中小企業のWebマーケティングに強い経営コンサルタントへお問い合わせCONTACT

【2024年最新】工務店が実施するべきSEO対策4選!検索上位を狙える具体的な施策を解説

「以前に比べて問い合わせが減ってしまった」「サイトの検索順位がなかなか上がらない」「でも改善方法がわからない・・」このようなお悩みを抱える工務店経営者様、マーケティング担当者様は多いのではないでしょうか。

ほとんどのユーザーが情報を集める際に利用するのがWebサイトのため、サイトを通してユーザーと接点を持つことがとても重要とされています。
しかし近年、工務店業界では集客に苦戦する企業も増えており、SEOの重要性が高まってきています。

この記事では、工務店がSEO対策をおこなう重要性や、実施するべき4つの対策について具体的に解説いたします。
SEO対策でWebからの集客アップを目指したい方はぜひ参考になさってください。

 

そもそもSEO対策とは?

SEO対策について

SEO対策という言葉のSEOとは、「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」を意味しています。
ユーザーがGoogleやYahoo!などの検索エンジンで情報を検索した際に、自社サイトを検索結果の上位に表示させるためにおこなう施策です。

検索エンジンは、上位に表示させるサイトを適当に決めているのではありません。定められたルールによってサイトを評価し、ユーザーにマッチしたサイトを選んで表示させています。
検索エンジンから適切な評価をされるように、自社サイトの構造を見直し、検索ニーズに合ったコンテンツを発信することが重要となります。
関連記事:SEO対策とは?初心者向けSEO対策から徹底解説!【2024年最新】

 

SEOが工務店にとってなぜ重要なのか

SEOが工務店にとって重要な理由

新築戸建ての建設や、住宅のリフォームを検討しているユーザーの多くは、具体的なプランや費用、地域の工務店についてできるだけ多くの情報を集めています。

SEO対策をすることで、ユーザーが情報を求めて検索した際に、上位表示された自社サイトがユーザーの目に止まり、サイトへの流入につながります。これが最終的にお問い合わせ、そして契約に結びつくのです。
SEO対策は、工務店が狙ったターゲット層に効果的にアプローチできる手段になります。

 

工務店のSEO対策の流れ

工務店のSEO対策の流れ

ここまでSEO対策について解説してきました。ここからは実際にSEO対策に取り組む際に、どのような流れで対策をすすめるのかを解説します。

①キーワードを検討する

まずは集客につながる的確な検索キーワードを検討します。ユーザーのニーズや、疑問・不安を解消するキーワードを押さえることが重要です。
具体的なキーワードをいくつかご紹介します。

地名+工務店

まず最初に押さえなくてはならない重要なキーワードです。地名を入れないと競合が多すぎてしまうため、地名部分には自社の商圏となる市区町村名を入れて強化しましょう。

地名+住宅系名詞

工務店以外にも住宅建築を検討しているお客様が検索するキーワードは多数あります。

  • ・注文住宅
  • ・新築一戸建て
  • ・平屋
  • ・二世帯住宅

など多岐にわたります。
自社の強みとなるキーワードをしっかりと踏まえて対策することが求められます。
SEO対策を実施するキーワードはどれか一つを選ぶわけではなく、可能な限り多くの検索語句で上位表示することが工務店集客にとって重要です。
とはいえ優先順位を決めた上で、実施することを意識するようにしましょう。

地名+工務店+「ニーズ系キーワード」

「木の家」「断熱」「耐震」など、自社の強みやユーザーの検索ニーズに合わせたキーワードを入れることで、検索上位を狙うことができます。

地名+工務店+「デザイン系キーワード」

「和モダン」「ガレージハウス」「スキップフロア」などのデザインを含めたキーワードが有効です。施工事例やコラムページにキーワードを含めます。例えば、「和モダンの家」「スキップフロアのあるリビング」などをテーマに施工事例を更新します。

指名検索キーワード

工務店の社名や商品名を含めたキーワードです。指名検索キーワードで検索するユーザーの多くは、そのキーワードに関心のあるユーザーです。そのため流入につながりやすくなります。工務店名の認知にもつながるため、タイトルには入れるようしましょう。

②戦略を立てる

自社サイトをどうやって上位表示させるか戦略を立てます。コンテンツ制作か、サイト構造の見直しなのか対策は様々です。現状の自社サイトに何がいちばん必要か優先順位をつけて、自社のリソースやリリース完了までを含めて戦略を立てなければなりません。

③実施してみる

戦略を立てたらさっそく実施します。SEOは対策したからといってすぐに結果が出るものではありません。早ければ3ヶ月、大体半年程度かかると言われています。一定期間経過しても効果が出ない場合は、施策の見直しが必要な場合もあります。

④効果があったか分析する

対策をやりっぱなしでは意味がありません。効果が出ているのかをしっかりと分析し、必要に応じてデータをもとに改善することが大切です。

まずは対策前と対策後の順位やデータを比較してみましょう。
分析方法として、より詳細なデータを確認するには、Google AnalyticsやGoogle Search Consoleの使用をおすすめします。実際にどんなキーワードで流入してきたか、どのページがいちばん閲覧されているのか、どのページから離脱したのかなどがわかります。

データをもとにコンテンツの内容を修正したり、サイトの構造を見直し、次の施策に反映させていきましょう。
関連記事:【初心者向け】アクセス解析とは?押さえるべきポイントをわかりやすく解説

 

工務店が実施するべき4つのSEO対策

工務店が実施するべきSEO対策

工務店が実施するべきSEO対策は多岐にわたりますが、優先して取り組むべき施策を詳しく解説します。それぞれどのような対策かを理解して、自社に最も必要な対策が何かを把握しましょう。

①コンテンツSEO対策

コンテンツSEOとは、検索結果で上位表示させるために、高品質なコンテンツを作成する手法です。コンテンツと言っても文章や画像、動画など様々ですが、ここではユーザーの検索に応える記事コンテンツについてご紹介します。

自社サイト内でコラムや工務店ブログページを運用し、その中でSEOで狙ったキーワードを意識した記事を公開していきます。
工務店の場合、単なるブログではなく、「高気密・高断熱とは?」「新築で使える補助金について」「おすすめの間取り」など、ユーザーの疑問や悩みを解消できるような内容であることが大切です。

内容が薄かったり、逆に情報量が多すぎると、ユーザーが求めている情報にたどり着けず、質の低いコンテンツとみなされるので注意が必要です。
正確な情報を提供することで、信頼できる工務店としての評価につながり、SEO効果を高めることができます。

②SEO内部対策

SEOにおける内部対策とは、各種タグの設定やサイト内構造の最適化を意味します。
サイト内部をしっかり対策することによって、Googleクローラーからサイト全体やページ内容をきちんと読み取ってもらえるようになります。
※Googleクローラー:Web上の情報を収集して、検索結果に反映させる仕組み
推奨する内部対策をいくつかご紹介します。

各種タグの設定

SEO対策においてタグを正しく設定することは、コンテンツの内容を検索エンジンに適切に伝えることにつながり、とても効果的です。様々なタグの中でもより重要な4つのタグ、「titleタグ」「descriptionタグ」「h1タグ」「altタグ」について説明します。

まず、ユーザーと検索エンジンにページの内容をわかりやすく伝えるために、titleタグdescriptionタグを適切に設定します。
titleタグは検索結果に表示される「ページのタイトル」であり、descriptionタグは検索結果のタイトルの下に表示される「説明文」です。
設定することにより、検索エンジンが各ページの内容を理解し、検索クエリに対して適切なページを表示するようになります。
この2つのタグは、検索されたときに確実にユーザーの目に触れるため、クリック率や流入率に大きく影響します。

h1タグはページのコンテンツの「大見出し」となり、検索エンジンにページの主な内容を簡潔に伝える役割があります。SEOで狙いたいキーワードを含め、端的に記述することが最適です。
titleタグとdescriptionタグは検索の際にユーザーの目に触れますが、h1タグはコンテンツを表示した際に、ページの一番上に大きく表示されユーザーが最初に目にするものとなります。

ここまで3つのタグについて説明しましたが、それぞれのタグに強化したいキーワードを必ず入れるようにしてください。たとえば、「工務店」「注文住宅」「新築戸建」「〇〇市」などのキーワードを文章の前方に含むことによって、情報を求めて検索したユーザーの目に止まりやすくなります。

altタグは、画像を説明するためのタグで、「代替テキスト」とも呼ばれます。何らかの原因で画像が表示されない時に、どんな画像なのかユーザーに示すことができます。タグは画像に合ったキーワードを含んでおり、詳細かつ適切に説明されていることが重要です。
関連記事:SEOに強いtitleタグの付け方

内部リンクの最適化

内部リンクとは、同じWebサイト内のページからページへのリンクのことを意味します。
関連性の高いページにリンクを設定することで以下のメリットがあります。

・Googleクローラーが巡回しやすくなる
・ページ同士の関連性が高くなり、Googleからの評価が上がる
・サイトを回遊することで、ユーザーの滞在時間が長くなる

効果的な内部リンクの貼り方として、アンカーテキストがあります。
アンカーテキストとは、文章にリンク先のURLが設定されているテキストを指します。アンカーテキストはGoogleにリンク先のページをわかりやすく伝える効果があります。そのためアンカーテキストはリンク先のページの内容を端的にまとめた文章にする必要があります。

内部リンクをしっかり対策することで、SEOの効果だけでなくユーザーの使いやすさという点でも期待できます。アクセス数アップのために適切に対策しましょう。

モバイルフレンドリー

近年、スマートフォンの利用者が多くなったことで、GoogleのWebサイトに対する評価もモバイルファーストになっています。スマートフォンやタブレットからアクセスしたユーザーにとって、小さな画面でも見やすく、使いやすいということが重要です。

工務店のサイトを見るユーザーは、時間をかけて必要な情報を集めています。ちょっとした時間にスマホでリサーチする人も多いのではないでしょうか。
だからこそ、モバイルフレンドリーに対応することはとても重要になります。

モバイルフレンドリーに対応させるには、以下の方法があります。

    • ・レスポンシブデザインにする
    • ・フォントサイズをスマホで読みやすいサイズにする
    • ・画像サイズを適切にし、重たいデータを使用しない
    • ・ボタンやリンクのサイズや配置をタップしやすくする

これらに注意して、自社サイトをモバイルフレンドリー対応に改善しましょう。
関連記事:モバイルフレンドリー対応とは?対応方法もご紹介

サイトの表示速度の最適化

サイトが速く表示され快適に操作できる点も、Googleの評価対象となります。
ユーザーは速くページが表示されることを望んでおり、サイトの表示速度とユーザーエクスペリエンスは密接に関係しています。
表示速度を改善する方法としては、ソースコードの軽量化、画像の軽量化、動画埋め込みコードの改善などがあげられます。

Googleが提供している「Page Speed Insights」を利用して、スマホとPCそれぞれのスコアを調べることが可能です。スコアが低い場合はページを修正し表示速度を改善する必要があります。
※ユーザーエクスペリエンス:ユーザーが感じる使いやすさ、感動、印象などの体験のこと

③SEO外部対策

SEOにおける外部対策とは、サイト外部に対しておこなう施策です。他のサイトからのリンクや評価を得ることで、自社サイトの信頼性を上げることが目的です。
Googleは外部から良質なリンクを多く獲得しているサイトを評価し、それが上位表示することにつながります。

工務店の自社サイトで効果的な外部対策をおこなうには、住宅業界関連のWebサイトやブログ、地域メディアサイトなどから良質なリンクを獲得することが重要です。
関連性の低いサイトからの被リンクは、自社サイトの評価を下げる場合もあるのでおすすめしません。
関連記事:SEOにおける内部対策と外部対策の違いとは?

④ローカルSEO対策

ローカルSEOとは、特定の地域で検索結果を上位表示するように最適化をおこなうことです。地域に根ざしたサービスを提供する工務店にとって、非常に効果的な対策です。

例えば、お客様の声や施工事例に「〇〇市」「〇〇町」などの地域名を入れることで、そのエリアに関する情報を検索したユーザーに自社のコンテンツが表示されやすくなります。
家を建てようとしているユーザーは、今住んでいる地域、または家を建てるのを検討している地域の情報を集めます。そのため、具体的なニーズを持つユーザーのアクセスが多くなります。

タグや見出しに地域名を加えて、地域性を意識したサイトになるように改善をしましょう。
関連記事:MEO対策とは?【2023年最新】MEO対策のメリットや方法、会社の選び方まで解説

 

工務店がSEO対策を実施する際の注意点

実際にSEO対策を進める際に、方法だけでなく注意点も知っておく必要があります。ここでは、3つの注意点について解説します。

SEO対策のための追加の制作費が発生する

コンテンツSEO対策をおこなう際に、新たにページを作成する場合があります。コンテンツ記事を作成しても、記事を掲載するページがなければ意味がありません。
工務店のコンテンツSEO対策で多く制作されているコンテンツは以下があげられます。

    • ・コラムページ
    • ・ブログページ
    • ・施工事例ページ
    • ・お客様の声ページ
    • ・よくある質問ページ
    • ・スタッフ紹介ページ

コンテンツを通してユーザーが求めている情報を提供できるように、まだページを作成していない場合は、自社サイトのリニューアルを検討することをおすすめします。

ペナルティ行為に気をつける

SEO対策にはペナルティとなる行為があります。Googleからペナルティと判断されると評価が下がってしまい、最悪の場合は検索結果に表示されなくなることもあります。
ペナルティと判断される行為は以下のようなものがあります。

  • ・キーワードの乱用
  • ・他サイトのコンテンツのコピー
  • ・検索順位の操作を目的としたAI生成ツールによるコンテンツ作成
  • ・悪質な被リンクの獲得

知らないうちに評価を下げる行為をしてしまわないよう、Googleによるペナルティの判断基準を理解したうえで、SEO対策をするようにしましょう。
関連記事:Googleペナルティとは?対処方法についても解説

定期的なアップデートに対応する

Googleの検索エンジンは、日々アップデートを繰り返しています。年に数回あるGoogleアルゴリズムのコアアップデートによって、検索順位が大幅に下がるということも予想されます。
もし、アップデートの影響で検索順位が下がってしまった場合は、サイト構造の見直しや、コンテンツの質を上げるよう改善することが重要です。
また、アップデートされた際には、内容を確認し自社サイトがペナルティの対象になっていないか確認する必要があります。
Googleのコアアップデートに関する情報はGoogle ウェブマスター向け公式ブログで確認することができます。

 

工務店におすすめの動画はこちら

 

まとめ

工務店のSEO対策まとめ

いかがでしたでしょうか。本記事では工務店が対策するべきSEO対策について解説しました。工務店のSEO対策でお悩みの方は、ぜひ本記事を参考にSEO対策に取り組んでみて下さい。

WEB集客ブレインでは、全国の工務店のSEO対策の支援をおこなっております。工務店の集客において成功に導いてきた実績があります。
工務店のSEO対策にお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

工務店のSEO対策のお悩み、まとめて解決

WEBマーケティング一覧へ



\ SNSでシェアする /

人気記事

TOP