CONTACTCONTACT

パーソナルジムの集客方法について解説

パーソナルジムのおすすめ集客方法
ひとくちに「集客」と言っても多彩な方法があり、運営している事業によって取り組み方も違います。今回ご紹介するのは「パーソナルジムの集客方法」です。

フィットネスブームが到来し、1対1のパーソナルトレーニングを提供する店舗・トレーナーが増えた中で、どのようにして自店舗の集客数を伸ばせばよいのか?本記事でそのヒントを見つけてください。

パーソナルジムが取り組むべき5つの集客方法

パーソナルジムが取り組むべき5つの集客方法
パーソナルジムが同時に取り組むべき集客方法は5つあります。

少し大変かもしれませんが、施策同士を連携すると相乗効果が生まれるので可能な限り同時に実施してみましょう。それでは1つずつ解説します。

近隣地域へのチラシ・DM配布

パーソナルジムの基本的な施策です。開店したばかりのパーソナルジムでは数回に渡ってチラシを配布すると思います。

しかし、開店から2・3ヶ月経過すると辞めてしまうところが多いでしょう。

しかし、チラシは継続的に配布する方が効果があります。ですから、パーソナルジムと近隣住民にとってチラシは大切なチャネルです。

接触回数を増やすほど印象が良くなる場合もあるので様々なデザインでチラシを配布してみましょう。その際はSNSやWebサイトに誘導するためのQRコードをお忘れなく。

FacebookとInstagramの運用

FacebookとInstagramの運用は無料です。写真や動画で自店舗の魅力をアピールできることからパーソナルジムとの相性が良いSNSです。

TwitterはテキストベースのSNSなので、パーソナルジムの集客としてはあまりおすすめできません。

Facebookでは店舗情報などを詳細に記入し、WebサイトやYouTubeで投稿したコンテンツと連携させましょう。Instagramは施設写真だけでなく、動画投稿のリールやストーリーズなども活用するのが重要です。短時間でインパクトのある動画でフォロワーを獲得してください。

関連記事:インスタグラムのリールの効果的な使い方とメリットとは

コンテンツマーケティング・SEO対策

Webサイトは作って終わるのではなく、ブログ枠を設けて定期的にコンテンツを投稿しましょう。地域キーワードで検索上位に表示されるようになれば、Webサイトは費用対効果の高い集客手段に変化します。

これをコンテンツマーケティングと呼び、Googleの検索上位に表示されるようにするためのSEO対策と合わせて実施しましょう。

関連記事:ホームページ集客のSEO対策とは

YouTubeマーケティング

パーソナルジムとYouTubeは相性が良いので積極的に活用すべきです。単に施設風景を映すのではなく「正しいトレーニングフォームの作り方」や「筋トレに効果的な食材10選」などのお役立ちコンテンツを充実させ、ユーザーの興味を引きましょう。

集客に成功しているパーソナルジムの中でYouTubeマーケティングに取り組んでいない人はいないほどです。大手トレーニングジムはYouTubeマーケティングに積極的に取り組んでいますが、パーソナルジムが対抗する術はたくさんあります。

Googleマイビジネスへの情報登録

Googleマイビジネスとはユーザーがパーソナルジム名でGoogle検索した際に、検索結果の画面右側に表示される店舗情報のことです。

Googleマイビジネスへの情報登録

店舗情報が表示されるようになるだけでなく、クチコミも管理できるようになります。良いクチコミを集めて集客効果を出すことも可能です。

Googleマイビジネスについては以下の記事を参考にしてください。

関連記事:Googleマイビジネスとは?登録手順や活用のポイントを解説

パーソナルジムの集客効果を高める施策

パーソナルジムの集客効果を高める施策
上記5つの集客方法を実施するだけではまだ足りません。それらに合わせて、パーソナルジムの集客効果を高めるための施策を展開していきましょう。

入会費無料などのキャンペーン

パーソナルジムの基本的な施策です。開店したばかりのパーソナルジムでは会員が一定数集まるまで実施しているところが大半です。

これもチラシ配布と同様に、開店初期だけに実施するのではなく定期的に実施すると効果的です。

以下3つの施策も同時に展開して集客効果を高めましょう。

ターゲットとコンセプトの明確化

明確なターゲットを決めていると具体的な施策を展開でき、より高い集客効果を生みます。それに加えてパーソナルジムのコンセプトを明確にし、特定のターゲットに対して価値ある空間を演出しましょう。

会員は「パーソナルジムでトレーニングすること」だけが目的ではありません。パーソナルジムという空間で得られる体験にも価値を見出しています。

自店舗が提供できる価値とは何か?を明確にしましょう。

無料のカウンセリングサービス

パーソナルジムに来店する人はトレーニングやダイエットに精通している人ばかりではありません。

無料のカウンセリングサービスを提供していると新規来店客との接点を作りやすくなります。カウンセリングを通じて来店客のニーズを把握し、それに合ったサービスを組み合わせるとより効果的です。

競合分析で差別化ポイントを見つける

競合店舗が実施している集客方法やコンセプトを分析し差別化ポイントを探しましょう。近年パーソナルジムが増えているので、差別化ポイントを見つけてそこを継続的に強化していくのが効率的です。

パーソナルジムは多角的な集客に取り組みましょう

パーソナルジムは多角的な集客に取り組みましょう
多い人では1週間に数回、1回あたり1~2時間ほど過ごす場所なので、パーソナルジムはSNSやYouTubeを通じて店舗の雰囲気を伝えるのが大切です。その上でお役立ちコンテンツを充実させ、地域キーワードでの露出を強化しましょう。

SNSやYouTubeを通して、Webからの集客数をアップさせていくのが成功のポイントになるでしょう。

これにチラシ配布やイベントなどリアルでの施策も組み合わせると、近隣住民を囲い込みながら商圏範囲を広げられます。フランチャイズ経営であっても同グループ他店舗との差別化が重要です。

競合分析をしっかりと行ないながら多角的な集客に取り組んでいきましょう。

タグ:

TOP