CONTACTCONTACT

Googleナレッジパネルとは?表示方法について解説

Googleはその検索エンジンに対して、さまざまな方法でユーザーに情報を届けられるよう工夫を凝らしています。キーワード検索の結果だけでなくリスティング広告や画像・動画検索、マップもその一種です。

今回紹介するのは「Googleナレッジパネル」という情報の表示方法です。Googleナレッジパネルに自社情報が掲載されれば、Webサイトへの訪問率や企業への信頼性がアップするかもしれません。この機会に、Googleナレッジパネルを理解しておきましょう。

Googleナレッジパネルとは?

Googleナレッジパネルとは?

Googleナレッジパネルはキーワード検索の際に、画面右側に表示される縦長の情報提示枠のことです。たとえばGoogleで「SEO」を検索すると、次のようなGoogleナレッジパネルが表示されます。

Googleナレッジパネルとは?

検索キーワードに対する情報をわかりやすくまとめており、「他の人はこちらも検索」と合わせて検索されることの多いキーワードを提示することで情報理解を深められるようサポートしてくれます。

Googleマイビジネスとの違い

Googleマイビジネスとは、Googleにさまざまな企業情報を入力することで企業名が検索された際に表示される、同じく縦型の情報表示枠です。たとえば「GICP」と検索すると、次のように表示されます。

Googleマイビジネスとの違い

Googleナレッジパネルと違う点は、企業が表示される情報をコントロールできることです。Googleマイビジネスに登録して企業情報を入力すると上記のように検索結果に情報が表示されるようになります。Googleマイビジネスの詳しい情報や登録方法は、以下の記事で紹介しています。

関連記事:Googleマイビジネスとは?登録手順や活用のポイントを解説

Googleナレッジパネルの表示は可能なのか?

Googleナレッジパネルの表示は可能なのか?

SEO(検索エンジン最適化)対策の視点から考えて、Googleナレッジパネルに自社コンテンツが表示されれば訪問数アップが期待できます。問題は「Googleナレッジパネルの表示は可能か?」です。

Googleナレッジパネルに表示される情報は、Googleの検索アルゴリズムがコントロールしているため、企業が意図をもって表示させるのは難しいでしょう。掲載される情報のほとんどがWikipediaからの引用なので、強調スニペット表示のように自社コンテンツを表示させるのはほぼ無理に近いのです。

関連記事:強調スニペットとは?SEO上のメリットについても解説

ただし、自社コンテンツが表示される部分が1つだけあります。それが画像表示枠です。たとえば「デジタルマーケティング」と検索すると、以下のようにGoogleナレッジパネルが表示されます。

Googleナレッジパネルの表示は可能なのか?

赤枠で囲っている部分がGoogleナレッジパネルの画像表示枠であり、ここにはWebサイトに掲載されているコンテンツの中から画像を抜粋して表示されます。画像をクリックするとGoogle画像検索ページが表示され、さらにWebサイトへ遷移できるようになっています。

試しに最上部の画像をクリックしてみました。

Googleナレッジパネルの表示は可能なのか?

このように「キーワード検索→Googleナレッジパネル→Google画像検索→Webサイト」という経路での訪問が見込めるので、GoogleナレッジパネルによるSEO対策も可能なのです。

自社コンテンツをGoogleナレッジパネルに表示する方法

自社コンテンツをGoogleナレッジパネルに表示する方法

では、自社コンテンツをGoogleナレッジパネルに表示させてSEO効果を生むための方法をご紹介します。

Altタグを忘れない

Altタグはコンテンツに画像を掲載する際に設置するタグであり、「代替テキスト」とも呼ばれています。

Altタグで画像に説明文を加えると、画像が非表示設定になっているブラウザでは代替え表示として説明文が表示されます。また、スクリーンリーダー機能を使えばAltタグで設定した説明文を自動音声で読み上げます。
Altタグを設置するとGoogle画像検索に表示される可能性が高くなるため、Googleナレッジパネルに自社コンテンツを表示させるには必須のSEO対策です。

Altタグに関する詳細は以下の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事:SEO対策におけるAltタグとは

基本的なSEO対策を怠らない

Google画像検索の上位に表示されるコンテンツの多くは、キーワード検索でも上位に表示されるコンテンツです。そのため、Googleナレッジパネルに自社コンテンツを表示するには基本的なSEO対策を怠らず、常に検索結果上位を目指すことも大切になります。

以上が自社コンテンツをGoogleナレッジパネルに表示させるためのSEO対策となります。やれることは少ないですが「やるかやらないか」によって表示される可能性は大きく変わります。

特にAltタグの設置は重要なので、設置方法を知りコンテンツに画像を掲載する際は必ず設置するよう心がけましょう。

Googleナレッジパネルへの表示を目指しましょう

Googleナレッジパネルへの表示を目指しましょう

そもそもSEO対策とは、企業側のコントロールが不可能な状況でGoogleの検索アルゴリズムを理解し、検索エンジンにもユーザーにも好かれるWebサイト・コンテンツ作りに取り組むことです。

従ってGoogleナレッジパネルの表示も難しく考えず、いつものSEO対策の延長だと考えてください。地道なSEO対策を続ければ検索上位への表示はもちろんのこと、Googleナレッジパネルへの表示も見えてくるはずです。

根気と継続が大切なので、コンテンツがなかなか上位表示されないからといって諦めずにSEO対策やGoogleナレッジパネルへの表示を目指していきましょう。

タグ:

TOP