中小企業のWebマーケティングに強い経営コンサルタントへお問い合わせCONTACT

ハウスクリーニングが顧客を呼び込むWEB集客術

ハウスクリーニングや家政婦ビジネスといった事業は、日本でも徐々に浸透しています。
海外では夫婦共働きが当たり前なので、中流階級以上の方は基本的にハウスクリーニングを依頼したり、家政婦を雇っているのです。
今後市場拡大が見込まれるハウスクリーニング市場ですが、それだけに競合も多くなっています。
その中で顧客を呼び込むWEB集客を実施できるか否かが、ビジネスのわかれ道になるでしょう。
そこで本記事では、ハウスクリーニングが実施すべきWEB集客についてご紹介します。
 

ハウスクリーニングが実施すべき基本のWEB集客

ハウスクリーニングが実施すべき基本のWEB集客
ハウスクリーニングが実施すべき基本のWEB集客はふたつあります。
「Googleマイビジネスの登録」と「ホームページのSEO対策」です。
ほかにもWEB集客方法はあるのですが、まずはこのふたつを実施してください。
あれこれと、いきなり手を出してもひとつひとつに集中できず、集客効果が発揮されるまで時間がかかってしまいます。
では、ふたつのWEB集客がどういったものかを確認していきましょう。

Googleマイビジネスの登録

Googleマイビジネスとは、Googleが情報補完のために提供しているツールです。
企業名でGoogle検索をした際に画面右側に企業情報が表示されることがあります。
Googleマイビジネスに登録するとそこに表示される情報を保管でき、営業時間や事業概要などが掲載されるようになるのです。
試しに「GIコンサルティングパートナーズ」と検索してみてください。
すると以下のような画面が表示されます。
GIコンサルティングパートナーズ
右側に表示されているのがGoogleマイビジネスに登録した情報です。
営業時間や住所、電話番号などが表示されていますね。
下にスクロールすると事業概要やクチコミも表示されます。
ハウスクリーニングを必要としている人がGoogleを使って情報収集するのはご存じでしょう。
その際に、比較しているハウスクリーニングの事業者名を検索する場合があります。
そこでGoogleマイビジネスに登録しているか否かで印象は大きく変わります。
事業者情報がしっかり記載されているA社とされていないB社、どちらのほうが信頼を勝ち取れるかは明白ですね。
頻繁に更新されていて情報が充実していたり、クチコミ投稿数が多かったりすることも信頼度アップにつながります。
Googleマイビジネスの登録はごく簡単な作業なので、まだ登録していない場合は今すぐにでも登録しましょう。
関連記事:Googleマイビジネスとは?登録手順や活用のポイントを解説

ホームページのSEO対策

ハウスクリーニング事業を立ち上げたと同時に、ホームページも作成したという会社が多いでしょう。
そのホームページはSEO対策をしっかりと意識した作りになっているのでしょうか?
SEO対策というのは「Search Engine Optimization」の略で、日本語で言うと「検索エンジンに最適化させる」という意味になり、Googleのガイドラインなどに従ってホームページを作ります。
するとGoogleからの評価が上がり、検索結果の表示順位も上がる可能性があるのです。
SEO対策を実施しているか否かで集客効果は確実に違います。
たとえば商圏範囲の地名と「ハウスクリーニング」を組み合わせて検索した際に、自社事業が上位に表示されていなければホームページ経由の集客はほとんど見込めません。
逆に上位表示されればそれだけで高い集客効果が生まれます。
この違いを生み出すのがSEO対策であり、場合によってはホームページをリニューアルする必要があるでしょう。
WEB集客の知識がない状態でSEO対策の有無を判断するのは難しいので、これはSEO対策を実施してくれるWEB制作会社やSEOコンサルタントに現状診断してもらうことをおすすめします。
関連記事:中小企業のWebコンサルタントの選び方・ポイント
以上ふたつのWEB集客を実施するだけでも集客数に変化が現れるはずです。
さらに集客効果を高めるために、ふたつのポイントも意識していきましょう。
 

ハウスクリーニングがWEB集客で勝ち抜くポイント

ハウスクリーニングがWEB集客で勝ち抜くポイント
Googleマイビジネスの登録と、ホームページのSEO対策はどちらも基本のWEB集客です。
それらだけで集客効果を高めることは可能ですが、ゆくゆくはほかのWEB集客にも手を伸ばしていきたいところです。
その前に、ここでご紹介するふたつのポイントを押さえてください。
先ほど紹介したWEB集客方法と以下ふたつのポイントを押さえると、より高い集客効果が見込めます。

競合との差別化をハッキリと

差別化とは、自社にあって競合にないものを探し、それを積極的にアピールすることです。
よく差別化ポイントとして「競合よりも安いこと」を推すことがあります。
しかし、価格競争では薄利多売が成り立つ大手ハウスクリーニングが勝つのが必然です。
また、いつまでも低価格でサービスを提供していると、いずれ事業が立ち行かなくなる可能性があります。
そこで低価格ではない差別化ポイントを探し、明確にアピールしていきましょう。
そのためにはまず自社の特徴を可能な限り挙げていきましょう。
事業規模が小さい、社員数が少ないなど一見マイナスに映るような特徴も含めてすべて挙げてみてください。
それらの特徴の中から差別化ポイントを見つけてみましょう。
たとえば「事業規模が小さい」という特徴は、味方によってプラスに考えられます。
事業規模が小さいからこそお客様に寄り添って柔軟なサービスを提供できる、と考えてみてはいかがでしょうか。
すると業界内で、自社がどのように戦っていくべきかの道標が見え、それが強力な差別化ポイントになるケースが少なくありません。
関連記事:WEBマーケティングにおける競合調査とは?

お客様の声を積極的に取り入れる

ハウスクリーニングはお客様に近いところで提供するサービスです。
だからこそ、お客様の声を積極的に取り入れ、ハウスクリーニングを検討している人に情報発信するのが効果的です。
たとえば、お客様アンケートの実施がおすすめです。
アンケートの質問は選択形式だけでなく、最後に直筆による記述形式の質問を設けましょう(例:「最後に、当社サービスで感じたことをご自由にお書きください」など)。
その回答内容をそのままホームページに掲載するという施策はいかがでしょうか?
お客様の直筆で書かれたコメントなら信憑性が高く、かつハウスクリーニングを検討している人の参考になります。
もちろん、ホームページに直筆のアンケート結果を掲載する許可を取ったお客様だけに限定してください。
これらふたつのポイントを押さえると、集客効果が一層高まります。
お客様アンケートはホームページ掲載だけでなくサービス改善の参考にもなるでしょう。
 

WEB集客は早期段階での取り組みを

WEB集客は早期段階での取り組みを
WEB集客は効果が現れるまで時間のかかる取り組みです。
したがって、ハウスクリーニング事業を立ち上げたら可能な限り早期段階でスタートしましょう。
集客に悩んでいるというハウスクリーニング会社は、すぐにでもGoogleマイビジネスに登録し、ホームページのSEO対策を検討してください。
SEO対策のお悩み、まとめて解決

TOP