中小企業のWebマーケティングに強い経営コンサルタントへお問い合わせCONTACT

Webマーケティングとは?基礎知識と実践までの流れをわかりやすく解説

Webマーケティングは非常に変化が激しく、毎日のように新しい情報が現れます。
企業でもますますWebサイトの活用が進み、社内にWebマーケティング担当者が置かれることも多くなりました。しかし、いざWebマーケティング担当者になったものの、全体像がつかめず、まわりに詳しい人もいなくて、何から始めてよいかわからないというケースもあるのではないでしょうか。
今回は、原点であるWebマーケティングについてから始まり、メリットとデメリット、始め方や注意点を解説していきます。
さらに、Webマーケティングの手法や、成功させるコツ、外部に依頼する際の確認項目などもご紹介しますので、是非ご活用ください。

目次

Webマーケティングとは

Webマーケティングとは、Webを活用し、集客して商品やサービスの購入・契約を促す活動のことです。Webマーケティングが一般的なマーケティングと違う点として、集客の状況やページの閲覧状況などをデータで確認できることにあります。その結果をもとに、改善を繰り返すことで精度が高まっていきより良い施策となっていきます。
Webマーケティング

 

Webマーケティングの範囲

Webマーケティングについてよく受ける質問が、「Webマーケティングの範囲はどこからどこまで?」というものです。明確にこれと決まっている範囲はなく、Webを利用しているマーケティングはすべてWebマーケティングの範囲に入ると認識していいでしょう。
例えば、SEO対策・WEB広告・コンテンツマーケティング・SNSマーケティング・メールマガジンなど、Webマーケティングの範囲は非常に多岐にわたり、今後も増えていくでしょう。

Webマーケティングは全ての企業において重要

2020年代以降においては、すべての企業にとってWebマーケティングは重要です。
なぜなら、オンラインとオフラインの垣根がなくなってきているためです。例えば、実店舗でしか販売していない商品であっても、現代の消費者は、購入前に必ずといっていいほどインターネット上で情報収集を行います。このように消費者の購買行動においてオンラインは当たり前のことになっているのですべての企業にとってWebマーケティングは重要となっています。

Webマーケティングのメリットとは

ここからは、Webマーケティングのメリットについてみていきましょう。

メリット1:施策を迅速に実行・改善できる

オンラインとオフラインを比較したとき、圧倒的にオンラインが優れているのは「スピード」です。例としてSEO対策を考えてみましょう。
例えば、新聞や雑誌などの紙媒体の広告は、物理的に印刷や配送のリードタイムが発生します。さらに、それらを手配する際には人の介入が不可欠なため、連絡のやり取りや確認などのロスタイムも発生します。
一方、WebマーケティングのSEO対策ではサイトさえ作ってしまえば、あとはサイトにどんな改善をしていくか考え実行していくのみなので、自分にはどうしようもないリードタイムやロスタイムは限りなく抑えられています。これはSEO対策を例にした一例ですが、他にもWEB広告などあらゆるシーンでスピードが速いことは、Webマーケティングの大きなメリットです。

メリット2:コストを抑えられる

WebマーケティングはあらゆるものがWeb上で完結して、物理的なモノに対してコストがかからないため、費用対効果が高いです。
例えば、SEO対策はWeb上の無料ツールである、グーグルサーチコンソールやグーグルアナリティクスなどを使用して施策の実行と改善に取り組めるため、無料で取り組むことも可能です。もちろん、有料ツールを使用することでより精度は高まりますが、有料ツールの費用も前述した無料で使える便利なツールがあることからオフラインでのマーケティング費用と比べると割安で使うことが可能です。
ほかにも「何をやるか」によってコストは発生しますが、発生するコスト自体もSEO対策と同じくオフラインのマーケティングと比較すれば割安になることがほとんどです。コストを抑えて効果を出したいのであれば、積極的にWebマーケティングに取り組むべきといえます。

メリット3:ターゲットを具体的に決めることができる

Webを通じてユーザーと接するということは、デジタル化されたユーザーの行動データを確認できるということです。しかもWebマーケティングで扱うユーザー情報は、住所・名前・年齢など、一般的なこと以外に興味関心や悩みごとなど情報量が豊富です。
マーケティングにおいてターゲットを具体的に決めることが重要であることはいうまでもありませんが、Webマーケティングなら、ユーザーの行動データを詳細に分析し、ターゲットユーザーを絞り込むことができるため、より具体的で深いターゲットの選定が可能になるのです。
結果として、より強いニーズを持ったユーザーに商品・サービスの提供やコミュニケーションが可能になり、業績向上に直結します。

Webマーケティングのデメリットとは

事前にデメリットを知っておくことで、Webマーケティングの取り組みがよりスムーズになります。主なデメリットについてみていきましょう。

デメリット1:継続的にスキルの習得とアップデートを行っていく必要がある

先ほど、Webマーケティングのメリットとしてコストを抑えられることをお伝えしました。しかし、コストは抑えられるのですが、その一方で「学習」を続ける努力が必要です。しかも、一度学んで習得したら終わりではなく、アップデートし続けなければなりません。
なぜなら、Webマーケティングは、技術の革新が早く、その時のトレンドを即座に反映させる必要があるためです。
内省化するなら、リソースを十分に確保し、社内の体制を整える必要があります。それが難しければ、Webマーケティングの知見を持つ企業にアウトソーシングして、外部からのサポートを得ることも必要になってきます。

デメリット2:担当者のリテラシーが低いと、問題が発生する恐れがある

Webマーケティングのリスクとして挙げられるのがリテラシー不足によるトラブルが第三者にも広まっていき批判にさらされる「炎上」です。もちろん、オンライン・オフライン問わず、ユーザーや顧客に対して不適切な対応をすればトラブルは発生します。
しかしWebマーケティングでは、トラブルが「炎上」となって、当事者以外の第三者へと拡散していくスピードが圧倒的に早いため、そのリスクを考慮しなければなりません。特に近年では、「リテラシー」「常識」といった数値化できない価値観が原因で、インターネット上で大きく炎上し企業イメージが著しく下がるケースが増えています。
Webマーケティングの担当者には、純粋なWebマーケティングスキルの習得のみならず、炎上につながるような行動を事前に防ぐリテラシーが求められるのです。

Webマーケティングの始め方

ここからは、Webマーケティングを始めるにあたり、実施してほしい6つのステップについて、順に説明します。Webマーケティングに取り組む際に、全体の流れを事前に把握しておくとより効率的に進めることができ、成果が出やすくなります。ただ、Webマーケティングの流れは業種や商材によって様々なパターンがありますので、以下は一例として参考にしてください。
WWebマーケティングの始め方

(1)目的設定

まずはなぜWebマーケティングを行うのか、解決する課題を明確にしましょう。その課題を解決することで、会社にとってどんなメリットがあるのか?そこが明確になることで、Webマーケティングの目的は決まります。Webマーケティングの目的を明確にしておくことで、本質的に選択すべき正解が自然と見えてきます。施策の検討時に迷うことがないように、なぜWebマーケティングを始めるのか、目的を具体的に言語化し振り返れるよう記録を残しましょう。

(2)ターゲット設定

次はターゲットとなる顧客の特徴を明確にしていきましょう。自社で提供する価値と顧客の求めている価値が一致していないことが原因でWebマーケティングがうまくいかないことは多いのでしっかり設定しましょう。どんなに良い商品やサービスだとしても、ターゲットが求める価値でなければ売れることはありません。
数多の情報が流れるWebの世界で、自社が提供する商品やサービスをターゲットに見つけてもらうためにも、まずは自社の商品やサービスをどんな人に使ってほしいか、狙うべきターゲットがどんな人で、どんな悩みがあって、どんなことに価値を感じるのか、具体化していきましょう。そうすることで、自社の商品やサービスがターゲットに響くのかを判断できますし、どうすればターゲットにアプローチできるかも把握できます。

(3) KPI設定

Webマーケティングを行う目的と、ターゲットを明確にした後は、ターゲットがどのような流れで購買するのか、プロセスを考え、目標値を定めます。どこで自社の情報を手に入れて、どんな言葉に魅力を感じて目をとめるのか、どのように商品やサービスの価値を説明し、申し込みをしてもらうのか。設定したWebマーケティングの目的を振り返り、成約に至るまでの流れを考えることで、具体的な目標値の設定をすることができます。
自社のWebマーケティングがうまくいっているのかどうか、改善をする必要があるか。適切に見極めるために必要な数値になってくるので適当に決めないように気を付けましょう。

(4)施策検討

成約までのプロセスが設計できると、あとはプロセスを実行するために、必要なツールやページを準備して販促活動を実施していく段階に入ります。この時、ただ施策を実行していくだけでは、本当に効果が見合う策なのか、設定した目的を果たしているのか、判断が出来ません。
1つ1つの施策がしっかり目的とKPIの達成に役立つ施策なのかを検討し、ズレがないかを確認する必要があります。考え抜いた目的やKPIと適切にマッチしているのか注意しましょう。

(5)集計・分析

Webマーケティングを成功に導いていくためには、現状の施策を可視化してチェックしていきながら、アクセス解析ソフトなどを使ってデータを集計し、それを分析して改善していく作業が必要です。Webマーケティングは施策実行後の分析で、顧客の動向と市場のニーズを常に正確にキャッチできるようにする必要があります。

(6)課題の抽出と対策検討

もし、目標通りに事が進んでいない場合は、すぐに対策を検討します。うまくいかない課題を抽出し、仮説を立てて対策を検討、実行後にまた、課題を抽出し対策を検討し実行する、この繰り返しで施策はより良いものになっていきます。もちろん、改善できているか検証するのも忘れてはいけません。
課題の抽出をする時のポイントはいくつかありますが、重要なのは「ターゲット目線で考える」こと。ステップの2つ目で具体的にイメージしたターゲットの特徴を見直し、自社のWebマーケティングをどう感じ、どんな行動をしたのか、そこを踏まえ理想と現実の差を導き出し、対策を検討していきましょう。

Webマーケティングを始めるときに注意すべきポイントとは

Webマーケティングの始め方について理解できたと思うので、ここからはWebマーケティングを始める際の注意点について3つ解説していきます。

(1)実現可能な目標を設定する

Webマーケティングでは目的、ゴールを定めてKPIの設定を行いますが、このとき無理な目標設定をしないことが大切です。つまり、無理な目標設定をしてもプロセス設計がうまくいかず、無理やり施策を推し進めることになり、何の成果も得られずに終わってしまいます。
現実的な目標を設定し、戦略設計を練った上でWebマーケティングに挑むことが成功のカギになります。自社にとって達成可能な目標なのか、確認を忘れないように気を付けましょう。

(2)計画は短期的ではなく長期的な目線で立てる

長期的な視点で計画を立てていくことは重要です。Webマーケティングは即効性のある施策もありますが、あくまでも長期的な計画に基づき、短期間でどれぐらいの目標をだすことが必要なのかを検討し導き出す必要があります。そのため、長期的な計画を土台にして、焦らず着実に成果が出る体制を組むことが大事になります。

(3)低品質なコンテンツを出さない

Webマーケティングにおいて低品質なコンテンツを出すことは厳禁です。低品質なコンテンツを発信すると顧客にニーズを満たせず、認知拡大や販売促進につながりません。それだけでなく、Googleの評価制度にも低品質なコンテンツへの記載があり、効果が出ないだけでなくマイナスの影響が出る可能性もあります。また、ターゲットから信頼の失墜にもつながるので、企業としてのブランドイメージも傷つくので注意しましょう。
高品質なコンテンツを提供し、顧客が求める情報を発信するように心がけましょう。自社サービスや商品の効果的な認知拡大や販売促進につながります。

Webマーケティングの代表的な手法

ここからはWebマーケティングの施策について代表的な5つの手法について解説していきます。

(1)SEO対策

SEO対策とは、「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略で、検索エンジンにより上位に自社サイトが掲載されるようコンテンツを最適化することです。Webマーケティングにおける集客手法の中では定番と言えるでしょう。
検索サイトで上位に表示されれば、それだけ自社のWebサイトがユーザーの目に留まりやすくなり、アクセス数も期待できます。自社サイトにSEO対策を施して、まずはアクセス数アップを目指します。
ただ、アクセス数を増やすことが最終目的ではなく、ゴールはコンバージョンや商談を増やすことなので、それを踏まえてSEO対策を行うことが大切です。

SEO対策のメリット

  • ・社内のリソースを使って無料で取り組める。
  • ・アクセスが伸びてくるとアクセス数が安定しやすい。

SEO対策のデメリット

  • ・地道な作業が必要になるため、効果が出るまでに時間がかかる
  • ・常に最新のトレンドを知っておく必要がある

関連記事:【2022年版】SEO対策とは?初心者向けSEO対策から上級施策まで徹底解説!

(2)WEB広告

WEB広告とはインターネット上の様々な場所に掲載される広告のことです。年齢、性別、地域など柔軟なターゲティングができ、WEBサイトに掲載される画像バナー広告、検索エンジンの検索連動広告、動画広告、SNSの投稿と投稿の間に自然に挿入されるSNS広告など配信面の種類やフォーマットが豊富であるという特徴があります。

WEB広告のメリット

  • ・ターゲットを絞って広告を配信できる
  • ・効果を感じられるのが早い

WEB広告のデメリット

  • ・適切に広告を設定しないと期待する効果を得るのが難しい
  • ・商材によっては広告媒体で制限されている場合がある

関連記事:Web広告とは?種類ごとの特徴と集客へのメリットを解説

(3)コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、ターゲットとなるユーザーに対して有益なコンテンツを提供することで見込み顧客を育成し、商品・サービスの購入に繋げるマーケティング手法のことを指します。まだニーズが顕在化していない潜在層に対し、コンテンツを通して自社の存在を認知してもらい、購買へ繋げていくのが特徴です。

コンテンツマーケティングのメリット

  • ・一度仕組み化してしまえば、マーケティングコストを抑制できる
  • ・顧客にとって価値のある情報を発信し続けると企業としての信頼性が高まる

コンテンツマーケティングのデメリット

  • ・成果が出るには半年以上かかると言われており長期間の運用が必要
  • ・多種多様な人材が必要なため、人的リソースの確保が必要

関連記事:コンテンツマーケティングとは?初心者でも分かりやすく徹底解説

(4)SNSマーケティング

SNSマーケティングとは、FacebookやTwitterなどのSNSを利用したマーケティング手法のことです。SNSを活用した顧客コミュニケーションにより、企業や商品・サービスのブランド価値を高められることや、顧客との直接的なコミュニケーションで、顧客のレスポンスをダイレクトに感じることができる特徴があります。

SNSマーケティングのメリット

  • ・気軽に拡散が行えるため情報が広く伝わっていく
  • ・投稿されているコメントからユーザーの本音がわかる

SNSマーケティングのデメリット

  • ・適切な情報を配信しつづけなければならないため継続的な運営には負担がかかる
  • ・一度投稿してしまうと誰かが保存する可能性があり、発信した情報の修正がきかない

関連記事:SNSマーケティングの方法・メリットとは

(5)メールマガジン

メールマガジンとは、製品やサービスに関する情報発信を行い、顧客との関係構築を図るコミュニケーション手法のひとつです。発信側がお客様にどんな情報を与えれば行動してくれるか戦略的に考えて知らせたい情報を任意で配信出来るという特徴があります。

メールマガジンのメリット

  • ・興味を持ってくれている読者との信頼関係の構築ができる
  • ・ブログ記事やウェビナーなど自社コンテンツへの遷移をうながせる

メールマガジンのデメリット

  • ・送信したメールが必ず見られるわけではない
  • ・流し読みされることが多い

関連記事:メールマーケティングとは?手法やおすすめツールをご紹介

Webマーケティングを成功させるポイント

Webマーケティングを成功させるためには、どんなポイントを押さえれば良いのでしょうか。2つのポイントをお伝えします。

競合他社の手法を研究する

Webマーケティングでは、さまざまな手法が登場します。Webマーケティングの施策を始める前に、まずは競合他社の分析を行いましょう。競合他社が何をしているのか情報を集めることはとても重要です。どんな施策を実行するにしても競合他社より優位に立つ必要があります。自社と競合他社のそれぞれが行っていること、行っていないことを把握しましょう。
差を付けられている部分があれば埋めるために何をすべきか、別の観点から差別化できる要素がないかを検討します。競合他社が行なっていない何かを見つけ、差別化をすることができれば、Web上で優位に立つことができます。
その結果として、多くのアクセスを集めることができるでしょう。また、競合他社の調査を行うことにより、Webマーケティング戦略として、何から手を付けるべきかの優先順位を決める参考にもなります。闇雲に手を付けるよりもはるかに効率的です。

Webマーケティングのプロを活用する

どんなに努力家の方であっても、1日は24時間で不変なため1人で収集できる情報には限界があります。そこで積極的に活用したいのが、Webマーケティングのプロです。
社内だけの視点ではなく、社外から客観的なアドバイスを得ることで、Webマーケティングの精度が格段に上がるだけでなく、Webマーケティングのプロとして最適な施策の提案をしてくれることは間違いないでしょう。
あなたの会社と相性がよく、末永くチームとして付き合っていける会社を、あなたの会社のWebマーケティングに巻き込んでいきましょう。
関連記事:中小企業がWEBマーケティングで成功するための5つのポイント(社風)

自社のWebマーケティングを外部に依頼する際の選び方

Webマーケティング会社の選び方
自社のWebマーケティングを外部に依頼する際の見極め方を4つお伝えします。

オウンドメディアを所有しているか

依頼を検討している会社がオウンドメディアや企業ブログを所有しているか確認しましょう。実際にオウンドメディアをどのように運営しているのか、結果は出ているのかが重要な見極めポイントになります。
オウンドメディアが上位に表示されなかったり、ページの閲覧数が少なかったり、といった場合は運用がうまくいっていないケースがあるため注意が必要です。

目的に合わせた施策を提案してくれるか

ここまで説明してきた通り、Webマーケティングには様々な施策があります。どういったWebマーケティング施策を実施するかは、自社の強みや特徴、ターゲットユーザー、目的などによって変わります。自社がどんな悩みをもち、最終的にどんな状態を達成したいのかを理解した上で、目指すべきゴールを示せる外注先は、信頼に足ると判断できます。
Webマーケティング会社ごとに、得意とする施策や対応できる施策も異なりますが、自社の目的にあった施策なのか、目的に沿った戦略提案からしてくれるか、などはチェックしましょう。

これまでの実績を確認する

Webマーケティングは、今や業態・業種・規模を問わず、多くの企業が導入しています。外注を検討している会社がこれまでにどのような実績を積んできたのか、得意とする施策や重視しているポイントは何かをチェックすることで、自社との相性をみることが可能です。
Webマーケティングとはいっても、業界によって様々なやり方の違いがあるため、同業界での実績確認は行った方が良いでしょう。もし、実績が閲覧できるようであれば、自社の特性や目的に近いクライアントで、成果が出せているかをチェックしましょう。
会社の規模や知名度だけで選ぶと危険なので、自社の経営戦略に合うかどうかを重視して選ぶのがポイントです。

制作・運用体制を確認する

Webマーケティングの手法には、自社サイト制作・SEO対策・ECサイト・SNS・データ分析など様々な施策があり、1つ1つの作業をとってもボリュームが多いです。そのため、1人ですべての施策を網羅することはほぼ不可能です。
しかし、現状Webマーケティング会社の人材は不足しています。そのため、担当者が足りていない状態で無理やり運用を行うことになり、本来実行されるはずだった時期から大幅に遅れて施策が実行されることもあります。
その結果、効果の薄い施策となり、コストを費やしたのに成果が得られなかったという事態が起きる可能性もあり得ます。こうしたリスクを避けるためには、何人で運用を行ってくれるのか確認と、それぞれの施策に精通しているのか実績の確認を行う必要があります。
関連記事:【2022最新】SEO会社にホームページのSEO対策は、絶対に頼んではいけません!!

Webマーケティングに取り組もう

Webマーケティングは種類が多く取り組み始めるまでに時間がかかりますが、正しい方法で実践すれば売上増加に大きく貢献します。これから始めるWebマーケティングに不安がある、すでに運用しているWebマーケティングの成果が出ない。そうした不安や悩みを抱えている方はWebマーケティング会社への依頼をぜひ検討してください。
信頼がある優良Webマーケティング会社へ依頼する方が、結果としてWebマーケティングにかかるコストが少なく、かつ同等以上の成果を得られるケースがやはり多いです。
どちらにしても、現状Webマーケティングに取り組んでいない方はこの記事をきっかけに取り組まれることをおすすめします。
SEO対策のお悩み、まとめて解決

TOP