中小企業のWebマーケティングに強い経営コンサルタントへお問い合わせCONTACT

ホームページのリニューアルで集客を伸ばす方法

ホームページのリニューアルで集客を伸ばす方法

ホームページのリニューアルで集客を伸ばす方法

企業のホームページ開設率が90%を超える時代です。「ホームページからの問い合わせを増やしたい」など、WEB集客に力を入れたいと考えている方が多いのではないでしょうか?
そこで多くの企業が検討するのが「ホームページのリニューアル」ですね。既存のホームページを新しくすることで、いろいろな効果が期待できます。この記事では、ホームページリニューアルの効果や、リニューアルによって集客を伸ばす方法についてご紹介します。
ホームページリニューアルに取り組む前に、ぜひ一度目を通しておいてください。

ホームページリニューアル5つの効果

ホームページリニューアル5つの効果
そもそも、ホームページリニューアルにはどのような効果があるのでしょうか?それを知っておくことで、正しい目標を立ててリニューアルに臨むことができます。では、5つの効果を一気にご紹介します。

  • 企業やブランドに対するイメージを一新できる
  • リニューアルを機にSEO対策に取り組める
  • レスポンシブデザインでスマホでも見やすくなる
  • SNSとの連携機能を導入できる
  • ブログ機能を設けてコンテンツマーケティングを始められる

古いままのホームページをリニューアルすると、これだけの効果が得られます。ホームページは今や会社の顔なので、企業やブランドに対するイメージを一新できると、それだけで今後のビジネスがガラッと変わりそうですね。
SEO対策やコンテンツマーケティングに取り組めるというのも、現代ビジネスにマッチしたWEB集客を始められるので良い効果と言えるでしょう。ホームページリニューアルをきっかけにWEB集客に取り組む企業も多く、問い合わせや資料請求などを増やしているケースが多数あります。

ホームページリニューアルで集客を伸ばす方法

ホームページリニューアルで集客を伸ばす方法
ホームページリニューアルはただ実施するのではなく、しっかりと集客に繋げたいものです。そのためにはいくつか意識すべきポイントがあります。それでは1つずつ解説するので、リニューアル時の参考にしてください。

問題点を改善するリニューアルを

ホームページリニューアルで、デザインを一新するだけでは意味がありません。既存のホームページが抱えている問題点をしっかりと理解し、それを改善した上でリニューアルに取り組みましょう。
たとえば既存ホームページで事業内容や商品に関する情報が不足していて、同じような問い合わせが多い場合はFAQ(よくある質問)ページを作り、目立つところに配置しましょう。訪問者のストレスを軽減できるかどうかもリニューアルでは大切なポイントです。
SEO対策やSNS連携ができていない場合はリニューアルで対応し、WEB集客に最適化されたホームページを目指しましょう。

無理なコンバージョン目標を設定しない

リニューアル後のホームページへの期待値が高いあまり、無理なコンバージョン目標を設定してしまうことがあります。高い目標を掲げるのは立派なことですが、現実を見ながらしっかりと達成できるコンバージョン目標を設定し、少しずつ達成していくのが堅実なやり方です。
また、ホームページリニューアルで集客が伸びることはありますが、だからといって売上まで伸びるわけではありません。売上拡大で大切なのは見込み客を獲得した後の営業であり、ホームページの力だけで売上まで伸ばすのは難しいものなのです。
そうして点をしっかりと考慮しながら、ホームページに期待する効果とコンバージョン目標を決めましょう。

STPをしっかりと分析する

STPとはセグメンテーション・ターゲティング・ポジショニングの頭文字を取った言葉です。それぞれ、次のような意味があります。
S:市場を細分化する
T:ターゲットを決める
P:ポジションを把握する
自社ビジネスが対象とする市場を巨視的に捉えるのではなく、いくつかの基準で細分化します。その中で積極的に集客すべきターゲットを決めて、さらにその市場での自社のポジションを把握します。
このようにSTPを分析することで、自社の強みと弱み、さらには今後取るべきWEB集客戦略などが見えてきます。STP分析について下記ページでくわしく解説していますので、ぜひご参照ください。
関連記事:STP分析とは?マーケティング戦略への活用法を解説

効果の出るタイミングを見極める

ホームページリニューアルには効果が出るタイミングがあります。「周りの企業がリニューアルしているから」といった、漠然としたタイミングでリニューアルしてしまうと、効果が半減どころか全く集客につながらないケースもあるのです。
新規事業や新ブランドの立ち上げ、新商品の開発など、自社の実力・魅力をアピールできて多少なりとも話題性があるタイミングでホームページをリニューアルするのが効果的です。イベント時やSNSなどで告知すれば、それだけで一定数の訪問者が見込めるかもしれません。

リニューアル後の更新は継続的に

古いまま更新していなかったホームページも、リニューアル後は継続的に更新していきましょう。Googleは、頻繁に更新するホームページを評価基準の1つにしており、常に新しい情報にアップデートすることでGoogle検索に表示されやすくなります。
ブログを運営する場合は、少なくとも週2日は新しい記事を投稿しましょう。WEB集客は効果が出るまで時間がかかりますが、更新を止めるとあっという間に集客数が下がります。

ホームページリニューアルで集客を成功させましょう

ホームページリニューアルで集客を成功させましょう
ホームページリニューアルの際は、WEB制作会社に任せきりにするのではなく、経営者なりWEB担当者なりが積極的にリニューアル業務に関わっていきましょう。自社ビジネスのプロとは経営者自身や、そこに勤める社員です。そうした方の力添えが無ければ、良いホームページは完成しません。この記事でご紹介したポイントを意識しながら、積極的に関わり、WEB制作会社と1つのチームになってリニューアルを進めていきましょう。
SEO対策のお悩み、まとめて解決

TOP