つに分類されます。目的に応じて、適切な施策を選択して推進していくことになります。

    ①アクセス数を増やすWebマーケティング施策

  • ・SEO対策
  • ・コンテンツマーケティング
  • ・Web広告
  • ②コンバージョンを増やすWebマーケティング施策

  • ・ホームページ改善
  • ・LPO、EFO
  • ・Web広告
  • ③ファンやリピーターを増やすWebマーケティング施策

  • ・SNSマーケティング
  • ・メールマーケティング
  • ・インフルエンサーマーケティング

(※全てに当てはまる施策もありますので、大きな分類として仕分けしています。)

 

Webマーケティングの手法とそれぞれの特徴

Webマーケティングの各手法と特徴

それではWebマーケティングの具体的手法とそれぞれの特徴を紹介していきます。

SEO対策

検索エンジンでWebサイトを上位表示化させるための施策がSEO対策(Search Engine Optimization)です。
SEO対策で行うのは、Webサイト内部を最適化する内部対策、Webサイトの評価を高めるための外部対策、ユーザーに有益な情報を提供するコンテンツの制作などがメインです。

SEOの特徴は、上位表示に成功すればWeb集客における強力なチャネルとして「資産」になることです。スマートフォンが普及した今、GoogleやYahoo!等の検索エンジンで商品やサービスを探すユーザーが圧倒的に増えています。上位表示化には時間を要しますが、SEO対策に成功すれば、中長期的に集客力を高めることができるでしょう。
ただし、検索エンジンの評価システムの変更によって評価が下がることもありますので、注意が必要です。

Web広告

インターネット上のWebサイトやアプリに掲載される広告のことを指します。テレビCMや新聞広告などの従来型の広告と異なり、細かなターゲティング設定や効果測定が可能であり、低予算で問い合わせ数増加に繋げることができます。

種類や媒体も豊富であり、広告主(広告を配信する企業)の商品やサービスの特徴に応じて柔軟な取り組みができる点が特徴です。テレビCMは予算的に厳しいという中小企業でも、取り組み方によっては大きな成果が期待できます。Web広告については以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

関連記事:Web広告とは?種類ごとの特徴と集客へのメリットを解説

ホームページ改善

現在運営しているホームページを定量および定性分析し、導線設計やファーストビュー、ランディングページ、入力フォームなどの改善を行います。
ホームページの構成やクリエイティブによる訴求内容はコンバージョン数の増減に直接関わる部分なので、アクセス数が多いのにコンバージョンにつながらない場合は、改善が必要になります。

悪いところを少し直すだけで劇的な効果が得られる可能性があるのがこのホームページ改善の特徴ですが、アクセスがそもそも少ないページをテコ入れしても効果は薄くなります。その場合はアクセスを増やす施策をまず行わなければなりません。

コンテンツマーケティング

ユーザーの役に立つコンテンツを数多く作成し、アクセス数やコンバージョンの増加につなげていく施策です。
消費者が商品やサービスを検討する際には、購買前の調査を行うことがほとんどです。そこで、商品やサービス自体の紹介はもちろん、使用によるメリットや代替商品との違いなどをユーザーに示す必要があります。

最近では動画コンテンツを作って製品説明をする会社が増えており、高額商材を扱っている会社では、動画コンテンツによる訴求は強力なマーケティング施策となっています。

コンテンツによる訴求はインターネットでの消費行動がスタンダードになった現在では必須の取り組みと言えます。コンテンツマーケティングについては、以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事:コンテンツマーケティングとは

SNSマーケティング

Facebook、Instagram、Twitter、PinterestなどのSNSを利用したWebマーケティングです。
企業名でアカウントを運用し、継続的に情報を発信することで認知度アップやファンの獲得に繋げることができます。
それぞれのSNSごとに特徴や備える機能が異なるため、プロモーションの目的や商品・サービスの特性に応じて力を入れるべきSNSを選択すると良いでしょう。美容や飲食関連の事業の場合はInstagramやPinterestなどの直接的なイメージ訴求が可能なSNSが有効です。特にInstagramについては、多くの企業が取り組みによる成果を出しています。Instagramマーケティングのメリットや手法については以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事:Instagramマーケティングのメリットと手法について解説します

メールマーケティング

文字通り、メールを活用したマーケティング施策です。主には、メールマガジンを配信してお役立ち情報の配信を行ったり、休眠顧客へのアプローチを行います。メールマーケティングツールを使用すると、誰がメールを開封したかなどの細かい効果分析を行うことも可能になります。

見込める効果としては、配信するメール内で関連販売の案内や商品の活用方法を配信することでリピート率を引き上げることもできますし、アンケートを行うことで商品開発やマーケティング活動に有益なデータならびに顧客ニーズを引き出せるかもしれません。

 

Webマーケティングの各手法を駆使してWeb集客に繋げよう

Webマーケティングの各手法と特徴
ここまでWebマーケティングの各手法と特徴を解説しました。
Webマーケティングを進める際は、自社の扱う商材や目標数値に合わせた施策を立てるとともに、それらに見合う手法を振り分けていくことが大切です。
効果を見込める手法を絞り込み、目標となるコンバージョン数を定め、実施する施策を選んでから実行していくとスムーズにWeb集客に繋がるでしょう。

タグ:

TOP