CONTACTCONTACT

Web集客・Webマーケティングのコンサルティングとは?

突然ですが、「Web集客・Webマーケティングのコンサルティング」と聞いてどのようなイメージをお持ちでしょうか?怪しい、胡散臭い、難しそう。そうしたマイナスイメージを抱えている方が多いのではないかと思います。

実際、怪しくて胡散臭いコンサルティング会社も存在するので確かに注意が必要です。

そこで今回は、Web集客・Webマーケティングのコンサルティングとは何かを解説し、その内容を理解いただきたいと思います。

また、悪質なコンサルティング会社に引っかからないためのポイントも解説しますので、ぜひ参考にしてください。

コンサルティング会社の種類と仕事内容

コンサルティング会社の種類と仕事内容
コンサルティング会社の種類を大きく分けると、「総合コンサルタント」「専門コンサルタント」「システムコンサルタント」の3つに分類できます。では、それぞれの特徴と仕事内容をご紹介します。

総合コンサルタント

総合コンサルタントは文字通り、幅広い範囲でコンサルティングを実施する会社のことです。戦略・経営コンサルタントとも呼びます。経営戦略、人事戦略、営業戦略、マーケティング、あるいはIT導入といった企業経営に欠かせない根幹部分のコンサルティングを実施します。

一般的には大手企業の役員クラスに対するコンサルティングを実施する「コンサルティングファーム」を指すことが多く、プロジェクトは1人2人ではなく、数人~数十人で取り組む場合がほとんどです。各チームが特殊な専門性を備えているケースも多々あります。

そうしてコンサルティング会社に属しているコンサルタントは幅広いバックグランドを持ち、企業経営に対して深い知識と洞察、そしてスキルを持ち合わせています。また、企業の上流側の課題に基づいた総合的なコンサルティングが期待できる点や一貫性の高いサービスを受けられる点がメリットです。

専門コンサルタント

専門コンサルタントとは、総合コンサルタントで実施するコンサルティング業務の1つ1つに特化しているコンサルティング会社のことです。人事戦略、営業戦略、PR、SEO、あるいは財務に至るまで様々な専門コンサルタントが存在します。

総合コンサルタントよりも現場に近い視点でのコンサルティングを得意としており、企業の役員クラスだけでなく事業担当者に対するコンサルティングを実施するケースもあります。

また、専門領域だけでなく製造業や飲食業など業界に特化したコンサルティング会社も専門コンサルタントに該当します。分野によっては総合コンサルタントよりも深い知識や洞察を所有していることもあります。

「特定の課題を解決したい」や「総合コンサルタントに依頼する予算がない」といった場合に、専門コンサルタントへの依頼が有効です。

ちなみにWeb集客・Webマーケティングのコンサルティングは専門コンサルタントに該当します。

主な支援内容はSEO対策、Webサイト運営、コンテンツ制作、SNS運用、Web広告運用などです。Webを使った集客戦略のプロフェッショナルであり、見込み客の獲得数アップや売上拡大などを大きな目標とします。

システムコンサルタント

システムコンサルタントとは、基本的にITシステムを活用したコンサルティングを提供する会社のことです。単にITシステムを導入するのではなく、「ITシステムを活用した業務プロセスの改善」までをサービス範囲に含めているのがシステムコンサルタントの特徴です。

専門コンサルタントの一つとも言えますが、このIT領域のコンサルティング会社はより独立した存在と考えることが多いです。

ITシステム制作会社に勤めるプログラマーやシステムエンジニアと異なる点は「経営視点を持ってIT活用を実施できること」です。前者は単にITシステムを開発したり運用するのが主な仕事内容ですが、システムコンサルタントなら導入後の支援まで行ってくれるので企業経営の心強いパートナーになります。

ただし、システムコンサルタント自身がITシステムの開発・運営に携わることは少ないでしょう。

Web集客・Webマーケティングのコンサルティングの内容

Web集客・Webマーケティングのコンサルティングは何を実施し、どのような効果が見込めるのでしょう。コンサルティング会社の専門領域や強みによって異なりますが、弊社の場合は以下のようなコンサルティングを行います。

  • SEO対策による検索順位の上位化
    売れるホームページの制作、構築
    Web広告の実施によるコンバージョン獲得、認知拡大
    アクセス解析の実施によるWebサイトの最適化
    SEOライティングのアドバイスによるコンテンツの最適化
    SNS運用の実施によるブランド認知拡大

この内容はコンサルティングの一部であり、Web集客・Webマーケティングのコンサルティングでは企業の売上向上に向けて様々な手法を複合的に用いることになります。

特に弊社では「集客の最大化」をゴールにおいているため、全体最適でのコンサルティングを実施しております。業界内にはSEOだけ、Web広告だけといった個別の領域に特化してコンサルティング会社も存在します。

「売上を伸ばしたい」「Web広告のパフォーマンスだけを改善したい」等の自社の目的に応じてWeb集客・Webマーケティングのコンサルティング会社を選定することが大切です。

悪質なコンサルティング会社の特徴

悪質なコンサルティング会社の特徴
「コンサルティング会社=怪しい」といったイメージを持たれがちなのは、やはり悪質なコンサルティング会社が少なからず存在するからです。そもそもコンサルティングというサービス自体、定義が難しいものなのでどうしても悪質なコンサルティング会社が後を絶たないのが非常に残念な問題です。

では、コンサルティング会社に依頼したいという時、どのようなポイントで優良か悪質かを見分ければ良いのか?ここでは「SEOコンサルタント」を例に挙げて悪質なコンサルティング会社の特徴をご紹介します。

良いことばかり伝えてくる

物事には良いことと悪いこと、常に両方の性質があります。コンサルティングも例外ではなく、メリットとデメリット、出来ることと出来ないことがあるのです。

悪質なコンサルティング会社の多くは「良いこと」ばかり伝えてきて、悪いことの話をしたがりません。担当者とコミュニケーションを取った際にそうした兆候が見られれば黄色信号です。

精神論が多く方法論がない

「当社に任せていただければ間違いなく売上アップします!一緒に頑張りましょう!」といったように精神論だけで話をするコンサルティング会社は危険です。コンサルティングは無形商材ですが、地に足のついたコンサルティング会社ならしっかりとした方法論を持っています。

どのようなプロセスで物事を改善していくのかを理路整然と説明できないコンサルティング会社には注意してください。

「成果報酬」を訴求してくる

コンサルティングを依頼する側にとって「成果報酬」は魅力的な制度です。しかし、成果報酬が本当に無報酬で終わることはなかなかありません。

何かと理由を付けてコンサルティングの成果をアピールすることは可能だからです。

会社の現状を聞こうとしない

現時点の経営課題や問題点を聞こうとせずに、自社が扱っている商品やサービスの話ばかりするコンサルティング会社も要注意です。コンサルティング会社の存在意義は「企業様の課題を解決し、喜んでもらうこと」です。

そのためにはまず現状課題の把握から始めなければいけません。それを無視して話を進めるコンサルティング会社に優良会社はいないと断言できます。

契約書を交わそうとしない

契約書を交わそうとしないコンサルティング会社に遭遇したら、その時点で回れ右をして他のコンサルティング会社にあたりましょう。コンサルティング会社に限らず契約書を交わさない会社は言語道断。契約書を交わさないコンサルティング会社とは絶対に契約しないでください。

優良なWeb集客・Webマーケティングのコンサルティング会社を見つけましょう

優良なWeb集客・Webマーケティングのコンサルティング会社を見つけましょう
いつの時代も悪質なコンサルティング会社は存在します。Web集客・Webマーケティングの領域も例外ではないので、コンサルティング会社に依頼する際は本記事でご紹介したポイントを参考にしながら、ぜひ優良コンサルティング会社を見つけてください。

当社のクライアント様の中には「悪質なコンサルティング会社の被害に遭い、助けて欲しい」と、Web集客・Webマーケティングのコンサルティングをご依頼くださる方も多くいらっしゃいます。同じように悪質なコンサルティング会社の被害に遭った方、依頼を検討しているコンサルティング会社がもしかすると悪質かも?と心配されている方は、ぜひ一度ご相談ください。

タグ:

TOP