CONTACTCONTACT

ミレニアル世代を集客するWEBマーケティングとは?

1981年~1996年に生まれた人を「ミレニアル世代」と呼びます。ミレニアルの意味は「1000年紀の」という意味で、2000年代に成人もしくは社会人になる人々を指します。

現在、消費の中心になりつつあるのがこのミレニアル世代であり、今後は同世代に向けたWEBマーケティングをどう展開するかが大きな企業課題になります。
それ以前の世代と比較して異なる価値観を持っている人が多いため、これからのWEbマーケティングでは「ミレニアル世代を集客するWEBマーケティング」が重要です。

それでは、ミレニアル世代の特徴を解説しながら有効なWEBマーケティングについてご紹介します。

 

ミレニアル世代とは?

ミレニアル世代とは?
世界の労働人口のうち、ミレニアル世代として生まれた労働人口は全体の75%(※)になると言われています。
世代範囲が広いので母数も多く、それ故に今後のWEBマーケティングの中心的ターゲットになります。
では、ミレニアル世代の特徴を整理していきましょう。

参考文献:「New Study May Surprise You About How Millennials Work」(Forbes.com)

消費に対する価値観が幅広い

ミレニアル世代はバブル経済以前に生まれた人もいれば、その真っ只中やバブル崩壊後(失われた10年)に生まれた人もいます。
社会情勢が目まぐるしく変化する時代に生まれた世代ですから、価値観も多様です。

近年ではLGBTに対して「多様性を認める」という動きが世界中で起きていますが、その中心にいるのがミレニアル世代です。
他人と違うことは当たり前と考え、それを受け入れる柔軟性と、自分自身を貫こうとする堅固な意思があります。

従ってミレニアル世代へのWEBマーケティングは、ターゲットごとにどのような価値観を抱いているかをしっかりと見極める必要があります。

消費行動は「経験を得る」に重点が置かれる

ミレニアル世代の消費行動の特徴は「経験を得ることに重点を置いている」という点です。
ミレニアル世代以前の世代や団塊世代では、ブランドバッグを所有したり高級自動車を所有することに価値を感じ、それが1つのステータスとなっていました。

しかし、幼少期や青年期、あるいは社会人時代を不景気の時代で過ごしたミレニアル世代にとって大切なのはモノよりも経験です。
モノはいずれ劣化しますが、人生を通じて得られた経験はいつまでも価値を失いません。

この「経験」に価値を見いだす消費行動は、ミレニアル世代の次世代であるZ世代(1997年〜2012年生まれ)になるほど顕著になり、モノに対する執着が少なくなっています。
旅行やイベント、お洒落なカフェなど経験を通じて得たことをSNSで共有するのが好きなところはミレニアル世代とZ世代は共通です。

流行よりも自分の価値観を大切にする

ミレニアル世代ではファッションなどに対し、トレンドを追うよりも「自分らしさを表現すること」に価値を感じています。
これは周囲の目を気にする傾向が強いZ世代とは異なる特徴です。

トレンドを追うよりも自分に合ったものを探し、GoogleやSNSなどを活用して常に情報収集しています。
かといって「流行に疎い人」というレッテルを貼られるのは嫌なことなので、一応トレンド情報には敏感です。

モノへの執着が残っている世代もある

ミレニアル世代の中でも1981年~1989年にかけての世代では「カッコイイ車に乗りたい」や「ブランドバッグを所有したい」という物欲を持っている人々も散見されます。
バブル経済の記憶が残っていることから、1990年以降の世代に比べてモノへの執着がまだあるのでしょう。

従ってミレニアル世代のWEBマーケティングは、広い括りではなく細かいセグメント(細分化)を用いてWEBマーケティング施策を考えることが大切です。

 

ミレニアル世代におすすめのWEBマーケティング

ミレニアル世代とWEBマーケティング
最もおすすめのWEBマーケティングは「コンテンツマーケティング」です。
Z世代と違ってSNSよりもインターネット検索で出現するコンテンツを信頼する傾向にあります。

Z世代はSNSやインフルエンサーの影響力が強いのに対し、ミレニアル世代は「自分で調べ得た情報」に重点を置いているのです。

コンテンツマーケティングとはWebサイトにさまざまなコンテンツ(記事や画像、動画など)を充実させ、SEO対策という手法でGoogle検索の上位表示を目指すWEBマーケティングです。
ユーザーは自ら検索してコンテンツにたどり着くため、情報の信頼性が自然と高くなり確度の高い見込み客を獲得するのに適しています。

これ以外にはYouTubeなどを活用した動画マーケティングも有効です。
1980年代と1990年代はテレビ番組が盛況している時代だったため、映像コンテンツに対する消費意欲が強い傾向にあります。
今ではそうした人々がYouTube上で映像コンテンツを消費するようになり、有名YouTuberの多くもミレニアル世代です。

つまりミレニアル世代にとって動画は親しみを感じやすく、かつ心に刺さりやすいコンテンツなのでYouTubeなどを活用した動画マーケティングが有効だと言えます。

同じ動画を使ったプラットフォームでもTikTokはZ世代向けです。
ミレニアル世代に向けた動画マーケティングならやはりYouTubeをおすすめします。

 

ミレニアル世代を制するものがビジネスを制する

ミレニアル世代とWEBマーケティング
今後の消費経済の中心にあるミレニアル世代。
この世代に対してどのようなWEBマーケティングを実施するか熟考し、成功した企業がこれからのビジネスを勝ち抜いていくと考えられます。

モノに対する消費意欲はまだ残っているので、無理にサブスクリプションサービスの提供を始めるのではなく、
どんな価値観を持ち何を期待しているのか?をしっかりと見極めた上で、ミレニアル世代に対するWEBマーケティング施策を考えていきましょう。
その中で、コンテンツマーケティングと動画マーケティングが最も高い効果を発揮する可能性があるので、ぜひ取り組んでみてください。

タグ:

TOP