中小企業のWebマーケティングに強い経営コンサルタントへお問い合わせCONTACT

コンサルタントが集客するためのWebマーケティングとは?

コンサルティングには自信があるのにクライアントを獲得できない…、コンサルタントとして独立したけどどうやって集客したらいいのか…。
このように、集客に悩みを抱えるコンサルタントは多いでしょう。

どんなに素晴らしいコンサルティングを提供できても、集客できなければ意味がありません。
本記事でご紹介するのは、コンサルタントが集客するためのWebマーケティングです。
どれだけ交流会に参加してもクライアントを獲得できなかった方でも、Webマーケティングに取り組めば効率良く集客できる可能性があります。
その方法を知り、是非とも実践していきましょう。

 

コンサルタントが実施すべきWebマーケティング

コンサルタントが実施すべきWebマーケティング
それでは早速、コンサルタントが実施すべきWebマーケティングをご紹介します。
中心となるのはコンテンツマーケティング、SNSマーケティング、動画マーケティングの3つです。
最終的には3つのWebマーケティング手法を同時進行することを目指しましょう。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとはWebサイトで記事を投稿し、情報発信を通じて集客するWebマーケティングです。
具体的には次のような流れで集客に成功します。

  • ・GoogleやYahoo!で記事が上位表示されるようになる
  • ・検索した人が記事を目にしてクリックする
  • ・他の記事も閲覧し、コンサルタントへの信頼度がアップする
  • ・コンサルタントに問い合わせや依頼の連絡がくる

流れとしてはシンプルですね。
「こんなに簡単にいくものか?」と疑問に思うでしょうが、正しく実施すればコンテンツマーケティングは非常に有効な集客方法です。
たとえばこちらのブログをご覧ください。

コンテンツマーケティング
出典:ブログ「The起業&飲食店経営」

起業・飲食店経営の経験者(現役代表)を務める方が運営しているブログで、起業や飲食店経営に関するさまざまな情報を掲載しています。
SimilarWebで調べると月間のアクセス数は62万件あり(2021年11月)あり、多くの人々に参考にされていることがわかります。

また、「損益分岐点とは」など起業に関するキーワードでしっかりと上位表示されているのが特徴です。
Webサイトのデザイン自体はシンプルですが、コンテンツの質がしっかりしているのでコンテンツマーケティングとして成功している事例です。

運営者はコンサルタントではありませんが、内容はコンサルタントのコンテンツマーケティングとして非常に参考になります。
これならGoogleやYahoo!などの検索エンジン経由で自然とクライアントが集まる環境を作れるでしょう。

SNSマーケティング

SNSマーケティングとは、SNS上でコンテンツを継続的に投稿することでブランディングを目指すWebマーケティングです。
コンサルタントのブランディングとはつまり、自身の価値を高める活動を意味します。

コンサルタントのSNSマーケティングとしておすすめしたいのがTwitterです。
InstagramやTikTokと比べてユーザーの年代層が広く、企業経営者などもよく利用しています。
また、文章と画像・動画を同時投稿できるのでコンサルタントのSNSマーケティングに最適です。

以前はFacebookが人気でしたが、ユーザー数は圧倒的にTwitterが多いのでまずはTwitterから始めましょう。

関連記事:SNSマーケティングの方法・メリットとは

動画マーケティング

コンテンツマーケティングと同時進行で実施していただきたいのが動画マーケティングです。
Webサイトに掲載した情報を動画化し、YouTubeに投稿するだけで立派なコンテンツになります。
最近では動画視聴時間が世界的に伸びており、利用しているのは若年層だけではありません。

さらに、動画は記事や画像と比べて情報量が圧倒的に多く、短時間でいろいろな情報を伝えられます。
コンサルタントの人柄を伝えるのにも最適なので、是非ともコンテンツマーケティングと同時進行で実施してください。

関連記事:動画マーケティングとは?成功した会社の事例も解説

 

コンサルタントが集客で失敗する原因

コンサルタントが集客で失敗する原因
コンサルタントが集客で失敗する原因とは何か?それを知ることで、上記にご紹介したWebマーケティングの効果を一層高められます。

STPを間違っている

STPとは「セグメンテーション」「ターゲティング」「ポジショニング」の頭文字をとった言葉です。
マーケティング戦略の立案に用いられるフレームワークであり、正しいSTPを考えられているかどうかが集客の成否を決めます。

セグメンテーション:市場や顧客を細分化する
ターゲティング:マーケティングの対象を決める
ポジショニング:ターゲットにおける、サービスのポジションを決める

Webマーケティングは全ての人を対象にすると失敗する可能性が高まります。
従って、まずはいくつかの軸で市場や顧客を細分化し、次に明確なターゲットを決め、さらに市場でのポジションを知り、確立するための戦略を考えます。

このSTPが間違っている、あるいはそもそも考えられていないとコンサルタントの集客は必ずと言ってよいほど失敗します。

関連記事:STP分析とは?マーケティング戦略への活用法を解説

集客を間違っている

もう1つの失敗原因は集客の選択です。
本記事で紹介している3つのWebマーケティング以外にも集客方法はいくつもあります。
企業経営者が集まるような交流会に参加し、営業するのも方法の1つですね。
しかし、実績が少ないコンサルタントにとって交流会での集客は良い選択とは言えません。

限られた時間で商談を進めるのは難しいですし、交流会後に連絡が取れないことも多いでしょう。
一方、コンテンツマーケティングならコンサルティングに興味がある人だけを集め、かつコンテンツを通じて長時間の接点を作れます。

実際に会話をしていなくても相手はあなたという人を知り、信頼感を持ってくれる可能性もあるのです。
そうした段階でコンサルタントに問い合わせが入るので、ゼロから集客するより圧倒的に効率良く案件を獲得できます。

コンサルタントの集客方法としてはやはり、本記事で紹介している3つのWebマーケティングを優先して実施しましょう。

 

コンサルタントは集客が命

コンサルタントは集客が命
素晴らしい集客は、時として素晴らしいコンサルティングを凌ぎます。
コンサルタントとして最も大切なのはクライアントに寄り添ったコンサルティングを提供できるか否かですが、そこを評価してもらうにはまず集客が大切なのです。
まずはコンテンツマーケティングを始め、Webマーケティングを拡大していきましょう。

SEO対策のお悩み、まとめて解決

タグ:

TOP