中小企業のWebマーケティングに強い経営コンサルタントへお問い合わせCONTACT

コンテンツマーケティングとは?初心者でも分かりやすく徹底解説

企業のWEBマーケティング戦略として主流になってきている「コンテンツマーケティング」。
このページでは、コンテンツマーケティングの全体像や効果、戦略、取り組む際のポイントを分かりやすく簡単に解説しています。
「コンテンツマーケティングが効果的と聞くが、そもそもどんな施策がわからない」
「SEO対策との違いがわからない」
「成果を出すコツを知りたい」
このような課題を抱えている方はこのページを読み進めていただくと、コンテンツマーケティングに関する全ての情報が得られるはずです。

目次

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、「ターゲットとなるユーザーに対して有益なコンテンツを提供することで見込み顧客を育成し、商品・サービスの購入に繋げるマーケティング手法」のことを指します。
広告のような今すぐ客への販売促進を目的としたマーケティング手法と異なり、潜在顧客のニーズを満たすことを通じて商品・サービスの購入意思を高めていく取り組みになります。
コンテンツマーケティングとは

そもそもコンテンツとは?

そもそもコンテンツってなに?と疑問に思う方もいると思います。
コンテンツとは英語で「中身」や「内容」の意味ですが、Webやマーケティングの世界では、ユーザーに情報を提供する際の記事や動画のことを指します。
コンテンツマーケティングで用いるコンテンツはブログページやコラムページが主ですが、動画などの複数のコンテンツを活用していくことになります。
コンテンツマーケティングで活用するコンテンツの種類には、以下のようなものがあります。
<コンテンツの種類>
ブログ記事、コラム記事、実績紹介ページ、事例紹介ページ、SNS投稿、写真、インフォグラフィック、動画、ホワイトペーパー、プレスリリース、メールマガジン等
これらのコンテンツを顧客の購買検討プロセスの各段階毎で発信し、問い合わせや売上の増加を目指していきます。
コンテンツとは

コンテンツマーケティングとSEO対策の違い

コンテンツマーケティングと近接する概念にSEO対策やコンテンツSEOといったものがありますが、これらの施策は似ているようで違うため、注意するようにしましょう。
大きく異なる点としては、「コンテンツを通じて見込み顧客とコミュニケーションを図って育成・購入に繋げる狙いがあるかどうか」です。
SEO対策やコンテンツSEOが検索エンジン上で順位を上げてアクセス数を増加させることが主な目的なのに対して、コンテンツマーケティングは検索エンジンからのアクセス数増加に加えて見込み顧客のファン化、購買意欲の醸成まで踏み込んでいきます。
この際、Webページだけでなく、動画やメールマガジン等複数のコンテンツを活用していくのが特徴です。
コンテンツマーケティングとSEO対策の違い
関連記事:【2022年版】SEO対策とは?初心者向けSEO対策から上級施策まで徹底解説!

コンテンツマーケティングが必須になっている背景

近年、コンテンツマーケティングに取り組む企業が右肩上がりで増えており、
大企業だけでなく、中小企業も予算を割いてこの施策・戦略に注力し始めています。
マーケティングの本場であるアメリカにおいても、「Content marketing」というワードの検索需要が右肩上がりで増加していることが以下のグラフから分かります。
アメリカでのコンテンツマーケティングの流行

コンテンツマーケティングのメリット

ここからは、コンテンツマーケティングのメリットについてみていきましょう。

コンテンツがマーケティング活動における資産になる

コンテンツマーケティングの過程で制作したWebページや動画、ホワイトペーパーなどは企業の無形資産として永続的に効果を発揮します。Webページであれば継続的なアクセス流入が期待でき、動画やホワイトペーパーであれば営業マンの役割をWeb上で担い続けてくれます。

マーケティングコストを抑制できる

一度仕組み化してしまえば、マーケティングコストの削減にも繋がります。
仮に、Webサイト上で問い合わせのコンバージョンを1件獲得するのに2万円の広告費を使っているとしましょう。これがWebサイトのコンテンツを通じて獲得できれば、広告宣伝費のような固定費を大幅に削減できます。

企業としての信頼性が高まる

顧客にとって価値のある情報を発信し続けると、企業の信頼性が高まります。
自社が歯科クリニックを営んでいるとしましょう。
その際に、患者が抱える歯に関する悩み・課題の解決に向けた情報を患者目線で継続的に提供している企業とそうでない企業とでは、顧客から得られる信頼度が違います。また、Webサイトに掲載した記事がGoogleやYahoo!で大量に上位表示されると、自社の存在感をアピールすることにも繋がります。
GoogleがE-A-T(Expertise=専門性、Authoritativeness=権威性、Trustworthiness=信頼性)という情報の品質を主要評価要素に設定しているように、商品・サービスの品質に加えて情報の信頼度や価値が企業活動全体においても非常に重要になってきています。
コンテンツマーケティングに取り組むことは、企業としての信頼性やブランド力の向上にも寄与する点がメリットの一つです。
関連記事:SEO対策で重要なE-A-T(専門性・権威性・信頼性)とは

顧客ロイヤリティが向上する

顧客ロイヤリティとは、「顧客が企業に持つ愛着」のことを指します。
サブスクリプション型のビジネスやリピート率が大切なビジネスにおいては、顧客ロイヤリティの高さが特に重要です。
商品・サービスを押し売りせずに、コンテンツマーケティングを通じて顧客価値を重要視した姿勢を貫くことで、顧客は企業やブランドの熱心なファンになってくれます。結果的に、LTV(ライフタイムバリュー)の向上にも繋がります。
関連記事:LTV(ライフタイムバリュー)とは?わかりやすく解説

売上が増える

ここまで複数のメリットをご説明しましたが、コンテンツマーケティングの最大のメリットは売上が増えることです。
そもそも全てのマーケティング施策の目的は、事業の売上を伸ばすことにあるので、いくらKPI(アクセス数や検索順位などの中間指標のこと)が伸びても本来の目的を果てしているとは言えません。
コンテンツマーケティングはコンバージョン率(成約率)の向上やLTVの向上にも寄与するため、結果的に中長期的な業績拡大に与えるインパクトが大きい施策なのです。

コンテンツマーケティングのデメリット

事前にデメリットを知っておくことで、コンテンツマーケティングの取り組みがよりスムーズになります。
主なデメリットについてみていきましょう。

長期間の運用が必要

コンテンツマーケティングのデメリットの一つ目として、成果を出すには長期間の運用が必要な点があります。
最低でも半年程度は地道に取り組んでいく必要があるため、組織全体で粘り強く取り組んでいく姿勢が求められます。

手間がかかる

コンテンツマーケティングはペルソナ設定やカスタマージャーニーマップの作成、戦略策定を通じて顧客価値を定義する工程、良質なコンテンツを作成する工程、効果測定する工程と、求められるタスクが多岐に渡ります。

人的リソースの確保が必要

取り組みにあたっては、人的リソースの確保が求められます。記事コンテンツを作成するライティング担当者、動画コンテンツを編集する担当者、戦略設計や効果測定を行い全体をディレクションする担当者等、必要な人材が多岐に渡ります。
このように人的リソースの確保が求められることがコンテンツマーケティングのデメリットですが、一度その仕組みを構築してしまえば競合企業との差別化や優位性の確立に繋がるため、取り組む意義が大きい施策です。
コンテンツマーケティングのメリット・デメリット

コンテンツマーケティングの全体像と流れ

コンテンツマーケティングに取り組む際には、全体像や流れを事前に把握しておくとより効率的に成果が出ます。
イメージとしては、以下の図のようなステップで取り組んでいくことになります。
コンテンツマーケティングのプロセスは業種や商材によって複数のパターンがありますので、以下は一例として参考にしてください。
コンテンツマーケティングの全体像と流れ

STEP①顧客にとっての価値を定義する

コンテンツマーケティングではじめに取り掛かることは、「顧客の欲求や課題を正しく理解すること」です。
世の中の商品・サービスは全て、人や企業の欲求やニーズを満たすために存在します。
個人であれば、「綺麗になりたい」「健康になりたい」「便利な暮らしをしたい」などの欲求があり、企業であれば「業務効率化を図りたい」「利益率を改善したい」「優秀な人材を採用したい」などの課題があります。
コンテンツマーケティングは、顧客に価値ある情報(コンテンツ)を届けて関係性を構築しながら契約や購入に結び付ける取り組みであるため、これらの欲求や課題の解消を正しく理解することが大切です。既存顧客へのアンケート調査や後述するペルソナ設計、カスタマージャーニーマップの作成、戦略設計を行い、顧客のインサイトを正しく理解することを心がけましょう。

STEP②サイトへのアクセスを増やす

顧客の悩みや課題を明確化した後は、それらを解決するコンテンツを作成していきましょう。主には、ブログやコラムなどのWebサイトでの記事を通じて顧客にとって価値ある情報を提供してアクセスを集めていきます。
この工程では、SEO対策やコンテンツSEOが必要になります。
ユーザーが悩みや課題を解決することを目的にGoogle等で検索するキーワードで上位表示化を図り、自社のページを認知してもらいましょう。並行して、SNSでの拡散も実施していきます。

STEP③ユーザーの興味関心を高めてリード化する

自社のWebページを見たユーザーに対して、関連する記事やテーマを深堀した記事・動画コンテンツをレコメンドしたり、ホワイトペーパー(無料PDF)のダウンロードやセミナーへの参加を促します。これらの手段で有益な情報を多面的に提供し、ユーザーの関心度を高めてリード化(見込み顧客化)していきます。
ここでポイントなのが、顧客情報の取得を行うことです。
無料のカタログ資料やホワイトペーパー、セミナーを通じて有益な情報を提供する代わりに、氏名や会社名、メールアドレスを登録してもらいます。
ここで取得した顧客情報をリスト化し、セールスプロモーションで活用していくことになります。
関連記事:ホワイトペーパーとは?活用法とメリットをご紹介

STEP④購買意欲を引き上げる

Webコンテンツやホワイトペーパー、セミナーでの情報提供を通じてユーザーの関心度を高めた後は、検討用の情報を提供して購買意欲を引き上げていきます。
具体的には、導入事例やレビュー情報、お客様の声などの情報が検討の段階では効果的です。
前段階で取得したメールアドレス宛にこれらの情報を配信していくことで、自然な流れで商品・サービスの魅力や他社との違いを伝えることが可能になります。BotCの業態では、LINEアカウントの活用も有効です。

STEP⑤オファーを行う

一連の流れの中で、自社への信頼性の向上と商品・サービス内容の訴求は図れています。
ここからは申し込み・購入を促すフェーズに入ります。
方法としては、メール配信によるオファー、ランディングページへの誘導、営業マンによる架電を用います。
オファーの段階では保証内容や特典情報、限定感を盛り込みながらコンバージョン率(成約率)を高めていきます。
顧客との対話・育成を専属に行う担当者(インサイドセールス)を設けると顧客とのコミュニケーションが円滑になり、より効果的に成約に結び付けることができます。

STEP⑥リピート化に繋げる

新規顧客を獲得した後は、リピート率を高めるためのアクションを起こしていきます。新規顧客獲得には多大なコストと時間をかけているため、リピート化に向けた対策は疎かにしないようにしましょう。
具体的のアクションとしては、以下の対策を行うことになります。

  • ・関連するテーマのコンテンツをご案内
  • ・商品・サービスの活用方法のご案内
  • ・リピート購入の特典情報を発信
  • ・アップセルやクロスセルの促進
  • ・紹介特典のクーポンを発行

このセクションでは、コンテンツマーケティングの全体像・流れを解説しました。
当然、この流れの通りに物事が進むというわけではありません。Webページを見てすぐに申し込みに進むユーザーも存在しますし、メールマガジンを活用しないケースもあります。
大切なポイントは「有益な情報を提供し、買いたい気持ちを盛り上げること」です。
それぞれの段階毎に目的と意図があるため、その点を意識しながら進めていきましょう。

コンテンツマーケティングのポイント

コンテンツマーケティングに取り組んで売上に結び付けるためには、全体像や流れの理解に加えていくつかのポイントを押さえる必要があります。
最短距離で成果を出す方法をご紹介していますので、参考にしてください。

良質なコンテンツを作成する

「コンテンツマーケティング」という名の通り、コンテンツの品質次第で命運が分かれます。
ここでいう良質の定義は、「ユーザーの悩みや課題を解決していること」です。
Webページを作成する際にはわかりやすい文章構造が担保された記事を作成し、動画や図解によるビジュアル面での情報提供も盛り込むとユーザーの満足度が向上します。
コンテンツ作成の際に重点を置くべきなのは「ユーザーの検索意図に応えること」ですが、SEOライティングの視点も意識するようにしましょう。SEOライティングが施されていないと、検索上位化がされず、ページがユーザーに認知されないためです。
関連記事:SEOライティングのコツとは?上位表示させるためのポイントを解説

ペルソナ設計を行う

良質なコンテンツを作成してユーザーを惹きこむためには、ペルソナ設計を行うことが重要です。ペルソナ設計とは、商品・サービスを購入してくれる人物を具体的にイメージする作業のことです。
コンテンツを読むユーザーがどんな人物なのかを細かく分析してこそ、価値のあるコンテンツの作成に繋がります。
関連記事:Webマーケティングにおける「ペルソナ」分析とは?

カスタマージャーニーマップを作成する

カスタマージャーニーマップとは、「ユーザーがどのような意図で行動し、商品・サービスの購入に至るのかを可視化したもの」です。
カスタマージャーニーマップを作成することで得られるメリットは、良質なコンテンツを生み出すことに繋がるだけではありません。
「どのような状況下で情報収集を行うか」「購入前にどんな不安を抱くのか」を認識することができるため、購入を促進するためにどのようなアクションを起こすべきかを明確化することにも繋がります。
関連記事:カスタマージャーニーマップとは

SEO・SNS・プレスリリースで認知を増やす

ペルソナ設計やカスタマージャーニーマップを行い良質なコンテンツを作成しても、ユーザーに認知されなければ効果が薄れてしまいます。
SEO対策をベースで行い、SNSやプレスリリースで更なる認知を獲得するというのが基本です。

認知のためのSEO対策

まずはGoogleやYahoo!等の検索エンジンで上位表示化させるためのSEO対策に取り組む必要があります。YouTubeやSNSが普及してきたものの、やはり情報収集の大半はGoogleやYahoo!で行われています。
SEO対策に取り組む際には、内部対策の最適化やロングテールSEOから取り組んでいくといいでしょう。
関連記事:ロングテールSEOとは

認知のためのSNS活用

より多くのユーザーにアプローチするために、SNSやプレスリリースでの情報発信も実施していきましょう。
SNSにおいては、新規作成したコンテンツの情報拡散やユーザーとの双方向のコミュニケーションを行いましょう。Webページ内にSNSのシェアボタンを設置することも有効です。

認知のためのプレスリリース活用

プレスリリースとは、メディア向けに商品・サービス情報やイベント開催情報を発信できるサービスです。必ずメディアに取り上げてもらえるとは限りませんが、うまくいけば大々的な告知になり、認知拡大に効果を発揮します。

効果測定を行う

実施する際には、必ず効果測定を行いましょう。
効果測定の際には、取り組みの各段階(認知・検討・購入)での目的が達成されているかを、適切な指標で測ることがポイントです。
はじめに、作成したコンテンツがしっかり閲覧されている=認知拡大が図れているかを測定しましょう。
ここでは、有益なコンテンツだと判断されているかどうかを指標面から分析する必要もあるため、アクセス数だけ見ればいいという訳ではありません。
(認知段階で測定すべき指標)
コンテンツマーケティングで測定すべき指標
検討・購入の段階では、コンバージョン率・問い合わせ数・商談転換率・成約率・購入数等を測ります。
業種や商材によってコンバージョンの種類は異なりますが、問い合わせや資料請求、相談会申し込みなどの各KPI(Key Performance Indicator/重要業績評価指標)を数値で追い、KGI(Key Performance Indicator/重要目標達成指標)である売上金額の達成度合いを測定していきます。
各段階ごとに効果測定を行うことで、どの工程がボトルネックになっているかを捉えることが可能になり、PDCAサイクルを回しやすくなります。
関連記事:Webマーケティングを推進する際のKPI設計のポイントと注意点

コンテンツマーケティングの失敗例

前述したポイントを押さえることに加え、失敗例を知っておくことも大切です。
コンテンツマーケティングが失敗する理由は、長期間の運用を行っていなかったり、運用メンバーのアサインが甘かったりする体制面の問題に加え、「取り組み方」による問題があります。
体制面の問題はビジネスにおけるプロジェクト全般に言える要素のため気づきやすい点ですが、コンテンツマーケティング固有の問題については専門業者ですら漏れがちな要素であるため、事前にしっかりとチェックしておきましょう。

コンテンツが作りっぱなしになっている

コンテンツを作成した後に記事内容の見直しやリライト(編集)を行っていないケースが散見されます。
構成を練り上げて書いた記事であっても、ユーザーが求めている情報が抜け漏れていたりすることで真の意味で価値あるコンテンツになっていないことがあります。
記事を公開した後にはGoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソール、ヒートマップツールを使用することで改善点を見つけ出し、継続的にコンテンツの品質を向上させていくことが大切です。
関連記事:ブログのリライトとは?方法やメリットについて解説
関連記事:【初心者向け】アクセス解析とは?押さえるべきポイントをわかりやすく解説

コンテンツの切り分けができていない

高品質な記事を作成して検索上位化も図れているのに問い合わせが増えないというケースがコンテンツマーケティングでは多々あります。
この要因として、「認知・興味・比較検討・購入」といった購買行動プロセスの各段階を切り分けた上でのコンテンツ作成ができていないことがあります。
コンテンツマーケティングに取り組む企業の中には、ブログやコラムといった認知を拡大するためのコンテンツだけを量産して実際の問い合わせがなかなか増えないというケースがあります。
その原因は、購買プロセスにおいて重要な興味を醸成する(リードナーチャリング)段階や比較検討で自社の魅力を伝える段階での対策が不足していることがあります。
具体的にはビジュアル訴求ができる動画コンテンツや有料級ノウハウを掲載したホワイトペーパー、無料セミナー講演録、導入事例などのユーザー関心度を高めるコンテンツや比較検討に役立つコンテンツ、リードジェネレーションに繋がるコンテンツを用意していくことが大切です。
また、これらのコンテンツを有機的に連携させることも考慮しながら展開していくことも頭に入れておかなければなりません。
関連記事:コンテンツマーケティングで重要なリードナーチャリングとは

マーケティング部門と営業部門の連携が弱い

マーケティング部門と営業部門の連携が取れていない企業はコンテンツマーケティングに取り組んでも思うような成果が出ないことが多いです。
両部門のコミュニケーション密度が低いと、獲得したリード(見込み顧客)の商談数が増えなかったり、失注率が改善されないなどの事象が発生します。
コンテンツマーケティングを実施する際は、コンテンツマーケティング施策を展開してリードを獲得するマーケティング部門側が、取り組みの意図やリード化に至った顧客のインサイトを営業部門に共有するようにしましょう。そうすることで、営業部門側が適切なアクションを取れるようになり、商談フェーズでスムーズなアクションが可能になります。
営業部門では、顧客とのコミュニケーションを重視する役割のポジション(インサイドセールス)を設け、関係性が構築された後に営業担当者にトスアップすることで成約率が高まります。
コンテンツマーケティングでの連携の重要性

BtoB企業におけるコンテンツマーケティングのコツ

コンテンツマーケティングはビジネスモデルや商流の特徴に応じて戦略的に取り組むことで、よりパフォーマンスを向上させることができます。
ここでは、BtoB企業におけるコンテンツマーケティングのコツをご説明します。
まず、BtoBマーケティングの特徴としては以下のようなものがあります。

  • ・購入者側の検討期間が長い
  • ・購入決定までの決裁フローが複雑
  • ・営業マンが存在する
  • ・マーケティングサイドでは多くの部署と人間が関与する

これらの特徴を踏まえた上で押さえるべきポイントについて解説します。

実績や事例に関するコンテンツを磨く

BtoB取引では費用対効果が厳密に求められるため他社との比較検討が発生し、検討期間の長期化が発生します。また、決裁権限者にたどり着くまでのフローも複雑です。
このような特徴に対応するためのコンテンツが導入実績や活用事例、他社との違いに関するコンテンツです。
顧客が検討する材料や重要視する要素、購入に際しての障害を考慮した上でこれらのコンテンツを準備しておくと、商談率や失注率の指標が改善される傾向にあります。

営業マンの意見を取り入れる

BtoB取引向けのコンテンツを作成する際には、営業マンの意見を取り入れると効果的です。
なぜなら、営業マンはターゲット企業のニーズや決済フローを現場レベルで体感しており、ボトルネック(押さえるべきポイント)となる要素についても理解しているからです。
顧客が求めていると想定される情報を営業マンからヒアリングしてコンテンツ制作に活用することは、BtoB企業のコンテンツマーケティングにおいて重要です。

会社や意思決定者の理解を促す

コンテンツマーケティングは成果が出るまでに時間を要することから、途中で頓挫しないよう意思決定者にはその点を予め理解してもらうべきです。
そのためにリスティング広告のような他の施策にはないメリットや費用対効果の定量的なシミュレーションを会社側にプレゼンし、中長期で取り組む意義がある施策であることについて合意を取っておきましょう。

BtoC企業におけるコンテンツマーケティングのコツ

続いて、BtoC企業におけるコンサルティングマーケティングのコツをご紹介します。
前置きとして、BtoCマーケティングの特徴は以下のようなものがあります。

  • ・購買目的が課題解決だけでなく所有や体験にもある
  • ・意思決定の際は費用対効果と合わせてブランド力も考慮される
  • ・購買プロセスが感覚的なケースが多い

顧客の悩みに寄り添ったコンテンツを整える

BtoC向けのコンテンツマーケティングでは、顧客の悩みを解決するコンテンツ記事を幅広く用意するようにしましょう。
例えば、自社が小顔矯正をサービスとして取り扱うエステサロンで、ターゲット顧客が小顔になりたい女性だとしましょう。
その女性は、小顔に近づくために「小顔マッサージ」「小顔になる方法」「小顔 グッズ」といった語句で検索して悩みを解決しようとします。
その際に自社が作成したコンテンツが上位表示化されてページで情報提供していると、ユーザーは自社に好感度を抱くだけでなく、「小顔と言えば〇〇サロン」というイメージを持つことになります。
このように、悩みに寄り添ったコンテンツを通じてブランド認知拡大や企業イメージ向上に繋げることがポイントです。

SNSで自社の活動を伝える

BtoC向けの商品やサービスの検討段階では、企業への愛着(ロイヤリティー)や理念への共感といった要素が重要視されます。
そういった要素を満たすために効果的なのが、SNSでの投稿です。
自社のWebサイトに更新した記事を拡散する目的でSNSを活用するのはもちろん、それ以外の場面でも普段の企業活動に関する発信をしていきましょう。
例えば、商品開発のエピソードやお客様の声に関する情報発信を行うと徐々にユーザーとの関係性が深まっていきます。

画像コンテンツや動画コンテンツを活用する

消費者が感覚的な購買行動を起こしがちなBtoC取引では、画像コンテンツや動画コンテンツを通じて、ブランドイメージを訴求することが効果的です。商品・サービスの利用を通じて自分が思い描く理想を実現している姿をイメージさせることができるため、記事コンテンツにはない効能を発揮します。
プライベートジムを運営するRIZAPがわかりやすい例です。RIZAPのプロモーション動画を視聴したユーザーは、自分自身の身体が絞られた姿を想像することでしょう。
最近ではテレビCMのように多額の予算をかけずとも動画コンテンツを作成して配信することが可能になりました。ビジュアル訴求が可能なコンテンツを活用して個人の消費者を取り込みましょう。
関連記事:動画マーケティングとは?成功した会社の事例も解説

コンテンツマーケティング会社の選び方

コンテンツマーケティングに取り組もうと考えた際は、その分野に長けた外部の専門業者と連携することも一つの手になります。マーケティング施策としてコンテンツマーケティングが主流になっている今、多くの専門業者が存在するため、コンテンツマーケティング会社を選ぶ際に見るべきポイントをご紹介します。

SEOのノウハウを有しているか

コンテンツマーケティングではコンテンツを起点に売上を拡大することが目的です。
この際に重要な点が、作成したコンテンツが検索上位化できるかどうかです。なぜなら記事を作成しても認知されなければ次のステップに誘導できないからです。
良質なコンテンツを作成することはもちろん、Googleのアルゴリズムを熟知して検索エンジン最適化に向けたアプローチを行うノウハウがあるかどうかを確認するようにしましょう。

戦略策定の支援をしているか

コンテンツマーケティングに取り組む際は、戦略設計の精度が結果を左右します。
コンテンツマーケティング会社の中には、「コンテンツ制作だけしか実施しない」という場合も少なくありません。
マーケティング活動を全体最適の目線で捉えた上で戦略設計し、ビジネスモデルや商材の特徴に合わせた取り組みを行って、集客増加に結び付けた事例があるかをチェックするようにしましょう。

集客増加に繋げた実績があるか

コンテンツマーケティング支援を通じてWebからの集客を増やした実績があるかどうかを確認するようにしましょう。
コンテンツマーケティングでは、ページへのアクセス数やリード数の増加といった中間目標(KPI)がありますが、あくまでもゴールは集客を最大化することです。
コンテンツマーケティングに取り組む前と後で業績指標がどれだけ変化したのかを質問した時に明確に答えられない会社は最終目標にフォーカスできていないと言えるでしょう。

コンテンツマーケティングの費用

コンテンツマーケティング会社にコンサルティングや記事制作を依頼する際の費用が気になるという方も多いと思います。
費用の相場は、30万円~50万円が平均です。この費用レンジだと、記事制作の支援に加えてSEO対策やアクセス解析、マーケティング戦略全体の支援が含まれる場合が多いです。
10万円以下でサービスを提供している会社もありますが、記事制作のみという会社が多いのが実情です。
なお、メディアなどの大規模なサイトの場合には、50万円以上かかるケースがあります。
また、事前に確認しておくべき項目としてSNSの運用体制やCMSのカスタマイズ対応が必要かどうか等が挙げられます。

コンテンツマーケティングが捗るツール

コンテンツマーケティングに取り組む際は、効率的に作業を進め最短距離でのアプローチを行う姿勢が重要です。
そこで、コンテンツマーケティングが捗る有益なツールを複数ご紹介します。キーワードやアクセス解析関連のツール、営業支援ツールを活用して効率的に取り組みを推進していきましょう。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナー
Googleキーワードプランナーは、コンテンツ制作の際のキーワード選びを補助してくれるツールです。
具体的には、検索ボリュームの調査や競合サイトのキーワード調査が可能です。
コンテンツ制作の際には競合度合いや検索需要を踏まえて取り組んでいくことになるため、ぜひ活用していきましょう。
関連記事:Googleキーワードプランナーの使い方

ラッコキーワード

ラッコキーワード
サジェストキーワードを無料で取得できるツールです。
サジェストキーワードとは、特定の検索語句と関連するユーザーの検索語句のことを指し、これらのキーワードを確認することでユーザーの検索意図を知ることできるため、その点で有益なツールになります。
例えば、Googleの検索窓で「Webマーケティング」と調べると以下のようなキーワードがサジェストキーワードとしてピックアップされます。
「Webマーケティングとは」
「Webマーケティング 会社」
「Webマーケティング 本」
「Webマーケティング」と検索している人は、Webマーケティング会社やWebマーケティングに関する本を調べていることがわかるため、それについて解説するコンテンツを準備するとユーザーにとっては有益だということがわかります。
ラッコキーワードを使用すると、このようなサジェストキーワードを一括で取得できるため、非常に便利です。
関連記事:サジェストキーワードとは

Microsoft Clarity

Microsoft Clarity
Microsoft Clarityは、マイクロソフトが提供している無料のWeb解析ツールです。
Microsoft Clarityでは、「ユーザーの行動を可視化するヒートマップ」「ユーザーの行動を録画するレコーディング」「サイト全体の情報を確認するダッシュボード」の機能があります。
最も有能なのはヒートマップ機能で、クリック箇所やスクロール率の分析を行うことができます。最後までコンテンツが読まれているか、問い合わせページに誘導できているか等のコンテンツマーケティングで重要な要素の検証も可能です。
コンテンツマーケティングでは、記事のリライト(編集)を実施してパフォーマンス改善を目指す作業も発生するため、その際には非常に有益なツールです。
Microsoft Clarityはコンテンツマーケティングに効果的
(補足:Microsoft Clarityのヒートマップ機能では、何%のユーザーがページ内のどこの位置まで閲覧しているかを数値で確認することができる)
関連記事:ヒートマップとは?無料ツールとその使い方を解説

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソール
Googleサーチコンソールは、ユーザーがサイトに訪問する前の行動をチェックすることができるツールです。
検索されているキーワードの調査や、キーワード・ページ毎のクリック率、掲載順位の調査が可能であり、各記事のパフォーマンスを検証することができます。
コンテンツマーケティングを推進していくと成果が出るページとそうでないページが分かれます。Googleサーチコンソールを活用して効果測定を行い、全体のPDCAサイクルを回すことが大切です。
関連記事:Googleサーチコンソールの使い方を初心者向けに解説

Googleアナリティクス

Googleアナリティクス
Googleアナリティクスは、Webサイト全体のアクセス数やユーザー属性、Webサイト上の成果(コンバージョン)を測定することができるツールです。
Googleサーチコンソールがサイトに訪問する前の行動をチェックすることができるツールなのに対し、Googleアナリティクスはサイトに訪問した後のデータを解析することがメインです。
ユーザーの行動フローやサイトコンテンツごとのコンバージョン率・直帰率・滞在時間などを確認できるため、サイト運営に必要不可欠なツールです。
関連記事:Googleアナリティクスの基本的な使い方を初心者向けに解説

WordPress

WordPress
WordPressはコンテンツマーケティングに取り組むサイトを構築するのに最適なCMSです。
CMSとは、「コンテンツ管理システム」のことであり、記事や画像を統合管理できる利便性の高いサイト管理ツールです。
昨今、多くのCMSが登場していますが、その中でも推奨したいのがWordPressです。
コンテンツマーケティングを推進していくとかなりのボリュームのコンテンツを適切に管理すること、そしてSEO対策を行うことが必須になりますが、この二つをカバーできるのがWordPressなのです。
IT人材がいない中小企業であってもWordPressを活用することで円滑なコンテンツ作成やSEO対策の効率化が実現できるため、Webサイト構築の際は検討するべきでしょう。
関連記事:CMSの代表 WordPress で出来ること

SimilarWeb(シミラーウェブ)

SimilarWeb(シミラーウェブ)
SimilarWebを用いると、競合サイトのアクセス関連データや流入キーワード、流入元経路などを分析することができます。GoogleサーチコンソールやGoogleアナリティクスは自社サイトのデータを分析するツールですが、競合サイトの分析機能は備わっていません。
SimilarWebには無料版と有料版がありますが、無料版でも充分なデータを取得できます。
競合サイトがどれだけのアクセスを集めているのか、どのようなキーワードで対策しているのかなどを調査した上でコンテンツマーケティングに取り組むことで最短ルートで成果に繋げられます。ぜひ活用を検討して下さい。
関連記事:Webマーケティング戦略で使えるSimilarWebとは?使い方について解説

GRC

GRCは、検索順位を計測するためのツールです。
GRCの特徴は、複数のキーワードの順位を一目で確認できる点です。
Googleサーチコンソールでもキーワードの掲載順位を計測することはできますが、順位を把握するまでに必要な操作数が多いため、定期的な計測には不向きです。
コンテンツマーケティングに本格的に取り組む場合、記事コンテンツのターゲットキーワードの検索順位を把握することが必須になりますが、順位計測の作業に費やす時間はあまりありません。
GRCを活用すれば、数百~数千といったターゲットキーワードの検索順位を機械的に計測してくれるため、活用をおすすめします。なお、GRCには無料版もありますが機能制限があるため、本格的に取り組む場合は有料版を契約しましょう。

MA(マーケティングオートメーション)ツール

最後にMA(マーケティングオートメーション)ツールをご紹介します。
MAツールを活用すると、興味を持っているユーザーの選別や情報提供の自動化を実現できます。例えば、事例紹介ページを一定回数以上閲覧したユーザーだけを抽出してメールマガジンを送るといったことが可能になり、しかもそれを自動化できます。
コンテンツマーケティングはコンテンツを通じて顧客との関係性を強化して問い合わせや購入に繋げることが目的の施策ですが、MAツールを活用するとそのプロセスの質と効率を高めることに寄与するためぜひ活用したいところです。
関連記事:MA(マーケティングオートメーション)とは? わかりやすく解説
関連記事:メールマーケティングとは?手法やおすすめツールをご紹介

コンテンツマーケティングが学べる本

取り組むにあたって自分でもしっかりと学習したいという方向けに、コンテンツマーケティングに関する本をご紹介していきます。
コンテンツマーケティング会社への依存度が高くなりすぎないように、社内でも知見を蓄えていきましょう。
おすすめ本①いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本
著者:宗像 淳、亀山 將
ビジネス本で大好評の「いちばんやさしいシリーズ」です。
初心者にもわかりやすいように全体像や取り組みの流れが解説されております。事例やフレームワークの紹介もされているため、経営者だけでなくマーケティング担当者にもオススメです。
おすすめ本②エピック・コンテンツマーケティング 顧客を呼び込む最強コンテンツの教科書
著者:ジョー・ピュリッジ
マーケティングの本場、アメリカのコンテンツマーケティングの権威であるジョー・ピュリッジ氏の著書。
2014年の書籍ですが、先導者的人物の著書であることから根本の考え方や従来のマーケティング施策と異なる点が的確に書かれています。
コンテンツマーケティングの必要性や事業に与える影響を理解することができる一冊です。
おすすめ本③現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル
著者:西山 悠太朗
コンテンツマーケティングに取り組む際に理解が必須となるSEO対策について詳しく解説されている本です。
内部対策や外部対策といったSEOの基本はもちろん、コンテンツSEOに関する章も設けられているため、基本的なSEOについてはこの一冊ですべて学習できるといっても過言ではありません。

コンテンツマーケティングに関するよくある質問

Q.コンテンツマーケティングはどれくらいの期間で成果が出ますか?
A.早ければ3か月程度、平均では6か月から1年程で成果を実感できると考えておくと良いでしょう。サイトのドメインパワーやSEO対策の実施状況、商材の特徴によって初速が異なるという点は理解しておく必要があります。戦略設計、コンテンツ制作、SEO対策の並行実施といった複数のプロセスを全体最適の目線からアドバイスしてくれる専門業者にコンサルティングを依頼すると、よりスピーディーに成果が出ます。
Q.記事作成は内製or外注どちらがいいですか?
A.コンテンツの品質評価においては専門性が備わっていることが大切な要素であるため、発信していくテーマに精通する人間が執筆するのであれば、内製・外注は気にする必要はないです。企業によっては社内に執筆が得意な人材がいないといったケースもあるため、そういった場合は仕事依頼サイトのランサーズなどで記事制作を外注するようにしましょう。
関連記事:コンテンツ記事制作を外注する際のポイントと注意点
Q.ブログやコラムの更新頻度はどれくらいが理想ですか?
A.「ユーザーにとって価値あるコンテンツをできるだけ更新していく」という回答になります。コンテンツマーケティングの成果を左右するのはコンテンツの質であるため、無理に更新頻度を上げようとするのではなく「価値を提供すること」「顧客との関係性を強化すること」に重きを置いて更新していくべきです。
ですから自社が持つリソースの範囲内で、ユーザーの満足度を満たす記事を心がけるようにしましょう。ただし、取り組みの初期段階では月に15本以上の更新ができると理想的です。
Q.記事の文字数はどれくらい必要ですか?
A.記事コンテンツに最適な文量というものはなく、発信するテーマや伝えたい内容によって異なります。
例えば、「コンテンツマーケティングの全体像について知りたいユーザー」と「コンテンツマーケティングの費用だけ知りたいユーザー」では、記事に盛り込むべき内容が違ってくるのは必然です。検索語句に対して読み手が満足する内容が書かれていれば、文字数については問われません。とはいっても取り組み初期の段階では目安がわからないこともあるため、そういった場合は競合記事がどの程度のボリュームで情報提供しているかを確認すると参考になるでしょう。
Q.コンテンツマーケティングに取り組む際のSEO対策は何をすればいいですか?
A.作成した記事を検索エンジンに認知・評価してもらうために、内部対策と外部対策というSEOに取り組む必要があります。
特に内部対策は重要です。タイトルタグ・ディスクリプションタグ・h1タグといった内部タグの最適化や適切な見出しの設定、内部リンクの設置は優先的に取り組み、検索エンジンにコンテンツの内容や存在を適切に伝えましょう。
関連記事:SEOにおける内部対策と外部対策の違いとは?
Q.コンテンツ制作の際に特に注意すべき点はなんですか?
A.記事のカニバリゼーション(共食い)には気を付けましょう。カニバリゼーションとは、サイト内に同じキーワードで複数の記事が存在し、評価が分散している状態のことを指します。コンテンツマーケティングに取り組み記事をたくさん更新していくと、この状態に陥ることがあります。コンテンツマップを作成したりスプレッドシートで管理することで、自社サイト内での共食いを防止しましょう。
また、近年ではE-A-T(専門性・権威性・信頼性)という要素がコンテンツの評価において非常に重要になっています。ユーザーが信頼できる有意義なコンテンツを発信することやサイトで発信するテーマが一貫しているかどうかは、より注意深く観察しましょう。

コンテンツマーケティングで売上を増やそう

いかがでしたでしょうか。本記事では、コンテンツマーケティングの全体像や成果を出すためのコツをご紹介いたしました。
コンテンツマーケティングは成果が出るまでに時間がかかりますが、正しい方法で実践すれば売上増加に大きく貢献する施策です。
短期的な売上だけでなく中長期的に売上を生むためのマーケティング基盤を構築することが課題の企業は、積極的に取り組んでいきましょう。
弊社ではコンテンツマーケティングの支援を通じてPV数だけでなく事業全体の売上を伸ばしたコンサルティング実績が多数ございますので、コンテンツマーケティングについてもっと詳しく知りたいという方は一度ご相談ください。
SEO対策のお悩み、まとめて解決

TOP