中小企業のWebマーケティングに強い経営コンサルタントへお問い合わせCONTACT

Twitterマーケティングとは?Twitterアナリティクスの見方も解説

Twitterマーケティングとは?Twitterアナリティクスの見方も解説

Twitterマーケティングとは?Twitterアナリティクスの見方も解説

SNSマーケティングを始めたいけれど、サービスが多くてどれから手を出せば良いかわからないと悩んでいないでしょうか?この記事ではそうした方に向けてTwitterマーケティングとは何かをご紹介します。
情報の拡散性が高いTwitterを活用すると、どんな効果があるのか?マーケティング分析に欠かせないTwitterアナリティクスの見方も解説します。

Twitterマーケティングとは?

Twitterマーケティングとは?
Twitterとは、140文字以内の短文を投稿するのが特徴のSNSです。2017年10月時点の発表では国内のアクティブアカウント数が4,500万件に達しており、日本最大のSNSであるLINEに次いでユーザー数が多くなっています。
そんなTwitterをマーケティング活動に一環として活用し、ユーザーとコミュニケーションを取ることでブランディングや販促を行うのがTwitterマーケティングです。

他のSNSマーケティングと何が違うのか

Twitterの他にはFacebookやInstagramなどのSNSがありますが、それらを活用したマーケティングとなにが異なるのか説明していきましょう。
まず、Twitterの特徴は情報の拡散力が高いことと、新情報をキャッチするスピードが速いことです。Twitter上では常に話題のニュースはツイート(投稿)が表示され、それらをリツイート(再投稿)することで情報が一気に拡散されるケースが多々あります。
どんなニュースやツイートであれ、他のTwitterユーザーに面白いと感じてもらえれば情報を拡散し、想像以上にマーケティング効果を生み出すことがあるのです。
ただし、拡散性が高いだけに炎上も起きやすいのも特徴です。140文字という短文では誤解を生むことが多く、それが炎上へつながる可能性があります。
炎上リスクをしっかりと回避すれば、イベント開催が行いやすいなどのメリットもあり、なおかつSNSマーケティング初心者にもおすすめできるのがTwitterです。

Twitterアナリティクスとは

Twitterアナリティクスとは、Twitterアカウントを所持している全てのユーザーが閲覧できるデータ分析ツールです。自分のツイートがどれくらいの人に見られているか、フォロワーは増えているか減っているかなどのデータが無料で閲覧できます。
Twitterマーケティングでは、このTwitterアナリティクスを常日頃から観察しながら、試行錯誤を繰り返していくのが成功のポイントです。

Twitterアナリティクスの見方

Twitterアナリティクスの見方
Twitterマーケティングでブランディングや販促などの目標を達成するには、Twitterアナリティクスの見方を覚える必要があります。それでは、Twitterアナリティクスの見方を解説します。
まずは、PCまたはMacのブラウザーで自社のTwitterアカウントのホーム画面を表示します
(スマホアプリからTwitterアナリティクスの表示は不可)。つぎにTwitterアカウントのホーム画面左側のサイドメニュー【もっと見る】>【アナリティクス】の順番にクリックしましょう。
するとTwitterアナリティクスのホーム画面に遷移します。ここでは過去28日間のパフォーマンスなどを確認できます。それぞれ何を表しているかをご説明します。

項目 詳細
ツイート 投稿したツイートの数。
ツイートインプレッション ツイート全体が表示された回数。
プロフィールへのアクセス プロフィール画面が見られた回数。
@ツイート 自分のアカウント宛のメンション数※。
フォロワー フォロワー数の増減。

※@を付けて特定のユーザーにツイートすることをメンションと呼ぶ
Twitterアナリティクスのホームから下にスクロールすると、月ごとのツイート概要が表示されます。ここでは、次のような項目が表示されます。

項目 詳細
トップツイート 当月もっとも多く表示されたツイート。
トップの@ツイート メンション(@)されたツイートのうちもっともエンゲージメントの高かったツイート。
トップフォロワー 当月フォロワーになったユーザーのうち、もっともフォロワーの多いユーザー。
トップのメディアツイート 当月投稿した画像や動画付き投稿のうち、もっとも多く表示されたツイート。

続いて、ホームの右横にある「ツイート」をクリックすると、過去28日間に投稿したツイートのデータがグラフ形式で表示されます。また、画面右上のカレンダーマークをクリックすると、データを表示する期間を選択できます。
さらに、各ツイートをクリックすると、ツイートごとのデータが個別に表示されます。表示されるのは次のような項目です。
以上がTwitterアナリティクスの見方です。さまざまなデータを閲覧できるので、現状分析に欠かせないツールとなっています。

項目 詳細
インプレッション ツイートが表示された回数。
エンゲージメント総数 いいねやリツイートなど、ツイートに対するアクションの総数。
いいね ツイートについたいいねの数。
リツイート 他のユーザーにリツイート(再投稿)された数。
返信 ツイートに対して返信された数。
リンクのクリック数 ツイートに挿入したリンクがタップされた数。
詳細のクリック数 タイムラインからツイートをタップされた数。
メディアのエンゲージメント数 画像や動画に対するタップ・再生の数。
ハッシュタグのクリック数 ツイートに挿入したハッシュタグ(#)がクリックされた数。
プロフィールのクリック数 ツイートからプロフィールをクリックされた数。
フォロー ツイートからアカウントをフォローされた数。

Twitterマーケティングを始めましょう

Twitterマーケティングを始めましょう
Twitterマーケティングは、他のSNSマーケティングに比べると初心者でも取り組みやすいものです。総務省によると国民の70%近くがSNSを利用しているので、SNSマーケティングを始めない手はありません。しかし何から始めればよいのか、と悩んでいるのなら、まずはTwitterマーケティングを検討してみましょう。

関連記事:【2022年版】SNSマーケティングとは?SNSごとの特徴やメリット・デメリットを解説!
SEO対策のお悩み、まとめて解決

TOP