CONTACTCONTACT

Web集客のコンサルタントが教えるWeb集客

「Web集客とは何か?」

この素朴な疑問を抱えている方は意外と多いと思います。世間では「Web集客は当たり前」なんて言われていますが、誰もがWebに詳しいわけではありません。
また、正しくWeb集客ができないと集客効果は生まれないため、決して簡単でもないのです。

そこで本記事ではWeb集客コンサルタントとして「Web集客」についてわかりやすく解説します。Web集客を知るきっかけにしていただければ幸いです。

Web集客とは何か?

Web集客とは何か?

Web集客とはいわゆる「インターネットを使った集客方法全般」のことです。

情報収集のために誰もがGoogleやYahoo! Japanなどの検索エンジンを使ったことがあると思います。また、本記事を読まれている方の中にはFacebookやTwitterなどのSNSに日頃から興じている方もいらっしゃるでしょう。

それら検索エンジンやSNSは、全てWeb集客を行うためのツールになります。

ただし「ホームページや会社のSNSアカウントを作ったら集客できる」という単純なものではありません。Web集客を成功させるには知識と技術が必要です。

インターネットで集客できるなんて不思議…

Web集客を知らない方々からすれば、インターネット経由で集客できるのが不思議でならないと思います。あるいは「胡散臭い…」というイメージを持たれているかもしれません。しかし、Web集客は今や立派なマーケティングです。

次項で解説する3つのWeb集客では、それぞれどのような形で集客できるのかご説明します。

今やるべき3つのWeb集客

今やるべき3つのWeb集客

これからWeb集客に取り組む企業がやるべき施策が3つあります。3つ全てが難しければ、いずれか1つでも構いません。では、1つずつ解説します。

コンテンツマーケティング

ホームページを作り、そこにたくさんの記事を掲載して集客するのがコンテンツマーケティングです。Googleで情報収集する際にいろいろなホームページの記事が検索結果として表示されますね。

コンテンツマーケティング

早い話が、自社のホームページに掲載した記事が上記のようにGoogleの検索結果で上位表示されるための対策を行い、ホームページへの訪問者を増やすのです。
そのためには「SEO対策」と呼ばれる知識・技術を必要とします。
SEO対策については以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事:ホームページ集客のSEO対策とは

ホームページの訪問者が増えると自社の商品やサービスに興味を持たれやすくなる、いろいろな記事を読んでいるうちに購買意欲が高まる、最終的には自社に問い合わせや資料請求が来る、というのがコンテンツマーケティングの集客の流れです。

コンテンツマーケティングで一度集客効果が生まれればそれは長期的に続きます。ホームページを健全に運用し続ければ、永続的な集客効果が生まれるでしょう。まさに、24時間365日働き続けてくれる営業マンのような存在です。

関連記事:コンテンツマーケティングとは

SNSマーケティング

日本で人気のSNSはFacebook・Instagram・Twitter・LINE、最近ではTikTokやLinkedInも人気ですね。これらのSNSを使って何をするかいうと、テキストや画像、動画を投稿して他のユーザーとコミュニケーションを取るのです。

もちろん、実際にメッセージ等のやりとりをするだけではありません。ユーザー同士が投稿に「いいね!」や「コメント」をお互いにしたり、自社の投稿に対して「いいね!」や「コメント」が付きます。
ユーザー同士や、自社とユーザーの間でコミュニケーションが活発になり、自然と自社の商品やサービスに興味を持つ人々のコミュニティーが広がります。

SNSは今や日本国民の70%以上が利用しているサービスです。最近では高齢者の利用率も高まっており、あらゆる企業がSNSマーケティングに取り組んでおり、その目的もさまざまです。

たとえばコンテンツマーケティングのためのホームページへ誘導したり、SNS上で広告を出稿したり、お洒落な写真を投稿したブランディング(ブランドの確立)を狙ったり、たくさんのユーザーがいるからこそ多様な効果を発揮しています。

今後も新しいSNSが生まれる可能性は大いにあるため、SNS事情通になり新しいSNSでのWeb集客にいち早く取り組めるようになると、より大きな集客効果が期待できます。

関連記事:SNSマーケティングの方法・メリットとは

動画マーケティング

中小企業や個人事業主、業種や業態を問わず是非とも取り組んでいただきたいのが動画マーケティングです。
主にYouTubeにオリジナル動画を投稿し、チャンネル登録者や再生回数を増やして多くの人にリーチできるようにします。

たとえば3Dプリンターや産業機器の開発・販売を行なっているシーフォース株式会社の「とみちゃんTV」はとても参考になる事例です。動画マーケティング

代表取締役自らがYouTuber(YouTubeで収益を得ている人々)として活躍し、自社商品の紹介やさまざまなお役立ち動画を配信しています。チャンネル登録者数は1万700人(2021年10月中旬時点)です。

これが何を意味するか?動画を1つ配信すればそれだけで1万人以上の人に視聴してもらえる可能性があるということです。動画は大変ですし決して簡単ではありませんが、継続的に取り組むことで何らかの反響があります。

キャラクター性のある代表取締役や社員を起用すれば、人気YouTubeチャンネルとして成功できるかもしれません。すでにYouTubeを利用して動画マーケティングを始めている方は、VSEO対策で再生回数を伸ばしましょう。

詳しくは下記記事で紹介しているのでご覧ください。

関連記事:VSEO対策とは?YouTubeの動画検索を最適化する方法とそのメリット

Web集客をもっと知りましょう

Web集客をもっと知りましょう

いかがでしょうか?本記事でWeb集客に対して少しでも興味を持っていただけたら幸いです。店舗集客に困っている、せっかくホームページがあるから活用したいと考えている方は、この機会にWeb集客についてもっと知りましょう。

どんな企業がWeb集客を行なっていてもおかしくない時代です。あなたが日頃から抱えている課題や悩みを解消するきっかけになるかもしれません。まずは知ることから始めてください。

タグ:

TOP