CONTACTCONTACT

Webマーケティングと経営戦略の関係性とは?

Webマーケティングと経営戦略の関係性とは?

ブログ運用、SNSアカウント運用、動画投稿、リスティング広告などWebマーケティングにはさまざまな施策があります。それらの施策を駆使すれば、集客数を大きくアップさせることも可能です。

今回お話しするのは、そんなWebマーケティングと経営戦略の関係性です。
Webマーケティングと経営戦略は相互の関係性を意識して取り組むべきであり、本記事でWebマーケティングと経営戦略の関係性を理解し、今後の戦略について改めて考えるきっかけにしていただきたいと思います。

経営戦略とWebマーケティングの関係性

経営戦略とWebマーケティングの関係性

経営戦略とは「企業間での競争で生き残りを図るための方針」と定義づけれられています。一方のWebマーケティングは、営業活動や広告宣伝と並ぶ、経営戦略を遂行するための方策の一種です。したがってWEBマーケティングは、経営戦略を踏まえた上で取り組むべきものなのです。

いま経営戦略を支える様々な方策の中でも、年々注目度が高まっている方策はWebマーケティングでしょう。IT時代のニーズに合致したマーケティング術は、あらゆる業種で成果を上げています。
皆さんが「リアルでの集客に苦戦している」や「新規事業が軌道に乗らない」といった課題を抱えているのであれば、自社の経営戦略にWebマーケティングを取り入れるべきでしょう。

経営戦略にWebマーケティングを取り入れるべき4つの理由

経営戦略にWebマーケティングを取り入れるべき4つの理由

では、具体的なデータも交えながら経営戦略にWebマーケティングを取り入れるべき理由をご紹介します。

日本のインターネット利用者は約90%

世界的に普及しているインターネット、日本での利用者は2019年時点で89.9%でありほとんどの国民がインターネットを使って情報収集や動画視聴などを行なっています。

日本のインターネット利用者は約90%出典:総務省「令和2年情報通信白書」

たとえば消費者向けの商品やサービスを販売している場合、Webマーケティングを使えば日本人の89.8%、つまり1億1,000万人以上がマーケティングの対象です。実施はもっと絞り込まれた数になりますが、それでも数万・数百万人に自社の商品やサービスをアピールできるチャンスがあります。

テレビCMや新聞広告よりも低コスト

15秒のテレビCMを1回流すのにかかる費用は東京キー局で40~80万円、地方のローカル局で3~4万円です。これにCM制作費用がかかるので、地方のローカル局にCMを放映するにも100万円以上の予算を押さえる必要があります。

一方、Webマーケティングにかかる費用は施策によっても違いますが、たとえばSNS運用ならアカウント作成は無料で投稿も無料です。つまり、導入にかかる費用はゼロです。

昨今の主流であるWebサイトを使ったSEO対策は、Webサイトの制作費用がかかりますが100万円もかかりません。しかも、Webサイトに記事を投稿するのは無料ですし、一度投稿すれば永続的にGoogleに掲載されます。

様々な視点から見てみても、WebマーケティングはテレビCMや新聞広告などと比べて低コストで実施できるのです。

24時間365日働く営業マンになってくれる

企業のWebサイトを作り、そこにいくつもの記事が掲載されているところを想像してください。インターネット(主にGoogle)を使って情報収集している人が自社サイトの記事にたどり着き、その内容を目にします。

さらに他の記事に触れるうちに自社の商品やサービスについて認知し、次第に興味を持ちます。Webサイト登録者に特別なオファーを用意すれば、そこから連絡先情報を取得して見込み客のリストを作成できます。

以上がWebマーケティングの1つである「コンテンツマーケティング」です。こうして集客効果を発揮したWebサイトは、24時間365日働き続ける営業マンになります。あなたの休暇中も年末年始も休まず見込み客を集め続けてくれるのです。

売上10倍も無理じゃない

「ブログ運用を始めて売上が10倍になった」、「Webサイト経由の予約が激増した」などなどWebマーケティングには夢のような話があります。こうした話を聞いて怪しく感じる方も多いかもしれません。

しかし、これらの話は全て事実ですし立派なマーケティング施策によって生まれた成果です。弊社がWebマーケティングを支援した企業の中には、同じように成果を挙げている企業がいくつもあります。以下はその紹介記事になりますので、参考にしてください。

事例紹介:株式会社 テンシュカク様(売上ゼロから年商1億円を達成)
事例紹介:(医)DIC 宇都宮セントラルクリニック様(月間Webサイト閲覧数700→70万)

中小企業が、大企業の巨大資本・優秀な営業力(人材)・ブランド力に裏付けされた経営戦略に真正面からぶつかっていっては太刀打ちできません。そこで、上記に挙げた4つの理由を実施することで立ち向かうことができるというわけです。

経営戦略に取り入れやすいWebマーケティング

経営戦略に取り入れやすいWebマーケティング

基本としてはやはりSEO対策におけるコンテンツマーケティングです。
SEOとは「Search Engine Optimization:検索エンジン最適化」です。自社のサイトをGoogle検索で認知・評価してもらい、ネット検索結果の上位に表示させる施策のことです。
検索上位表示されることで自社の宣伝・認知度を高めたり、サイトにアクセスしてもらい商品の販売・サービスの加入などの成約に導きます。

もうひとつはコンテンツマーケティングとして「ブログ運用」です。
既に自社サイトを所有している場合は、そこにブログ枠を設けて継続的に記事を投稿します。Webサイトを所有していない場合は新しくブログを制作しましょう。

自社サイトのブログ運用では、Googleに認知・評価されやすいWebサイトの構築・ブログ記事の執筆が大切です。
いかに自社サイトにより多くのお客様を集客できるかは、SEO対策に取り組む内容にかかってきます。SEO対策については以下の記事で解説しています。

関連記事:ホームページ集客のSEO対策とは

また昨今では、InstagramやTwitter、LINEなどのSNSを活用したSNSマーケティングがお薦めです。無料でアカウントが作れて集客・自社宣伝ができ、SNSの特徴から直接お客様とつながれることは自社のビジネスに有利に働きます。
実際に多くの企業がSNSマーケティングに参加し始めてます。SNSを活用したWebマーケティングについては以下の記事で解説しています。

関連記事:SNSマーケティングの方法・メリットとは

企業は時代が移り変わるごとに変化する市場を勝ち抜くため柔軟な経営戦略を練る必要があります。
現代ではWebマーケティングが優先的に対応すべき事柄です。これを機に、経営戦略へWebマーケティングをぜひ取り入れてみてください。

タグ:

TOP